ホントはラグナロクオンラインDSをやりながら、
ちょこちょこと思い出話でも書いていこうかなと思ってたんですが、
再開しそうもないので、こっちのコーナーに(こっちも1年以上書いてなかったし)

ラグナロクオンライン(以下RO)は私が初めてプレイしたMMORPGです。
記憶が古くなってきているので、誤りが多々あるかもしれませんが悪しからず。

始めたキッカケとしては、自分のホームページで新PCを買ったコトを報告したら、
東風荘やってた時の知人に「ヒマならコレやらない?今β版だから無料でできるよ。」
といって誘われたのが、このROでした。
以前からMMOに興味があったものの1人で始めるのは不安だったコトもあって、
これは渡りに船だと思い、MMOの世界へ足を踏み入れるコトになったのです。

当時のROはβ1テスト中で、Chaos、Lokiの2つのサーバーがあったんですが、
その知人がプレイしていたChaosでスタートすることに(当然か
初めてフィールドに降り立った時は、ちょっと感動しましたね。
自分以外のプレイヤーもそこかしこに存在して、ああ、コレが憧れのMMORPGだと。
ROは最初ノービスからスタートし、そこから転職試験を受けてジョブを選ぶんですが、
当時はまだβなので転職試験がなくて、レベルを上げて所定の場所へ行くだけで、
そのなりたいジョブになることができる仕様でした。
最初に選んだジョブはアーチャー・・・だったんですが、
これはなんか違う、自分に合わないと思って、すぐにキャラを消して作り直し。
色々情報を見て、ソロでもなんとか戦えそうなソードマンかシーフで迷った末、
パワーよりスピードかなと思ってシーフで進めることに。

当時の育成方法としては、まず下水道でレベル上げというのが鉄板でした。
下水にはゴキブリ(モンスター)がいっぱい湧くんですが、そのぶん人も沢山居るので、
歩きまわるよりも何処かに腰を落ち着けて、まったり狩るのが一般的でしたかね。
隣り合った人と他愛もない話をしながら(自分からは話しかけないけどw)、
楽しくレベル上げをしてましたねぇ。
当時はあまり殺伐とした雰囲気はなく、あまり変な人も居なかったと思いますし。

レベルがある程度まで上がったら、最深部のB4Fに出入りできるように。
このB4Fには、金色のゴキブリ(ボス)が出現し、コレ目当ての人が沢山いました。
ボスを倒すと一番ダメージを与えたプレイヤーがMVPとして表彰されるんですが、
当時は特に大したレアアイテムを獲得できるワケではなく(ドロップもしょぼい)、
皆で和やかに楽しもうという、ちょっとしたお祭り感覚の人が多かったと思います。
他の場所にもボスは居るんですが、金ゴキはボスとしては一番弱いため、
低レベルでも皆で殴ればなんとかなるような相手であり、
且つ倒したら即湧きなので、ずーっと追いかけ回してる人もいっぱい居ました。
私も、この金ゴキ退治が楽しくて、しばらくこのB4Fを主戦場にしてましたね~
ずっとソロで寂しくやってるより、ここでワイワイやってるのが楽しくって。

そんな感じで下水B4Fに入り浸る毎日が続いていたんですが、
ある時そこで知り合った人からパーティーに誘われました。
当時はギルド機能は存在せず、パーティー機能もほとんど未実装状態だったんですが、
パーティーに入ると、メンバーのログイン状況などが見られるし、
パーティーチャットが使えるので、実質ギルドのような感じで使われてました。
私は自分から話しかけられないタイプなこともあってか、
ずっとソロで寂しくやってたので、そのパーティーに入れてもらうことに。
こうして、初めてパーティーに加入し、寂しいソロ生活も終わり!
・・・となるハズだったんですけど・・・

長くなってきたので、ココで一旦終了。
続きを書くかどうかは未定。気が向いたら。

ちなみに、この時点では誘ってもらった人とは1回も遭遇できてませんw
2014.07.29 Tue (21:42) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (0) トラックバック (0) l top
あまり携帯電話のゲームってプレイしたことないんですが、
唯一、落とし切りで買ったゲームがコレ。

