ぼくのなつやすみ3 北国編 小さなボクの大草原(PS3)

Boku_Natsu3_083.jpeg

もう夏休みも終わりなので、皆に別れの挨拶を。
・・・してきたつもりだったんですけど、よくよく考えたら、
いつもの遊び仲間&めぐみさん以外には挨拶してくるの忘れてた・・・
お婆ちゃんにも俳句のおじさんにも船頭さんにも話しかけてないや。

ま、まぁ、それはいいとして、最後の虫相撲をやってきたんですけど、

Boku_Natsu3_084.jpeg

まだ知らない虫が出てきてビックリ。
もしかしたら、虫相撲でしか出てこない虫が結構居るのかもしれませんねぇ。
昆虫図鑑コンプまで残り5匹くらいだったけど、ここで何匹か捕り損なってるのかな。
セミが1匹、チョウも1、2匹捕れてないので、
虫相撲だけがコンプできなかった原因ではないですが、
もっと虫相撲をやらなきゃダメだったんですかねぇ。

あ、虫といえば、前回、秘密の場所で、オオクワ♂が捕れるかも?と書いたんですが、
結果はオオクワ♀でした・・・結局オオクワ♂はドコで捕れるんだろ。

んで、虫相撲と虫捕りくらいしかすることのなかった8月30日が終わり、
遂にボクくん帰宅の時が・・・

Boku_Natsu3_085.jpeg

Boku_Natsu3_086.jpeg

う~ん、このままココに住んじゃおうかなって思うくらい愛されてて、
帰るのが名残惜しくなってしまいますねぇ。
おばさんと別れるのがちょっとツラいので、緑ちゃんのことは置いておいて、
もう養子にでもなればいいんじゃないかと思ってしまったりw
(エンディングで、ココの家に住んでるような光景が見られましたが)

そして、エンディングで流れてたムービーを見ていると、
(オープニングでも流れてたのかもしれないけど)

Boku_Natsu3_087.jpeg

あ~、やっぱり北海道の田舎って感じの町並みで懐かしいなぁと思いますね。
ここ何年か法事で祖父母の家に行くことがあったんですけど、
田舎の方に行くと、今でもこんな感じの町並みが多いんですよねぇ。
赤とか青のトタン屋根の家ばっかりの光景を見ると、懐かしい~ってなります。

さて、そんなワケで「ぼくなつ3」をクリアしたんですが、

Boku_Natsu3_088.jpeg

クリア時間は19時間43分。
途中から、時間の流れを「ゆっくり」に変えたせいもあってか、
思ったよりプレイ時間が長くなったような気がします。
始めたばっかりの頃は時間の流れが早すぎて、
コレ、1周10時間くらいで終わるんじゃない!?って感じだったのですけども。
しかし、20時間弱かー。記事を書いてた時間の方が長かった気がしますねw
ぼくなつ3の記事は、余計なこといっぱい書いたせいか、
他の記事を書くのよりも遥かに時間がかかってるんですけど、
書いてて楽しかったので良しとします。

ちゃんと、ぼくのなつやすみをプレイしたのは初めてだったけど、
北海道が舞台ってこともあってか、最後まで飽きずに楽しく遊べました。
他のシリーズでは、違う場所が舞台になってるみたいですが、
機会があったら遊んでみたいかな~と思ってます。
1,2,4のリメイク版はPSPか・・・そうか、PSPか・・・
今からでもいいからVitaに移植してくれないかなー!なんならSwitchでも!

まぁ、それはともかくとして、1周目でのやり残しが結構あるので、
2周目やろうかな~と思ったものの、今すぐはいいかな・・・となって、結局保留。

んで、ちょっとクリアデータを眺めてたら、
「お気に入り」の虫(3匹)を引き継げるとのことなので、
とりあえず、ヤル気になった時に備えて、
お気に入り選抜だけしておこうかということに。

ずっとエースで頑張ってたミヤマ♀、
カブトムシをノックアウトしたノコギリカミキリ、
カナチョロを撃破したオオクワ♂、
なんとなくレアっぽい感じのするマイマイカブリなどなど、
3体とは言わず、全部引き継ぎたいよ~って思ってしまったんですが、

将来性も考えて、
とにかくデカいオオクワガタ♂(80ミリ)
オオクワキラーとして活躍したミヤマカミキリ(52ミリ)、
そして、

Boku_Natsu3_089.jpeg

勇人から奪ったカブトムシ!55ミリ!!

