幻想水滸伝 紡がれし百年の時

年内に片付ける予定だったので、一気にクリアしました。
総プレイ時間は34時間ほど。ティアクライスと同じくらいですかね~

今回は時間の制約もないし、自力で108星集めるつもりだったんですが、
85人まで集めたところで、面倒くさくなってきたので(探すのに疲れた)、
ここから先は攻略サイトに頼ることに。

攻略サイトを見ると、○○を仲間にした後じゃないと仲間にならないとか、
○○がパーティーに居ないとイベントが起こらないとか、
あとは、いつも通り、面倒くさい条件のヤツも少しだけ居ましたね。

そんな情報を基に、約束の石版を全て埋め終わったので、
さぁ、ラスダンに行こうか・・・!
と思って、セーブデータを確認すると(仲間の数が表示されてます)、
仲間104人とか書かれてるではないですか。
あれ?どういうことだと思って、石版をひと通り調べてみると、
顔グラフィックもプロフィールも登録されてるのに、技が登録されてないキャラを4人発見。
今回の仲間は、みんな1つしか技を持っていないので(伝承で他のキャラに覚えさせる)、
何も技を持っていないキャラは1人も居ないのです。
というわけで、改めて攻略サイトで情報を確認して、残りの4人の技を覚えに行き、
やっとのことで仲間が108人にヽ(´ー`)ノ

そして、ラスダンに臨む6人を決定。

Gensui_Tsumugareshi13.jpg

といっても、パーティーメンバーとして使えるのは、
たったの18人(主人公含む)なので、大した悩みもなく・・・
レギウス(写真左から2番目)とザヴィド(呪術師)のどっちを使うか悩んだくらいですかねぇ。
一応、パーティーバランス的に後衛職ばっかだとアレかなと思ってレギウスにしましたが、
結論からいうと、別にどっちでも良かったってのが正直なトコです。
ナゼかというと・・・ラスボスが余りに弱過ぎるから。
特に積極的にレベル上げしてたワケでもないのに、1ターン撃破ですよ、1ターン!
余りに弱いから、コレは前座かなーとか思っちゃったくらい弱い。
お陰で、どんな攻撃してくるかさえもよくわかりませんし!
なんだろうな~、もっと敵を避けまくってLv上がらないようにしなきゃいけなかったのかな。

しかし、こんなラスボスさえ瞬殺できる状態でも、
初期に出てくる敵(特に飛行系の敵)と戦うと、もれなく先に攻撃されます。
飛行系や見るからに動きの速そうな敵だけならまだしも、
重戦士系の敵にさえ、さも当然のように先に動かれるのはどうかと思いますね。
シンボルエンカウントなので、背後から接触した場合に先手を取られるのかと思ったんですが、
前から接触しても同様だったので、単に敵さんが素早いだけのようで。

そういえば、前に説明書を眺めてたら、このゲームには"サブ職業"というものがあって、
キャラクターが転職できるようになるという話が書いてあったので、
どんなもんなんだろうな~と思ってたら、最後まで転職できず(==;
攻略サイトなんかを見てみると、キャラ同士の友好度によってイベントが起こって、
転職が可能になるって話みたいですね~
まぁ、友好度を上げるために特定のキャラと一緒に食事をするのも面倒くさいし、
敢えて転職する必要性もないので、単に趣味の領域なんじゃないのかなと。

色々とシステムには問題がありますが、思ってたよりは楽しめたかなという感じです。
ただ、戦闘難易度が余りにも低く、かなりのヌルゲーなのは残念。
過去の幻水も、難易度が高いとは思いませんでしたが、これは別格という気が。
システムをフル活用しなくても(鍛冶屋など)、特に苦戦する場面がないというのは、
流石に簡単過ぎて、ちょっとな~というのはあります。
全体的に見ても、過去作に比べるとかなり易しめのつくりになっていると思います。