Yuunama_Keitai001.jpg

PSPは持ってなかったけど、コレだけは非常に興味があったので、携帯で出来るんならと。
確か、ダウンロードできるようになってから、ソッコーで買ったような記憶。

内容はPSP準拠だとか聞いたような気がしますが、面白かったですね~
ダンジョンキーパー系のゲームって、あまりプレイ経験がないので新鮮でしたし、
色々と小ネタが入ってたのも良かったです。

Yuunama_Keitai002.jpg

通常ステージは全てクリアしてるんですが、おまけは1コだけ残ってます。
コレだけが、どうしてもクリアできなくって何年も放置。

他に携帯でプレイしたことのあるゲームというと、
一時期、ナムコEZゲームスに登録して、塊魂をプレイしましたが、
ただただ動作が重くてストレスが貯まるだけでした(==;
特に後半のステージは、もうダルくてダルくて。
PS2の初代と似たり寄ったりのステージで、ムリして携帯でやることもないかと思って、
ひと通りクリアしたら、それっきりプレイしなくなりました。
他にも色々プレイしましたが、携帯でゲームをプレイすることが面倒になってしまって、
今では何もプレイしなくなりましたね~
そもそも、携帯電話自体が無用の長物状態ですから・・・
2013.05.21 Tue (22:30) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (4) トラックバック (0) l top
何日か前にツイッターで、お前らのゲームのトラウマ挙げてけ ってのがあったんですが、
ツイッターには書ききれないので、ちょっと補足も兼ねてコッチに書いてみる。

トラウマといったら、やっぱり殺人事件モノのアドベンチャーです。
ポートピアの首吊り、さんまの名探偵の紳助と文珍などなど、
今のゲームのグラフィックと比べると全然大したコトないんだけど、
なんとも言えない気持ち悪さとか怖さを覚えたものです。
首吊りの方は、ホントにトラウマで、当時は寝付けなくなってたようなw
今見たら、凄くショボく見えるんですけど、ちょっとイヤな感じは残ってます。
他にもファミ探とかオホーツクとか、殺人事件が絡むヤツは嫌な記憶が。
ファミ探の真犯人わかった時とか、オホーツクの真犯人を初めて見た時とか。
オホーツクのは、初見で、この人ヤバイって直感が働きましたw
まぁ、何だかんだ言って、当時の推理アドベンチャーは大好物でもあるんですけども!
あと、クリアできなかったって意味で、京都花の密室殺人事件かなー。
何年か前にリベンジしたんだけど、昔と同じトコで引っかかってクリアできず・・・

怖いという以外で一番のトラウマは、やっぱりドラクエ3。
もちろん、冒険の書が消えてしまいました・・・ってヤツです。
何がトラウマかっていうと、自分のデータは消えなかったのに、
何故か借りた人のデータ(兄の友人)だけが消えたという(==;
自分のデータだけが消えてた方が100倍マシでした。
私も仲良かったので、よく遊んでた人なんですが、その時は凄く気まずくって。
あの音を聞く度に、トラウマが蘇ります・・・
あれなら復活の呪文の方が良かったと当時は思ってましたねー。
・・・復活の呪文にも、ドラクエ2を長時間プレイした時の復活の呪文が
間違ってたというトラウマがあるんですけどねw
仕方ないから1コ前のを使おうと思ったら、それも間違えてたという。
データが消えない(消えにくい)ゲームって素晴らしいなって思いますね!

そういえば、ファミコンのハイドライド3で重量制限を知らないで、
いきなり、一番高い鎧を買ってしまって途方に暮れたコトもあったなぁ・・・
あれ以来、ハイドライド3はプレイしていませんが。

もっと、他にも色々あったと思うんだけど、記憶が封印されてるようです。
長いことゲームやってると色々あるよね!ってコトで終わります。
2013.05.09 Thu (22:52) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (2) トラックバック (0) l top
皆さんはゲームを売ったことってありますか?
私は過去に数回しか売ったことがありません。
売りに行くのが面倒くさいってのもありますが、
後でやりたくなるかもしれないから
・・・とか思っちゃうと、なかなか売れないんですよねぇ。
後でやりたくなっても、ハードを出すのが面倒くさかったりして、
結局プレイしないコトが多いのですがw

