逆転検事(DS)

気が向いた時に、ちょこちょこ進めてたのですが、よーやくのクリアとなりました!

GyakuKen01_012.jpg

最終話はトノサマンも参加するなど、オールスターみたいな感じで楽しかったんですが、
もう、とにかく話が長くって、コレで終わりだろと思っても、まだまだ続く。
4話辺りも結構長かったような気がするんですが、それの倍くらい掛かったような。
従来の逆転裁判シリーズに比べると、最終話以外でも長めに感じたんですけどね~
逆転裁判は、寝る前にちょこっとやってるだけで、あっという間に終わるイメージなんですが、
逆転検事の場合は、集中して取り掛からなきゃ、なかなか終わってくれない感じで。

やたらと時間の掛かった最終話ですが、ラスボスは意外とアッサリしてて、
あれ?もう終わりって感じだったんですけど、それまでが長いんですよね。
まぁ、逆転裁判シリーズを通しても、狩魔豪以外はサクッと終わった感じもするんですけど。
狩魔豪には、散々ゲームオーバーにさせられたイメージがあるのですが、
シリーズ最初のラスボスってコトでインパクトに残ってる部分もあるのかもですけども。
でも、キャラ的に見ても、威圧感があって、凄くラスボス感もありますしね!

そういえば、どうでもいいことで書きたいことがあったんですが、
謎解きのネタバレを含むことなので、追記に白文字で書いておきます。
↓(ホントにどうでもいい話)

2014.04.03 Thu (22:48) l 逆転検事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
逆転検事(DS)

第4話をクリアしたんですが、
ここでは私の好きなサイバンチョが登場しました!

GyakuKen01_008.jpg

第4話は過去編ということで、サイバンチョも、なんとなく若い・・・ような気がします。
あんまり変わってないかな~と思いますが、いつもよりも目つきが鋭いような。

ただ、

GyakuKen01_009.jpg

相変わらず威厳はないですねw
すぐに話が脱線したり、話にノッてしまうのも、いつも通り。
まぁ、そこがサイバンチョの良い(面白い)ところではあるんですけども。

サイバンチョ以外のキャラも、

GyakuKen01_010.jpg

みんな若いですね~。狩魔冥に至っては幼いですし。
他のキャラ(御剣や狩魔豪)も若いんですが、
イトノコさんだけは・・・あまり変わらないようなw

ついでに、

GyakuKen01_011.jpg

渋いオッサンが出てきました。
こういうカッコイイオッサンは良いですね~
・・・なんか、最初見た時は顔色が悪そうに見えたのですがw
顔色っていうか、全体的に灰色っぽいような・・・
まぁ、老刑事みたいですし、灰色っぽくても仕方ないですよね!


2014.03.12 Wed (21:47) l 逆転検事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逆転検事(DS)

真のヒロイン登場!

GyakuKen01_006.jpg

御剣のコトをミッちゃんって言い始めたのは、この人が最初(唯一?)ですよね。
この人も逆転裁判シリーズでは、必ず出てくるレギュラーの1人ですが、
逆裁1から出てるキャラが出てくると、なんか安心します。
イトノコさんとかアウチ検事とかも。
ここまで結構なキャラがゲスト出演みたいな形で登場してきましたが、
まだ出てきてない人も沢山居るので、これからが楽しみですね~
・・・そのまま、出てこないで終わる人もいるかもしれませんがw

今回、御剣のライバルとなるのは国際警察のロウ捜査官という方なんですが、

GyakuKen01_007.jpg

助手のシーナ(左の女性)とシンクロしてアニメーションするのがカッコイイです。
主にシーナさんがカッコイイ・・・ロウ捜査官はあくまでオマケ。
ところで、この頭はカツラなのかな・・・なんか被ってるように見えるんだけど(どうでもいい

現在は第3話までクリアしました。
3話は凄く長くて、いつ終わるのコレ?って感じでしたし、
途中でアホなコトやりまくって、心証ゲージがあと1回間違ったら終わりって状態になって、
更に、そのまま次のセーブポイントに行ったため、そこから先は1回間違えるとアウトという、
よくわからない緊張感と戦いながら、3回ほどゲームオーバーになりました(==;
あっれー、普通ならセーブポイント前には心証ゲージが回復してるものだと思ったんですが、
あの状態のままセーブされてるとは・・・私は、よく正解を間違えるので、
心証ゲージがある程度以上確保できてないと、不安なんですよねー。
ゲームオーバーになる度に、何回も同じイベントを見せられるし、
ちょっと面倒になりながらも、なんとかクリアしましたが・・・