・・・あれ?54ミリ?

Boku_Natsu3_090.jpeg
(虫がいっぱい映ってるので、念のため画像を縮小してます)

コッチで見ると55ミリなのに、なんで虫かごに入れると縮むの・・・w
まぁ、1ミリなら誤差の範囲内だろうから、別にいいんだけど、
どうしてこういうことになったのかは気になりますね。
一体どっちのデータが正しいのやら・・・

そういえば、ずっと気になってたコトがあったんですけど、
このゲーム中に、雨って1回でも降ったっけ?
夏休みの間中ずっと晴れてた気がするんだけど。
もし降ってないんなら、そりゃあ、爺ちゃんの畑も全滅するわ・・・

2018.02.14 Wed (21:45) l ぼくのなつやすみ3 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみ3 北国編 小さなボクの大草原(PS3)

Boku_Natsu3_076.jpeg

未知ちゃんと密会してるところに緑ちゃんが出くわして修羅場の図(嘘

この場面もそうだけど、最近は夜にイベントが発生することが多い気がします。
これの次の日くらいには、

Boku_Natsu3_077.jpeg

キタキツネが出てきましたし。
ただ、このキタキツネについては一体なんだったのかよくわかりません。
追いかけてみたもののアッサリ見失ったし、その後、特にイベントもなかったしで。

キタキツネって、最近はあんまり見かけませんが、
昔は、近所でも、たまーに見かけましたねぇ。
まぁ、エキノコックスが怖いから近づきませんけども。
・・・というより、野生動物ってなんか怖いので、
キタキツネに限らず、どんな動物でも基本的には近づかないんですけどね。
ただ、野生動物より野生化したシベリアンハスキーの方が怖かったけど・・・
高校の頃、学校帰りに裏道みたいなトコ走ってたら、
大きな野良シベリアンハスキー(2匹)の根城の近くを通ったみたいで、
めっちゃ吠えて追いかけてくるから、自転車で必死に逃げたことがあるんですよ。
あれが今までで一番怖かった動物との経験かなぁ・・・いや、どうでもいい話だけど。

さてさて、今回も虫相撲をやってました。
カナチョロを倒され、リベンジに燃える勇人がどんな奥の手を出してくるのか、
楽しみにしてたんですが・・・

Boku_Natsu3_078.jpeg

そこには尻尾がなくなって、ちっちゃくなってるカナチョロの姿が!!
うん、どう考えてもパワーダウンしてるよね。サイズも昆虫に比べて大きくもないし。
と思いながらも、勇人の秘密兵器ということを考えると油断はできないなということで、
まずはミヤマ♂軍団の中でNo.3くらいの適当なのをぶつけて様子見してみたんですが、
思いの外いい勝負になったので、あれ?やっぱり弱いのかなーと思って、

Boku_Natsu3_079.jpeg

ミヤマカミキリをぶつけてみたらアッサリ勝利・・・
カナチョロ(完全体)の時は、カミキリ勢なんて、あっという間に押し切られたのに、
そこまで押し負けなかったし、普通に技がバシバシ決まるしで、
カナチョロさん、確実に弱くなってますよコレは・・・
まぁ、そりゃそうだよね。尻尾ないし、元気もなくなるってもんですよ。

拍子抜けするほど弱かった勇人の最終兵器を倒したので、

Boku_Natsu3_080.jpeg

秘密の場所に行けるように!
この大きな木なら、もしかしてオオクワガタ♂が捕れるんじゃない?
と思ったので、砂糖水をベタベタ塗りつけてみましたが、
この日が8月29日で、31日に親が迎えが来るとのことなので、
明日30日しかチャンスが無さそうな気がするのが残念・・・
もうちょっと早く秘密の場所を教えて欲しかったなぁ。
ここでは新しい虫も色々発見できるみたいだし、もっと探索したかったです。
まぁ、昆虫図鑑コンプまでは7匹くらい足りないっぽいので、
あと1日では、流石にコンプまではいけないでしょうが、
出来る限り色んな虫を捕まえたかったですからねぇ。
とにかく、実質的に最終日になるであろう30日に頑張ろうと思います。

