久しぶりの定期報告~
って、今月の初めにも一応書いてるから、久々って程でもないか。
最近は、あまりゲームを買ってるような余裕がなくって、
なかなか買い貯めも出来ないから寂しいもんです・・・今回も2本だけだし。

tsumigame_063.jpg

○ファイアーエムブレム 暁の女神
もう少し、もう少し値下がりしたら買おう・・・いや、もう少し・・・って粘ってたけど、
もういいや、買っちゃえーって思って買ってきました。
結局のところ、最初に買おうと思った時点での値段と大差なかったような。
FEって、一時的に値下がりしても、いつの間にか元通りの値段になってたりするし、
シリーズによっては出荷数が少ない関係でプレミア付いたりするから、
発売日に新品で買っても、あまり損のないゲームですよねぇ。

そういえば、暁の女神って、蒼炎からデータ引き継ぎできるんでしたっけ?
でも、引き継げるといっても、私の蒼炎クリアデータは、
1stプレイ(ノーマルで普通に)、2ndプレイ(マニアックで縛りプレイ)
っていう2つしかないんですよね~。
多分、マニアックでプレイしてる分だけ2ndの方がレベルも高いだろうけど、
ラグズとか一切使ってないから、コレを引き継いでいいものなのかどうなのか。
もう1回やって引き継ぐのが一番いいんだろうけど、早く暁をやりたいので、
多分2ndの方を引き継ぐことになると思います。
そもそも、何を引き継げるのかもよくわかってないので、
あとで攻略サイトでも行って確認してこなきゃ。

どうでもいいけど、マニアックで縛りプレイってのは、字面的にアレな感じがw

○EXIT
制限時間以内に人を救出しながら脱出するゲームです。
昔からよくあるタイプのゲームだとは思うんですけど、
ジャンル的にはパズルアクションとかになるのかな?
この手のゲームは、あんまり得意じゃないんだけど、気が向いたらやるつもり。

今回はコレだけ。
長いこと動かしてないWiiを動かす理由付けのためもあって、
暁の女神を買ったので、久々にWiiを動かそうと思います。
私の記憶が確かなら、前回Wiiを動かしたのはBASARA3の起動確認の時だったと思うので、
BASARA3買った時の記事から考えると・・・約1年ぶり。
もっとも、あの時はOPムービーだけ見て、ゲーム自体はプレイしなかったので、
ゲームをプレイするとなると、タクトオブマジックをやってた頃まで遡らなきゃいけないのかな?
(そういえば、あのゲームも放置したまんまだった)
マリオギャラクシーとかも動かしたいんですけどねー。
なんといっても、動かすのが面倒くさいんで・・・
まぁ、FEなら最優先でプレイするだろうから、
これから暫くの間は、Wiiを動かす頻度も上がると思います。
2014.05.31 Sat (21:37) l 家にあるゲーム紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top
早くも3回目・・・なんだけど、内容がサッパリなまま進めてしまっているような気が。
まぁ、なんとなく書きたかったから書いてるだけなので、気にせずガンガン行きます!

○落ちゲー・デザイナー 作ってポン!
落ちゲーツクール・・・でしょうか?(あんまり記憶に無い
なんとかツクールみたいのは結構流行りましたよねー。
私はMSXのRPGツクールを使って、何かのRPGを作ってたこともありますけど、
結局ああいうのって完成までには至らないものだと思います。
そもそもストーリーを作れないから、ドラクエのバッタモンみたいなものにしかならないという。
(このゲームと関係ない話になってるのは気のせい)

○オフワールド・インターセプター・エクストリーム
何これ、洋ゲー?わかりません!

○おまかせ! 退魔業
聞いたことのないアイドルの人たちが実写で出てくるゲームです。
兄貴がクリアまでやってたと思うんですけど、
まぁ・・・実写ゲーってこんなんだよねって感じのつくりだったと思います。

○オラクルの宝石
パッケージは見たことあるんだけど・・・調べてみるとパズルゲーム集なんだとか。
てっきり、この当時に乱発されてたインタラクティブムービー的なアドベンチャーかと。

○オリンピックサッカー
サッカーゲームは色々プレイし過ぎて、どれがどれだかわからんです。

○ガーディアンヒーローズ
以前、周辺機器のマルチターミナル6を紹介した際、
少し触れたことがあると思いますが、サターン屈指の名作アクションゲームだと思います!
当時としては6人同時対戦っていうだけでも画期的でしたし、
キャラクターそれぞれにレベルを設定できるなどハンディキャップを設けることもでき、
操作キャラも、ただの村人から善悪それぞれの神まで居て楽しめます。
(村人は技とか持ってなかったような気がしますがw)
トレジャー製作だから、普通にアクションゲームとしても面白いです。