とりあえず、この調子だと、4話からは、もっと話が長いのかな。
心証ゲージの残量には気を付けないとな~と思いました。

2014.03.02 Sun (23:00) l 逆転検事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逆転検事(DS)

2話をクリアして、3話に入ったんですけど・・・

GyakuKen01_004.jpg

ミッちゃんて、なんだか気絶キャラが板についてきてますね。
この時は殴られての気絶ですが、2話でも気絶してましたし(トラウマのせい?
というか、ドジっ子みたいな部分が見え隠れしてるような・・・元々こんなもんだっけ。

3話に入って、

GyakuKen01_005.jpg

ようやく、今作のヒロインらしき人物が出てきました。
てっきり、ヒロインは狩魔冥だと思い込んでたんですが、
パッケ絵に載ってるし、メインキャラっぽいし、アシスタント(?)っぽいし、
多分こっちが今作のヒロインなんでしょう。

んで、パッケージ絵の一番右のキャラも登場してきて、
いよいよ本番って感じになってきましたね。
逆裁シリーズって、1話、2話でチュートリアルと軽い伏線、3話でライバル登場、
4,5話辺りで、これまでの伏線を回収して、超強敵と対決!
っていう流れが多いと思うんですが、よくよく考えると、
これまでのシリーズは断片的にしか覚えてないので、私の思い込みかもしれません。

しかし、やっぱり法廷バトルが無いのは寂しいですね~
あのテキトーで流されやすいサイバンチョが仕切る法廷は楽しいのになぁ。
尋問の時間も少ないような気がするし・・・
まぁ、楽しんでるのは楽しんでるんですけども。


2014.02.20 Thu (22:07) l 逆転検事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
逆転検事(DS)

いろんなゲームに手を出しまくって、どれも中途半端な状態になっているというのに、
更に、他のゲームに手を出してみる・・・まぁ、コレはサクっと終わるだろうから大丈夫!

というワケで、逆転検事の開始です。
逆転検事は、逆転裁判のスピンオフで御剣怜侍が主人公となります。

GyakuKen01_001.jpg

逆転裁判と違って、十字キー(タッチペン)を使い、キャラを動かして捜査を進める模様。
御剣を移動させると、その後をイトノコ刑事が付いてくるんですが、
こういった助手(?)を引き連れ、歩きまわって捜査しているのを見ると、
なぜかミシシッピー殺人事件を思い出してしまうんですよね~
どっかの部屋に入ったら、ナイフが飛んできたり、落とし穴があったりしないだろうか心配。
・・・って話はどうでもいいです。
ミシシッピー殺人事件を知らない人はググってみてね!

捜査が終わると、

GyakuKen01_002.jpg

逆転裁判シリーズお馴染みの尋問タイムが始まります。
んで、捜査→尋問→捜査→尋問・・・みたいのを繰り返していくようです(第1話を見る限り
逆転裁判でも証拠を探すパートはありますし、ほぼ同じ要領でプレイできますね。
難点としては、タッチペンのみでプレイしようと思うと、
捜査パートが若干やりにくい感じがします。
ボタン操作だけでやると、それはそれであまりプレイしやすいとは思えないし、
タッチペンとボタン操作を組み合わせてプレイするのが良いのかな。

そんなこんなで、とりあえず、第1話をクリア。
逆裁シリーズで登場したキャラも色々出てきましたし、
シリーズのファンだと、更に楽しめるつくりになっているんじゃないでしょうか。
ああ、でも、裁判パートがなかったせいか、サイバンチョが出てこなかったのが残念。

そういえば、こんなコトが。

GyakuKen01_003.jpg

ミッちゃん酷いw
この近くに亜内検事本人が居たんですが、
誰だっけ、この人・・・みたいな対応してましたし。
シリーズ全てに登場してる(確か)レギュラーだってのに・・・

2014.02.09 Sun (21:57) l 逆転検事 l コメント (0) トラックバック (0) l top