それで、29日が終わったら、

Boku_Natsu3_081.jpeg

急にこんなムービーが流れたきたから、
いくら山に近いとはいえ、8月中に雪なんか降るかーい!(よく知らないけど
と思ったものの、ただの夢でした・・・そりゃそうだよね。
ここまで結構なファンタジー(主に虫相撲)を見てきたので、
ホントに雪が降ったのかと思っちゃいましたわ・・・
というか、舞台が北海道じゃなくてもいいから、
雪国版「ぼくのふゆやすみ」があったらやってみたいな。
雪合戦したり、かまくら作ったり、つらら食べたり、
スキーしたり色々できて楽しそうなんですけど!
まぁ、虫も動物も何も出てこないけどね・・・出てくるのはカラスくらいかな。

そういえば、草すべりで

Boku_Natsu3_082.jpeg

この光ってる場所が気になってるんですけど、
どうやってあそこまで行けばいいんだかわからなくて困ってます。
何回やっても、あそこに辿り着けないんですよねぇ。
あ、この場面だけ見ると、どっちが上り坂かわかりにくいですが、
ボクくんの背後が「下り」になってます。
光る場所から遠ざかってるものの、必死に坂を登ろうと、もがいてる最中ですw
どうせ、王冠だとは思うし、王冠コンプには程遠いから、
コレだけ取ったところで、どうしようもないんだけど、
見えてるのに取れないってのが気になって仕方なくって・・・

2018.02.08 Thu (21:09) l ぼくのなつやすみ3 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみ3 北国編 小さなボクの大草原(PS3)

Boku_Natsu3_067.jpeg

Boku_Natsu3_068.jpeg

コレ、わかります・・・!
テレビで芸能人とかが喋ってる標準語とか聞いても何の違和感もないし、
(言葉遣いだけでなくイントネーションも含めて)
北海道で訛ってるのは田舎だけ!って思い込んでたんだけど、
道外の人と話してみると、やっぱりちょっと訛ってるよね~
とか言われたりすることがあって、少しずつ訛ってることを自覚するように。
(最初は、ちょっとムッとすることもありましたがw)
方言らしい方言は我々の世代辺りだとあまり使わなくなってるんですけど、
時折、方言だと思ってない言葉が出たりすることもあるし、
イントネーションは道民が思ってるよりも違いがあるみたいなんですよねぇ。
まぁ、ぼくなつ3の舞台は1975年の田舎での話だから、
私たちとはまた違う感覚(方言バリバリだし)だと思いますが、
道民は訛ってるって自覚を持ってる人が少ない気がします。
だって、みんな標準語を喋ってるつもりになってるから・・・!

さて、最近、虫相撲を全然やってないなーと思って、
久しぶりに参加してみたら、

Boku_Natsu3_070.jpeg

話には聞いてたカナチョロが遂に出てきました。
「虫」相撲のハズなのに、虫でもなんでもないし、
秘密兵器だーとか言い張る勇人の性格の汚さが出ましたね!
しかも、緑ちゃんが「ボクくんの虫なんてやっつけちゃえー!」とか言ってるし、
これは都会っ子のボクくんに対するイジメなのでは・・・とか思ったりw
(周りの子がちゃんと止めて欲しい・・・)
この場面を見てると、昔パッチ(メンコ)をやってる時に、
負けが込んできたら、厚紙にシールを貼っただけの偽パッチを使って、
強引に勝とうとしてきた同級生のことを思い出しますね・・・
(ぶ厚くて重いから意外と手強いのです)
虫相撲では、パッチと違って負けたら相手に奪われるワケじゃないけど、
汚い手を使って勝とうとするのは良くないと思います!
ちなみに、私はムカついたので偽パッチも全部奪い取ってやりましたけれどもw
最初は苦戦したけど、攻略法が見つかれば、あれもそこまで強いワケじゃないし。

そんなワケで、汚い手には屈しないぞ!という思いで、
ウチのエース(↑画像のミヤマ♀)を投入してみたところ、
何も出来ずに撃沈しました・・・

ええい、まだまだコッチには手駒がおるんじゃ!