2013.12.29 Sun (21:39) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

やはり、ストーリーは終盤に入っていたようで、ラスダン(だと思う)に入れる状況に。
(一度行ったら、戻ってこれません的なコト言われました)
しかし、ここまで来ても仲間の数が59人しか居ないという状態。
基本的にストーリーを進めてばかりだったので仕方ないんですけど、
ここから50人ほど探さないといけないのかと思うと、ちょっと大変そう。

・・・とか思いながら、3時間ほど掛けて仲間が73人に。
1人見つけると、芋づる式に仲間が増えていきます。
ただ、仲間が増えたといっても、過去キャラばかりなので、
技を伝承したら後は用なし、みたいなキャラばっかりなんですけどね。
仲間になったってメッセージもないし、技を伝承=石版に書き込まれる、
っていう感じなので、仲間が増えたって実感は全くないです。
パーティーにも入れられなければ、本拠地にも居るワケでもないですし。
こんな感じなので、本拠地もコレ以上はパワーアップしないでしょうしね~
幻水シリーズって、人数が増えてくると本拠地が大きくなりますけど、
今回は施設が増えるコトはあっても、外見も何も変わってないような気がします。
まぁ、どっちみち中を歩きまわることはできないので、別にいいんですけど・・・
とりあえず、ミニゲームらしいミニゲームがなかったのは残念!(もう諦めた

そんな感じなので、パーティーメンバーとして使えるのは相変わらず20人程度です。
幻想水滸伝は仲間の多さが魅力の1つだというのに、
誰を使おうか悩むことが少ないってのは寂しいもんです。
そして、よくよくメンバーを見てみると、シナリオを進める上で自動的に仲間になるキャラしか
パーティーに入れられないのかな~という感じもしますね。

いっつも文句ばっかり書いてる気がしなくもないんですけど、
正直な話、そこまで酷評される程のゲームではないと思ってます。
まぁ、幻想水滸伝シリーズとしてはどうなんだろうとは思いますし、
システムなどにも多々不満はありますが、個人的にはティアクライスより楽しめてます。
移動も慣れてきたら、スムーズに動けるように・・・なってきたような、そうでもないようなw
ストーリーは最後までやってみないと判断が付きませんが、
良くも悪くもフツーのRPGだなーというのが、今のところの私の感想です。

2013.12.23 Mon (22:33) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

今までの謎が解明されてきて、ストーリーも佳境に入ってきたような気もするんですが、
現在のプレイ時間が19時間で仲間の数が55人・・・ということは、
まだまだ先があるってコトなのかなーという感じもします。
でも、メインパーティーの平均Lvも60くらいにはなっているので、
もしかしたら、単にちゃんと仲間探しができていないのかもしれません。
最近は、ストーリー進めることに躍起になっていましたしね(サクサク進むので)
今回は、特定の期間のみしか仲間にならないキャラは居ないようなので、
ストーリーを進めるのに飽きてきたら、本格的に仲間集めするつもりです。
ティアクライスの時には、108星を集めるのに失敗しているので、
今回はタイミングを逃したら仲間にならないキャラを事前に調べました。
そしたら、そういうキャラは居ないし、108星集めるリミットもラスダン前で十分とか。
なので、適当~に、ゆったりのびのびと安心して進めております。

そういえば、前に伝承システムのことを書いたと思うんですが、
コレは過去キャラから現代のキャラに受け継ぐシステムだと思ってたら、
現代でも、同職業のキャラ同士ならスキルを伝承できることに、
つい最近になって気付きました(遅い

Gensui_Tsumugareshi12.jpg

上の画像だとミュラからゼフォンにスキルを受け継ぐことができます。
(魔法弾、精霊の戯れ、という2つのスキルを覚えさせているところです)
逆にゼフォンからミュラにスキルを受け継がせる場合は、
ゼフォンを師匠に、ミュラを弟子にして伝承スキルを使っていけばOK。