○カオスコントロール
3Dシューティング?敬遠してたジャンルなので、多分やったことない。

○学校の怪談
これやったことあったっけなー。
やったようなやってないような・・・よくわかりません。

○学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!
多分クリアしてるハズなんだけど、全然記憶にないのが謎。

○餓狼伝説3 -遥かなる戦い-
一応クリアだけはしておいたけど、SNKの格ゲー苦手なので、ほとんどやってないです。
SNKの格ゲーの中では、ワールドヒーローズを一番プレイしましたかねー。
あれは操作しやすいし、ネタもコメディ路線で良かったと思います。

○ガングリフォン
この手の3D系ロボットものは苦手で、ほとんどプレイしてないハズ。

○完全中継プロ野球 グレイテストナイン
野球ゲームは結構やってたので、これもやってました。
野球ゲームとしては、そこそこ良い出来だったと思いますが、
このソフト自体はそんなにやってないかもしれません。
グレイテストナインといえば、なりきりモード('98から追加?)という
1人の選手を操作するモードがあって、そのモードでは、
ひたすらバッティングに専念することができて楽しかったような。
なので、なりきりモードがあるグレイテストナインにはハマった記憶があるんですけど、
それ以前のヤツは、あまりやったことないかもです。

○輝水晶伝説アスタル
このゲームのパッケージを見ると、ナゼか鬼神童子ZENKIを思い出します。
いや、ZENKIってアニメ版は見たことないし、漫画も連載当時にちょっと見た程度なんだけど。
ゲーム内容は横スクロールアクションで、サクサク進めてクリアしたような。
しかし、特に何か印象に残ってるワケでもないんで、流れ作業的にプレイしてたのかな。

○機動戦士ガンダム
これはかなりハマりました!
当時はクリア→すぐに次のゲームって感じでやってて、
特にアクションゲームでは2周することは少なかったんですけど、
これは楽しかったので、クリア直後にもう1周やってましたね~
リアルタイプのガンダムゲーとしては珍しい横スクロールアクションシューティングで、
とにかく、ボタン長押しで使える"ニュータイプ攻撃(ロックオン)"が楽しく、
ロックオン攻撃がメインのシューティングが好きな人にはオススメです。

○機動戦士ガンダム外伝Ⅰ 戦慄のブルー
○機動戦士ガンダム外伝Ⅱ 蒼を受け継ぐ者
3D系は苦手なんですが、なんとかクリアしました。
外伝Ⅱの方に出てくる(と思う)ドムがやたら強くて、何度もゲームオーバーに(ノД`)
外伝Ⅲは、その内買おう買おうと思っている内に結局買わずじまいになってしまったので、
ストーリーの方はGジェネで補完してます。

○機動戦士ガンダム ギレンの野望
ギレンの野望の第1作目。
現在のようにエリアがハッキリしていなかったので、
中途半端なエリアに部隊を駐留させておくコトが可能でしたねぇ。
何度も試行錯誤して、最初からやり直したりしながら、
連邦かジオンどっちかで1回はクリアしてると思うんですけど、
続編のように周回プレイまではやってなかったような気がします。

○機動戦士Zガンダム 前編 ゼータの鼓動
○機動戦士Zガンダム 後編 宇宙を駆ける
↑の方で紹介した機動戦士ガンダムの正統続編的な立ち位置なので、
これも横スクロールアクションシューティングです。
後編はクリアしたんですけど、前編は途中で詰まってしまって未だにクリアしてません。
面白いんですけどねー。地上戦が難しい。

○ギャラクシーファイト
パッケージは見たことあるし、多分やったこともあるんでしょうけど、
いかんせん記憶がないんですよね~。ゲーム画面見てもピンと来ないし。

今回で、ようやく"ア行"が終了して"カ行"に。
しかし、"カ行"も、それほど思い入れのあるソフトはなさそうなので、
ソフトも多くて、書いてて楽しそうな"サ行"のトコまでは一気に行ってしまいたいかなぁ。
2014.05.30 Fri (21:50) l 所有SSソフトうろ覚え一言レビュー l コメント (0) トラックバック (0) l top
采配のゆくえ(DS)