記憶にある範囲だと、確実に売ったことを覚えてるのは3本だけです。
もう1,2本は売ったことがあると思うのですが、古い話なので覚えてません。

1本目は、ゲームボーイのVSバトラーというソフト。
確かゲームボーイマガジンかファミマガに記事が載ってて、
面白そうだなーと思って、自分の誕生日かなんかに買ってもらったんです。
・・・でも、思ってたゲームと違ってたんですよね(==;
ウィザードリィみたいな3Dダンジョンの中で、ロボット同士で戦うゲームだったような。
確か、アクション系だったんですが、想像よりも動きが遅くて、
当時の私には、とても面白いとは思えなくて、1週間くらいで売りました。
今プレイすれば、違った感想を持ったのかもしれませんが・・・

2本目は、ファミコンのポケットザウルス 十王剣の謎
当時、ポケットザウルスっていう文房具の玩具が流行ってて、私も何個か持ってました。
そのポケットザウルスをモチーフにしたゲームってコトで興味を持って買ったんだと思います。
ゲームは普通のアクションゲームなんですが、
主人公がバンダイの橋本名人をモチーフにしたハシモトザウルスなのです。
名人って流行ってましたよね・・・各メーカー毎に名人が居たと思いますが、
結局、高橋名人と毛利名人以外は埋没しちゃった気が。
このゲームは、最終ステージ付近までは行けたんですが、クリアはしてません。
途中で飽きてしまって、他のゲームをプレイしたくなったので、売ってお金にしたようなw
今は貰ったのが手元にあるので、いつかクリアしたいなとは思うのですが、
なかなかファミコンを出す機会がないので・・・

3本目は、ファミコンのドラゴンボールZ2 激震フリーザ
友達の家で、このシリーズの1コ前の強襲サイヤ人を見てたら、面白そうで・・・
ただ、かなり人気があって、借りる順番もなかなか回ってこないので、
次のシリーズが出たら、新品で買おうと意気込んで買ったものです。
カードゲームとRPGを融合させたようなゲームで、面白かったんですよねぇ。
何度もクリアして、やることもなくなってしまうくらいプレイしたので、
まだ買取価格が高い間に売ってしまいましたw

なんとなく書きたくなったので書いてみました。
スーファミ以降のソフトは売ってないと思います。

2013.01.24 Thu (22:28) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (4) トラックバック (0) l top
紋章の謎の次くらいに好きなFE。
ナゼかって、それは・・・斧を持った主人公が居るからw
斧使いがバーツサジマジダロスしか居なかった時代に比べると、
ホントにいい時代になりましたねー。

ストーリーとしては、封印の剣の前話になります。
前作のメインキャラ達の親世代のお話ですね~

このゲームには主人公が3人居て、
リン編をクリアするとエリウッド編、エリウッド編をクリアするとヘクトル編が出来るように。
それぞれ、ハードモードもありますが、難易度的にはヘクトル>エリウッドだったかと。
リン編は序章扱いで、シナリオ数も少なく簡単なのでチュートリアル的なもの。

FEとしては初?の斧使いの主人公ヘクトルが出てきますが、
強い上にモーションとかもカッコ良くて、斧キャラを応援してきて良かったと思いますw
バーサーカーは必殺率が+15%に下げられて弱体化。
ソードマスターも同じ下がり方なので、バランス取りのためでしょう。
前作のバーサーカーは、多少固い敵でも瞬殺できるくらい強かったですしね。
Aナイト系も強くなってた気が・・・ヘクトルもAナイトみたいなもんだしw

この頃のFEになると、誰を鍛えてもある程度の戦力になるようになってたと思います。
昔のFEは、どんなに育てても完全に戦力外のハズレキャラってのが居たものですが、
今は大体どのキャラでも育てれば戦力になりますよね。
コレがいい事なのか悪いことなのか・・・私は昔の方が良かったと思ってますが。

2013.01.17 Thu (22:15) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (0) トラックバック (0) l top