このことに気付くまでは、ほぼ固定パーティーでやってたんですけど、
なるべく同職業のキャラをパーティーに入れて、少しでもスキルを覚えさせるようにしてます。
(別に覚えなくてもいいようなスキルも結構ありますが)
しかし、伝承スキルって、ただ戦闘中に使ってればいいだけだから、
作業的で面倒くさいんですよね~・・・なかなか習得率が上がらないのもあるし。
もう少し何か工夫があれば、もっと楽しめたと思うんですが、
無駄にザコ戦をこなすだけになってしまうのが残念。

2013.12.18 Wed (22:09) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

ようやく"約束の石版"が出てきたんですけど、

Gensui_Tsumugareshi11.jpg

既に死んでる人まで宿星としてカウントされてます。
たとえ死者であっても、VPのエインフェリアみたいに戦闘で使えるとかならまだしも、
宝箱などか故人縁のアイテムを獲得することで、他の宿星に特技を継承させるだけの役割。
石版には、多少プロフィールも書かれてますが、顔グラなどはありません。
仲間は42人まで増えましたが、こういった故人や過去世界の人物も含まれているため、
現在、自由にパーティーメンバーとして使えるキャラは12、3人くらい。
過去キャラの何人かは、後で自由に使えるようになるかもしれませんが、
それでも、幻水としてはパーティーメンバーとして使えるキャラは少なそうですねぇ。

そういえば、パーティー変更ってドコでやればいいんだろうと思ってたんですけど、
本拠地でメニューを開いたら普通にできました。
今までコレに気付かずに進めていたので、メンバーからいったん外したキャラって
いつになったら再びパーティーに組み込むことができるんだろうかと思ってたんですけど、
既にパーティー変更できるようになっていたようで(==;
あんまり本拠地でメニュー画面を開く機会がなかったため気付きませんでした。
てっきり、いつものようにパーティー変更するためのキャラが居るもんだとばっかり。

あと、これまで進めた感じだと、今作にも戦争イベントはなさそうなのは残念。
たまには本拠地メンバーの総力を上げて戦ったりする場面があると盛り上がるんだけどな~

2013.12.14 Sat (22:16) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

ようやくプレイ時間が10時間を超えたんですが、
相変わらずパーティーメンバー選考にはほとんど自由がありません(==;
余剰メンバーが数人出るようにはなったから、今のイベントが終わったら、
そろそろ自由にメンバー変更ができるようになりそうですけども。

やっと、本拠地と自軍に名前が付くようになりました。
幻水では定番の流れですねー。ここからが本番って感じですし。
その本拠地ですが、

Gensui_Tsumugareshi09.jpg

施設が充実してきました。

"ハンティング"から、ミニゲームの匂いがしてきたので、
わくわくしながら入ってみると、

Gensui_Tsumugareshi10.jpg

時間制限付きのバトルでした(´・ω・`)
もっと、こうカーソルを動かして行うガンシュー的なものとか、
2Dシューティングっぽいミニゲームを期待してたのに・・・
最近の幻水ときたら、ホントにミニゲームが少なくて困ったもんです。
ミニゲームらしいものがほぼ全くなかったティアクライスに比べればマシですけど、
今後出てくるであろうミニゲームに期待しておくことにします。
幻水シリーズお馴染みの釣りゲームとかでもいいんだから、なんかないのかなぁ。

現在の進行状況としては、ストーリーを進めつつ、
現代と過去を行ったり来たりして、サブイベント的なもの(仲間集め?)をこなしてます。
しかし、過去世界では、動き回れる場所もある程度制限されるので、
一度現代に戻って、また違う場所から過去に行ってーとかってのが地味に面倒。

そういえば、移動に関してですけど、すり抜けの札とかそういうものは存在しない代わりに、
キャンプ画面から一気にダンジョンの入口に戻ったり、ワールドマップに戻ったり、
更には本拠地にまで戻れる便利な機能が標準装備されてます。
まぁ、本拠地に戻ったら、メシ食わないと出られないってのは相変わらずですけどw
なんなんだろうなー、この意味の分からない仕様は。
本拠地からメシを食わずに脱出できる裏ワザとかあったら教えてもらいたい!

2013.12.11 Wed (22:58) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top