第3話が終了。

Saihai_Yukue012.jpg

秀秋も撃破しましたが、なかなか面白いキャラでした。
結局のところは、実力不足なのに自信過剰で、噛ませ犬みたいな扱いになっていたんですが、
表裏の激しいキャラで、他の作品の秀秋像と違ってて、色々と楽しませてくれたのに・・・
惜しい人物を亡くしたもんです(死んだわけじゃないけど

んで、第3話ともなると、秀秋だけでなく、敵味方ともに退場者が続出して、
いよいよ関ヶ原も大詰めになってきたなーって感じがします。
(特に味方側はメインキャラもかなり減っちゃいましたし)
ここまでの展開を見る限り、やはり関ヶ原の決着は史実通りに進められるみたいで、
これからは、絶対的不利の中でどう足掻き続けるかってことになってくるんでしょうねぇ。
私は、ゲームとか漫画でも、どんどん追い詰められていく展開から、
なんとか立て直して逆転していく話が好きなんですが、
(ゲームだとFEトラキアとか、漫画だとブレイクブレイドとか?)
このゲームの場合は、舞台が関ヶ原ってことで、逆転はなさそうなのが残念。

しかし、そろそろ終盤戦ってコトは島津の見せ場が近いってコトで・・・楽しみ!

2014.05.29 Thu (21:10) l 采配のゆくえ l コメント (0) トラックバック (0) l top
428 ~封鎖された渋谷で~(PSP)

大沢のシナリオで出てくる

428_013.jpg

梶原って刑事が不気味だと以前に書きましたが、
話を進めていくと、ただ変な人なだけで、不気味っていう印象は消えてきました。
・・・まぁ、今後の展開次第なんでしょうけど。

このシナリオは、メインの話がウイルスの話なので、
かなりシリアスなものとなっているハズなんですが、

428_014.jpg

トイレの詰まりを治すことになったり、アーッな展開があったりと、
思ったほどシリアス一辺倒ではない模様。
むしろ、基本がシリアスだから、変な方向に行った時の振り幅がある分面白いというか。
前回の記事を書いた辺りまでは、大沢のシナリオを進めるのには、
あまり乗り気じゃなかったのですが、結構楽しくなってきたかもしれません。
今は、加納のシナリオが一番興味ないかなー(多分メインとなるシナリオなんだけど
加納のシナリオも、今後面白くなっていってくれるといいんですけどねぇ。

そういえば、こんなtipが。

428_015.jpg

これは1つ勉強になりましたね。
しかし、このtipの中に"うんちく"という単語を入れてくるのは良い心意気だと思います。
思いついても、なかなか実行はできないですしね!

・・・なんだ、この記事。
とりあえず、12時の時間帯を終えて13時に入りましたとの報告をして、
今回の記事を終了したいと思います。

2014.05.27 Tue (21:49) l 428 ~封鎖された渋谷で~(PSP) l コメント (0) トラックバック (0) l top
さーて、早くも自己満足企画の第2回目がやってきました。
誰も付いてこなくても、気にせず最後までやっていきたいと思います!

それでは今回はこちらから。

○ウィリーウォンバット
パッケージは見たことあるんだけど、ゲーム画面は見たことなかったので、
多分コレも1回も動かしてないんじゃないかなぁ(そういうのばっかりだな

○ウィングアームズ ~華麗なる撃墜王~
空戦タイプの3Dシューティングだったと思いますが、
未だにこのジャンルは苦手意識が強いので、ほとんどプレイせず。
なんか、このジャンルは全般的にスピード感が足りないような感じがするんですよねー。
まぁ、スピード感あるタイプのは、それはそれで難しくてできないんですけど。

○ウノ デラックス
カードゲームの定番"UNO"をベースにしたゲーム。
対戦モード以外にも、ストーリーモードみたいなのもあったような記憶が。
一応、最後までプレイしたと思うんですけど、印象が薄い・・・
UNOのゲームといえば、PSのアンゴルモア99ってゲームの方が記憶に残ってますね。。
(あのゲームにはUNOとは書かれてないのでアンオフィシャルものっぽいですが)
ゲーム開始時の「あんごるもあばと~る!」っていう間の抜けたような掛け声が妙に印象的で。
・・・ってワケで、ウノデラックスについては、あんまり覚えてない!