Boku_Natsu3_071.jpeg

あっ・・・
まるで歯が立たない・・・
ミヤマ、オオクワ、ノコギリ、コクワ、アカアシ、スジクワガタ、オニクワガタ、
カブト、カミキリ、カナブン、カマキリにマイマイカブリまで投入したものの、

Boku_Natsu3_072.jpeg

見事に全滅・・・27連敗とは・・・
途中でオオクワ、カブト辺りが善戦して、
その度に勇人が「弱ってきたかも・・・」みたいなこと言ってたけど、
次の試合になったら普通にピンピンしてるし、話になりませんね・・・
とりあえず、マトモに戦えるやつが居なくなったので、
この日は諦めて、次の日にリベンジすることにしました。

んで、どうやって勝とうか考えたんですが、
善戦していたオオクワ、カブト、ミヤマ辺りなら、
運が良ければ(相手の大技がでなければ)勝てるのではと思ったので、

Boku_Natsu3_073.jpeg

「強い」ランクに出てくる勇人のオオクワ狩りをして、
カミキリ軍団でオオクワ倒す→虫交換でレアな蝶と交換する。
って方法で、強そうなオオクワ集めをすることに。

そして、その集めたオオクワ軍団を次々に投入し、

Boku_Natsu3_074.jpeg

遂にブレンバスターで勝利!
・・・ブレンバスターだと、背中バッチリ付いてるから相撲的には負けだよね。
っていう話は、まぁいいとして、オオクワ軍団最後の1匹で勝利できました。
まだカブトもミヤマ勢も残ってたけど、オオクワ軍団だけで勝てたってのは、
今後に向けて大きな勝利だったと思います・・・(?)
いや、勇人が「更に強いの持ってくる」的なコト言ってたし、
さらなる強敵が出てくるみたいだから、余力を残せたことで、
次も大丈夫かなーって思ったりしましてね。

ところで、オオクワといえば、未だにオオクワ♂を自力で発見できてないんですが、
勇人はどこからオオクワを集めてきてるんだろう・・・
オオクワの♀までは見つけられたんだけど、♂が全然見つからなくって。
またどっかのデパートで買ってきたとかっていう話じゃないだろうな!(疑いの目

それはともかく、この日の日記に、

Boku_Natsu3_075.jpeg

こんなことが書いてあって、
ボクくんは相変わらずだなぁと思いました・・・w

2018.02.02 Fri (21:03) l ぼくのなつやすみ3 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみ3 北国編 小さなボクの大草原(PS3)

Boku_Natsu3_057.jpeg

ツバメのヒナを守り抜いたことを、めぐみお姉さんに報告したら、

Boku_Natsu3_058.jpeg

ツバメのオブジェを貰いました!
あと、俳句の免許皆伝を貰った時にグラスも貰ったんですけど、
これは、このゲームにおけるトロフィーみたいなもんなんですかねぇ?
あと、何個くらい貰えるものがあるのかはわかりませんが、
夏休みが終わるまでに、もっと集めたいな・・・もう1週間くらいしか残ってないけど。

8月25日は日向(赤ちゃん)の誕生日ってコトで、御馳走・・・のハズなんですが、
どうもお金がないようなので、

Boku_Natsu3_059.jpeg

Boku_Natsu3_060.jpeg

ボクくんが大物を釣ってきたら御馳走が出るよって話になりました。
しかし、ここまでほとんど釣りをしないで進めてきたので、
大物を釣れるエサなんて持ってたかなぁと思ってたら、
最近何匹か捕まえたザリガニがエサとして使えるんですね!!
(ザリガニは虫相撲で使うのかと思ってました・・・反則ぽいけどw)
ザリガニクラスの大きさなら大物も狙えるんじゃないかと思って、
各地の釣りポイントを転々と大物探ししてサクラマスを4匹釣りました。
まぁ、これで十分御馳走になるんじゃないかな~、と思ったんですが、
おばさんに渡そうとしても反応ないし、もっと大物が必要なのかな・・・?
となって、また各地を歩き回ってたら、川でなんかデカい魚影を発見!
魚影の目の前にザリガニを落として・・・

