・気持ちよさ連鎖パズル トリオンキューブ(ニンテンドーDS)

テトリスに似たタイプの落ち物パズルゲームです。
以前に携帯電話のゲームでやったことがあって、
なかなか面白かったので買いました。

見た目はテトリスですが、システムが違います。
3×3の固まりを作ると、その固まりが連鎖ブロックに変化し、
続けざまに3×3のブロックを作ることで連鎖していきます。
この連鎖を続けることで一気に距離(このゲームのスコア代わり)を稼げます。
ストーリーモードでは、時間内に目的の距離まで到達することで
ステージをクリアしていきます。
ステージによってはゴミ(おじゃまブロック)があったり、
連鎖時間が短かかったりするステージもあります。

システムが簡単でプレイしやすいのですが、
それほど深みがないということもあって飽きやすいと思いました。
携帯でやった時はステージ数が少なかったこともあって、
あっという間に全部クリアしてしまったのですが、
DS版は途中で飽きが来てしまいました。
もうちょっと改良を加えればスルメゲーになりそうな感じではあるんですが・・・

このゲームの魅力はゲーム自体よりも「メイオウ」というキャラにあると思います。
ステージクリアする毎に毒のあるセリフを吐き、
コレが塊魂の王様みたいで結構面白い。
・・・どっちもナムコですがw

2012.04.29 Sun (12:57) l レビュー NDS l コメント (0) トラックバック (0) l top
・ドラゴンクエストモンスターズジョーカー

デオドラ島でウロウロ。
進むか育てるか迷いつつ適当に散策してます。
やっとこスライムナイトさんを配合しました。

今のパーティはこんな感じ。

ぼうれいけんし Lv6
ドラゴスライム Lv11
スライムナイト Lv9

なんか適当に配合してます。スキル継承も行き当たりばったり。

2012.04.28 Sat (12:41) l その他のゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
ここ数日、あんまりゲームやってないけど近況的なものを。

・アルカイックシールドヒート

チャプター10まで進めましたが、
チャプター9は、かなりグダグダな攻略に・・・
事前準備が出来ない、HPの回復手段なし、
更に味方は1人だけなのでAP回復量が少なく、
移動するにも戦闘するにも大変でした。
そして、このゲームで初めて回復アイテムを使ってしまう事態に。
ポーション6個くらい使ってしまいましたw
でも、前半5ターン、後半5ターンだったのにランクSでした。
前後半共に1ターンはムダに使った気がするんですが、
案外ターン数は余裕あるっぽいですね。
今のとこ全部ランクSで行けてます。
シルバー装備ばかりになって来ました。

あと、エンゲージというものができるようになりました。
灰の戦士(汎用キャラ)のスキルとか能力をメインキャラに継承できるのですが、
その代償に汎用キャラが消滅するというものです。
汎用キャラに思い入れのない私はガツガツ吸収してますw

しかし、このゲームって、純ファンタジーかと思ってたんですが、
機械とか未来世界とか若干SFが混じってるんですねー。
まぁ、こういう世界観は嫌いじゃないので全然OKです。
FFも1の頃からタイムワープとかしてるしねw

2012.04.28 Sat (12:40) l アルカイックシールドヒート l コメント (0) トラックバック (0) l top
・逆転裁判4(ニンテンドーDS)

最近は実写化もされた人気シリーズ。
今作では、前作までの主人公「成歩堂龍一」から「王泥喜法介」に変更、
それに伴いヒロインも変更され、全体的にキャラクターが一新されてます。

ヒロイン交代によって、新しく「みぬく」というコマンドが追加されてます。
相手が嘘をついた時のクセを見抜くことができるもので、
相手を観察して、クセを見つけることで証言者を追求することができる。
推理というよりは、まちがい探しみたいな感じです。
タッチペンやマイクを駆使して行う「カガク捜査」は、
受動的に行うことしか出来ないので、
もっと能動的に使えれば良かったと思います。
それ以外のシステムは、霊媒関係がなくなったこと以外、
従来のシリーズとそれほど変わらないと思います。