○エアーズアドベンチャー
ゼビウスで有名な遠藤さんを始め、豪華スタッフが集まって作られたゲームのハズですが、
ドコに行ってもクソゲー評価されてたこともあって、
当時のサターンソフトとしては、かなりの捨て値(280円)で買いました!
でも、私はプレイせず、兄貴がプレイしてましたねー。
ただ、頑張ってクリアしようとはしてたんですが、途中で断念した模様。
なんか、色々と説明不足というか、話がおかしいというか、結構アレなゲームみたいです。
説明書もペラッペラだったような。

○エアーマネジメント96
コーエーが昔作ってた航空会社の経営シミュレーション・・・でしたっけ?
エアーマネジメントとかトップマネジメントなんかは、
名前だけ知ってるけど、一切プレイ経験ないんですよねー。
やっぱ、コーエーって言えば歴史シミュレーションでしょってことで。

○エイリアントリロジー
洋ゲー且つFPSだからやってないと思う。

○エーベルージュ
当時はこのゲームを乙女ゲームだと認識していたので、一度も起動したことがありません。
実際は恋愛シミュレーションなんですけど、当時はそう思い込んでいたので。
パッケージとか見ると、ギャルゲーにしか見えないんですけど、
なんでそういう風に思い込んでいたのか・・・当時の私に聞いてみたいもんです。
まぁ、ギャルゲーもあまりやらないので、どっちみちプレイしてたかどうかは疑問ですけど。

○SDガンダム GセンチュリーS
ファミコンから続く、ガチャポン戦士シリーズのノリを受け継いだゲーム。
カプセル戦記を懐かしんで買ったんですけど、そこまではハマらなかったですねぇ。

○X JAPAN/Vurtual Shock 001
あまりX-JAPANに興味はなかったので、動かした記憶はナイ。

○X-MEN children of the atom
X-MENはよく知らなかったけど、ちゃんとカプコン格ゲーしてたので普通に楽しめました。
多分、ウルヴァリンを使ってたんじゃないかなぁ。
見た目的にはサイクロップスが好きなんだけども。
でも、サイクロップスって映画とかを見る限り、物凄いヘタレっぷりですよね。

○NFLクォーターバッククラブ'97
前回も書いたけど、アメフトの楽しみ方はわからないッ!
だから、1回くらいは動かしたことあると思うけど、それっきりだったような。

○エネミー・ゼロ
発売当初に買おうかどうか凄く悩んだソフトですが、結果的にはスルーして良かったかも。
見えない敵に対して、音の強弱や方向で敵を確認するというスタイルは斬新だったけど、
それが面白さに繋がってないような気がして残念な作品だったと思います。

○F-1 ライブインフォメーション
昔はF1もよく見てたし、好きだったから、コレはプレイしたことあると思うんだけど・・・
あ~、これはプレイしたことあるなと思って、ゲーム画像を探してみると、
あれ?こんなのだったっけ?って感じで、よくよく調べてみると、
私が思い出したゲームは、PSのFormula1ってゲームでした!
だから、これはやったことあるかどうか・・・微妙です。

○R?MJ THE MISTERY HOSPITAL
買って早々に兄貴が部屋に持って行ったせいか、私はプレイしてないと思います。
病院系のホラーなんだっけ?あんまり詳しくわかりません。

○エルフを狩るモノたち
エルフは脱がーす!でお馴染みの作品をゲーム化したもの。
字面だけ見ると、エロ方面?と思われるかもしれませんが、基本的にはギャグ路線。
このゲーム版は一応クリアしてるんですけど、良くも悪くも普通のメディアミックス作品でした。
クリアしてから数年後に原作の漫画本を全部読みましたけど、結構面白かったと思います。
ただ、途中からは同じことの繰り返しになっちゃってて、飽きが来たりもするんですけども。
最近では、エルフを狩るモノたち2って漫画がオンラインで公開されてるようですが、
その前にやってた漫画も、基本的なノリと展開が一緒だった気がしますw

○エンジェルグラフィティS あなたへのプロフィール
パッケージは見たことあるから、多分持ってるとは思うんだけど、やったことはないです。
内容は恋愛シミュレーションゲームですか~
あんまりやらないジャンルなので、後回しにしてた感じだと思います。

○エンジェルパラダイス Vol.1 坂木優子 恋の予感 in Hollywood
当時こんなグラビアアイドルが居たような居なかったような・・・
全く動かしたことがないので、内容はよくわかりません。
そもそも、ゲームなのかどうかもよくわからない。

○おーちゃんのお絵描きロジック
おーちゃんってのは、"へべれけ"シリーズに出てくるキャラクターなんですが、
私は"へべれけ"シリーズのことをよく知りません(名前をちょっと知ってるくらい)
まぁ、このゲームはイラストロジックのゲームなので、
へべれけのことを知らなくても全然楽しめるんですけどねー。
でも、イラストロジックって、ゲームだとどうにもやりにくい感じがするから、
やっぱり、実際に鉛筆を使ってやる方が楽だなーって思います。