Boku_Natsu3_061.jpeg

見事に大物釣り!!
・・・じゃない、大物過ぎる!!180センチって!!
こんな巨体じゃ100キロくらいはあるんじゃないの??
ボクくん小4のハズなのに大人でも厳しそうなこの魚を釣り上げられるのか。
というか、こんなの釣ろうとしたら、逆に川に引きずり込まれるよね・・・
こんな大物を持ち上げながら笑顔で居られるボクくんがちょっと怖いですw
多分、ボクくんの体重の2倍どころの重さじゃないよね・・・
ボクくんの秘められた力が開放された瞬間を見てしまった気がしますね!

さて、後半になってくると、色々イベントは発生するものの、
自由時間にやることがあまりないなーってコトで早めに寝てみたら、

Boku_Natsu3_062.jpeg

ラ、ラジオ体操だ!

Boku_Natsu3_063.jpeg

前から、このラジオ体操カードはドコで使うんだろうと思ってたんですが、
夏休みも、もう終わりに近付いている時期(地元の子は既に夏休み終了)に、
ようやく1コ目のハンコが手に入るとは・・・w

私はラジオ体操ってあんまり参加したことないんですよねー。
とにかく朝が弱くて6時起きなんて相当気合入れないと無理だったから、
頑張って3日くらい通ったのが最高記録だったかな・・・
確か、シャーペンかなんかを貰える日(最終日?)があって、
その時だけはちゃんと起きて行ってたような気がしますよ!(現金なヤツ

まぁ、それはいいとして、

Boku_Natsu3_064.jpeg

唐突にドナドナが始まったんですけど、何コレ。
荷馬車じゃないけど軽トラに子牛が乗せられていくなんて、
本当ドナドナじゃん・・・と思って、頭の中であの音楽が流れてたんですが、

Boku_Natsu3_065.jpeg

うっ・・・鋭い・・・
というか、緑ちゃんが可愛がってたピロシキとのお別れなのに、
あんまり悲しそうとかそういうのないんだなーと思ったんですけど、
牧場で暮らしてる子だから、こんなもんなんですかねぇ。

そういえば、虫図鑑を完成させるために、
毎日、野山を走り回ってるんですけど、

Boku_Natsu3_066.jpeg

たまに、そこは届かないよ!ってトコに「NEW」が出てくるの止めて欲しい。
ずっと動かないし、こんなのどうやって捕ればいいのさ・・・
この虫が最後まで手に入らなくて図鑑が完成しなかったとかだったら、
悲しすぎるな・・・とはいっても、まだ20匹くらいは足りないから、
どのみち虫図鑑の完成は難しそうだけれども。
夏の終わりが近付いて、セミが捕れるようになったんですけど、
まだ蝶々とかも全部集めきってるワケじゃないですからねぇ。
残り1週間を切りましたが、できるとこまで図鑑埋めていきたいトコです。

2018.01.26 Fri (21:03) l ぼくのなつやすみ3 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみ3 北国編 小さなボクの大草原(PS3)

最近、虫相撲以外にやることがないなーと思ってたんですけど、
北海道の夏休みが終わってしまったことで、地元の子供達が居ないから(午前中)、
その虫相撲すらできないし、やることなくてヒマ過ぎるんじゃないかなぁと思ってたら、

Boku_Natsu3_048.jpeg

なんか未知ちゃん(地元の子じゃないので同じくヒマ)からデートの誘いが!?

Boku_Natsu3_049.jpeg

2人で色んなトコに行って、なんだか良い雰囲気。
・・・と思ってたのに、「ひみつの場所」に着いたら、

Boku_Natsu3_050.jpeg

突然なに言い出したの、この子・・・?ってなりました。
こんなことを言い出したのには理由があったのですけど、
(北海道でカルチャーショックを受けて云々)
それを聞いても、「うーん、よくわからん!」としか思えませんでしたがね!