ストーリーや前作キャラの扱いなど、
各所で評判の悪い作品ですが、私はそれなりに楽しめました。
確かに前作までのキャラクターは濃かったし、
ストーリーも盛り上がったのは確かですけど、
そこまで酷い出来って程ではないと思います。

難易度は比較的簡単です。
旧作をプレイしていることで、要領よくできるというのもあるんでしょうが、
これまでのシリーズに比べても難易度は低めだと思います。

2012.04.26 Thu (22:57) l レビュー NDS l コメント (0) トラックバック (0) l top
今更ドラゴンクエストモンスターズジョーカーとかやってます。
無印です。安かったので買いました。
まだ、マデュライト4個しか持ってないので序盤だと思います。
普通に遊べるし面白いのですが、視点が酷いですねー。
あと、3Dのせいかドラクエ8みたいに移動に時間がかかります。
移動速度上げる乗り物とかないのかな・・・
まぁ、のんびりやろうと思います。

2012.04.24 Tue (23:32) l その他のゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
何やら評判の悪いアルカイックシールドヒートをプレイしてます。
・・・結構面白いと思う。まだチャプター7だけど。
シミュレーションRPGは大好物だし、
1回で決着を付けられる小隊同士の戦闘とか、
移動にかかるAPの仕組みは結構いいと思う。
セーブ関連とタッチペン操作に若干の不満点はありますが許容範囲。
ランクSの条件はターン数らしいので、サクサクやってます。
フリーバトルはやるつもりがないので、どんどん進めたいと思います。

世間的に評判の悪いゲームって、自分には合っていることが多いんですよね。
自分的には高評価なアンリミテッド・サガも世間的にはクソゲー扱いだし、
アインハンダーがクソゲー評価されてるのは、ちょっとビックリした。
あと、ベルウィックサーガはクソゲーじゃないと声を大にして言いたいです。
逆に評判の良いゲームでもハズレと感じるものがあるんだから、
やっぱり、自分に合うかどうかはプレイしてみないとわからないもんだなーと改めて。
人の評価は参考までに。

2012.04.24 Tue (23:32) l アルカイックシールドヒート l コメント (0) トラックバック (0) l top
・ヨルムンガンド
BS11で見てるので、今のとこ2話まで。
ココの「フフーフ」がどうなるのか気になってましたが、こんな感じなんですね~
マンガで読んでてもよくわからない表現だったので謎が解決ましたw
あと、伊藤静さんの名前を見た時に、ココのイメージと違うと思ってたんですが、
思ったよりもしっくり来るので良かったです。
ヨナ君の顔に何か違和感はあるけど、全体的にスタイリッシュで良いと思います。
出来ればムンムンガンドもやって欲しいんですがw

・エウレカセブンAO
BS-TBSで見てるので、よーやく1話を見れましたよ。
しかし・・・これは、見事な棒アニメですね。
主人公はまだマシだけど、ヒロインがちょっとキツイなー。
でも、∀ガンダムやキングゲイナーだって、
慣れてくれば、あれが味に感じるようになったんだし大丈夫。
というか、このアニメって沖縄が舞台だったんですね。
前作については、漫画版とかスパロボ内での話しか知らないんですが、
完全な架空世界っぽい雰囲気だった気がするんですけど。
1話では、まともにロボットが出てこないので、2話に期待します。

・かんなぎ
アニメ版のかんなぎを見たことが無かったので、
BS11で放送してるのを録画して見てます。
かんなぎ7巻が遂に発売されるそうで・・・何年ぶりだろ。
かんぱち3巻と同時発売ってことでCMをやってましたが、
かんぱちアニメ化の布石に見えなくもないw
そろそろ結城心一先生の漫画がアニメ化しますように。

・コエキタ
なんとなく見てみましたが、
小林ゆうさんだけで30分やれば良かった気がしますw
もう、R-1でも出ちゃいなよと思う今日この頃です。
後半のアニメは・・・どう評価すればいいのやら。

2012.04.22 Sun (18:18) l アニメ・マンガ・テレビ l コメント (0) トラックバック (0) l top
・さわるメイドインワリオ(ニンテンドーDS)

メイドインワリオシリーズといえば、短時間で簡単に遊べるミニゲーム集ですね。
今作の「さわる」では、タッチペンで、タッチ、スライドをさせることによって
遊べるミニゲームが沢山入っています。一部マイクを使うゲームもあります。
シリーズをプレイしたことがある人はわかると思いますが、
初見では何をやるのかさっぱりわからないものから、
物凄くシンプルで簡単なものまで色々揃ってます。
DSで出来ることを上手くゲームに生かしているので、
DSを初めてプレイする人には入門書的な意味も含めて遊べると思います。

あと、シリーズ全般に言えることですが、
過去の任天堂ゲームがネタになっているミニゲームもあり、
オールドゲーマーには懐かしさも感じる場面があると思います。

難易度は誰でも遊べるように作られているので、比較的簡単です。
何をやればいいのかわからないゲームでも、
何度かプレイしていると何をやるのかわかりますし、
その攻略法がわかった時が楽しいと思います。

2012.04.21 Sat (23:19) l レビュー NDS l コメント (0) トラックバック (0) l top
・キャプテン★レインボー(Wii)

何年か前にwii購入時のポイントで買ったワゴンセール商品。
といっても、ラブデリック系の作品なので、ちゃんと遊べるのですが、
他のラブデリック系の作品と一緒で、ネタはブラックなので、
人を選ぶ作品だとは思います。

基本的には、小さな島で人々とふれあい、願いをかなえることで話を進めていきます。
これには、キラリンという結晶を集めてスターにして「流星夜」を発生させ、
スターを祭壇に運ぶことで願いを叶えることができます。
この時、シャドーという敵が邪魔をしてくるので、
これを回避するために若干のアクション性がありますが、
それほど難しいわけでもないので、
アクションが苦手でも問題はないと思います。

島の人間は、他の任天堂ゲームからのゲストキャラばかりです。
ギフトピアのタオやマッポ、謎の村雨城の鷹丸、
マリオUSA(ドキドキパニックでも可)のキャサリン、
などなどパネポンやファミコンウォーズからも登場しています。
昔はナムコがこういうのをよくやってましたね。

難易度としては簡単な方なので、
釣りとかミニゲームをして全体の雰囲気を味わいながら、
のんびりクリアするのがいいと思います。

2012.04.19 Thu (22:17) l レビュー Wii / GC l コメント (0) トラックバック (0) l top
・ゼルダの伝説 夢幻の砂時計(ニンテンドーDS)

自分的に久々のゼルダ。
私が今までにプレイしてきたゼルダというと、
ゼルダの伝説、リンクの冒険、神々のトライフォース、時のオカリナくらいなもんで、
その中でもクリアしてるのは初代ゼルダと神々のトライフォースだけです。
ただ、今回はサクサク進めて、すぐにクリアしました。

今作の操作は、ほとんどがタッチペンで行われるので、
クリック操作のRPG(ディアブロとか)に近いと思います。
従来の2Dゼルダのような操作感覚を求める人には向いてないかもしれません。
謎解きは比較的簡単ですが、タッチペン操作で行うため、独特な操作感です。
操作感覚にさえ慣れてしまえば、全体的な難易度も低めだと思います。
従来からのゼルダを期待すると裏切られるかもしれませんが、
別のゲームだと思えば楽しめると思います。

このゲームで一番いいと思ったのは、マップに自分でヒントを書き込めるところ。
ムダなメモ帳もいらないし、直接書き込めるからわかりやすい。

2012.04.17 Tue (23:29) l レビュー NDS l コメント (0) トラックバック (0) l top