んで、この「ひみつの場所」で、

Boku_Natsu3_051.jpeg

Boku_Natsu3_052.jpeg

こんな話が出てきたんですけど、確かにそうだよね!と。
小さい頃よく漫画とかで小学生なのに体操服に着替えてるシーンを見て、
んん??体育の時間って私服(主にジャージ)じゃないの?ってね。
体操服があるってことは、いいとこの小学校なのかなとか思ってたり。
普段から制服を着ているような学校では、体育の時間だけ着替えるという考えで。

中学からは制服(学ラン)だったので、流石に体操服みたいなのもありましたが、
体操服といっても、指定のは短パンとジャージくらいなもんだし、
(Tシャツは無地またはワンポイントのマークが付いている市販Tシャツ)
脱ぎたい人だけ、Tシャツ、短パンでやるって感じでしたねぇ。
基本的には、体育のある日はジャージ登校で、そのまま着替えず体育やって、
着替えずにそのまま帰るって感じだったので。
体育の時間だけ着替えるってのは高校まで行かないと経験がないかな・・・
他の地域って小学校から着替えて体育やってたりするんだろうか。
・・・となると、未知ちゃんがカルチャーショック受けるのも仕方ない・・・か?

未知ちゃんと二人で「ひみつの場所」に行ったことで、
緑ちゃんが、ちょっと嫉妬している感じだったのは、微笑ましかったですね。
そんな緑ちゃんですが、虫相撲に普通に参加するし、
さすが田舎の子だなーと思ってたんですけど、

Boku_Natsu3_053.jpeg

Boku_Natsu3_054.jpeg

この感覚がわからない・・・w
便所コオロギは見た目がアレだからわからなくもないけど、
ワラジムシを触れないってのがねぇ。
足いっぱいあるけど、そんな気持ち悪い生き物かなぁと。
道民にとってはアリと同じくらい身近な生き物だし(よく見かけるから)、
そこまで忌避されてるような虫でもないと思うんですけどねぇ。
しかし、この2つしか名前が出ないってコトは、
毛虫とかは別に大丈夫だったりするんだろうか・・・?

そういえば、久しぶりに子熊を見に行ったら、

Boku_Natsu3_055.jpeg

子熊が逃げ出して(というかボク君が逃した?)、
ナレーションで「これがあの大事件になるとは・・・」みたいなコト言い出すから、
三毛別羆事件みたいなのでも起こるのかなと思ってたけど、

Boku_Natsu3_056.jpeg

なんか割とアッサリ戻ってきてて一安心。
というか、すっごい肩透かし感が・・・あのナレーションはなんだったんだ。

それで、上川の動物園っていう話だったので、
「のぼりべつクマ牧場」にでも送るのかなと思ったんですけど、
登別って胆振地方だったんですね・・・北海道の地方はドコがドコだかわからんわ・・・
そして、上川地方を調べてみると、旭川が含まれてるようなので、
旭山動物園辺りに送られるってコトなんでしょうかね~
当時は今ほど有名じゃないだろうけど、この当時には存在してたようだし。
まぁ、架空の地名とかも多少出てくるゲームなので、
そんな細かく考えても仕方ないかもですけど、
一応、北海道が舞台ってコトなので、あれこれ気になっちゃうんですよねぇ。

・・・ということで、今回は虫相撲の話を書かずに終わりましたよ!!
虫の話自体は多少書いてる気がするけども・・・
虫相撲に関しては、最近あんまり新しい虫も出てこないし、
キングも普通に倒せる(もしくは誰も持ってない)しで、
特に大きな変化もないから、書くことがないというね。
このまま虫相撲もマンネリ化していくのかなぁ・・・それは寂しいんだけど。
せっかく育てた虫達で世界(?)を目指したいというのに!

2018.01.18 Thu (21:08) l ぼくのなつやすみ3 l コメント (0) トラックバック (0) l top