○オーバードライビン GT-R
パッケージは見たことある・・・レースゲームはあんまりやらないし、
やったとしても、どれがどのゲームなのかよく覚えてないんですよねぇ。
これもプレイしてるかもしれないし、してないかもしれないという曖昧な記憶しか。

○奥寺康彦の世界をめざせ! サッカーキッズ~入門編
今回はコレで最後~・・・って、これゲームじゃないじゃん!
前回書いてたイスト・エ・ジーコと同じで、サッカーのテクニックを教えてくれるソフトです。
多分、これも少しは見たと思うんだけど、惰性で眺めてただけなので、中身は覚えてない。

今回も、プレイしてないソフトとか、やったかどうかわからないソフトとか、
やったハズなのに覚えてないソフトとか、特に思い入れのないソフトとか、
そんなのばっかりで、この企画の趣旨がよくわからなくなってきています(==;

とりあえず、ここまでで43本。
次回こそは、もっと思い入れのあるソフトのことを書けると信じて!
(なんか、どっかの漫画の打ち切り最終回みたいなセリフ)
2014.05.26 Mon (21:42) l 所有SSソフトうろ覚え一言レビュー l コメント (0) トラックバック (0) l top
采配のゆくえ(DS)

第2話を終了しましたが、今回は何度も探索パートと合戦パートを繰り返してたので、
それなりに時間はかかりましたね~
第1話は実質チュートリアルだったので、これが通常の話の長さなんでしょう。

第2話では、色々と登場人物も増えたので、
気になった人たちを紹介していきます。

まずは、今作のヒロイン(だと思う)

Saihai_Yukue008.jpg

たまき。
オリジナルキャラなのかと思ったら、島左近の娘のようです。
調べてみると、島左近の娘は珠となっているので、名前に少しアレンジを加えているのか、
それとも"たまき"と呼ばれたい理由があるのかは、よくわかりませんねぇ。
ポジション的には逆裁のマヨイちゃんですけど、史実だと柳生家に嫁いでいる模様。

次に島津豊久。

Saihai_Yukue009.jpg

漫画「ドリフターズ」で主人公を務めて、知名度も上がりました!(多分
彼は関ヶ原の撤退戦で死んだことになってるけど、実際はよくわからないんだったっけか。
まぁ、だからこそ、ドリフターズ(漂流者)になっているんだろうけども。
そういえば、廃棄物の方は、犯罪者(或いは賊軍)扱いされて
殺された人達がメインってことでいいのかなぁ。
今のトコ出てきた人達だけを見ると、そんな感じなんだけれど。

続いては細川ガラシャ。

Saihai_Yukue010.jpg

後ろに花が咲いてますが、あれは背景ではなく、どうも背負ってるらしいですw
この人はキャラ的にもホントに逆転裁判に出てきそうなキャラですね。

他にも、色々な武将が出てきたんですが、その中で気になったのが小早川秀秋。
ショタみたいな顔しながら、腹黒そうなキャラに。
他のゲームだと極端に臆病だったり、変なキャラにされてることが多いというのに、
このゲームでは、なかなか神経が図太そうで、意外と頭が回る感じに。
関ヶ原の勝負を決めた1つの要因になった人物なんだから、
こういうキャラ付けでも面白いですよねー。

人物紹介はこの辺で終わりにして、
最後に新しく出てきたシステムをご紹介。

このゲームでの石田三成は、相手の心の声を聞くことができるという特殊能力を持ってます。
その能力が更に鋭敏になると、全ての敵の行動が先読みできるという状態に!
(この能力があれば、関ヶ原も余裕で勝てると思うんだけど、たまにしか発揮されない模様)

Saihai_Yukue011.jpg

ってことで、詰将棋みたいなのをプレイすることになります。
↑の画像はDSの上画面のものなんですけど、
下画面に表示されてる敵味方の配置を、上画面の通りに完成させるとクリアって感じです。

シミュレーションゲーム好きとしては、こういうのは楽しいので、
もっと沢山発生して欲しいイベントですね~

2014.05.24 Sat (22:06) l 采配のゆくえ l コメント (0) トラックバック (0) l top
過去にもブログで、ちょいちょい書いてたことですが、
私が最もゲーム収集にハマっていた頃、特に熱心に集めていたハード、
それがセガサターンです!(家にあったのはVサターンだけど)
もう長いことソフトも周辺機器も買わなくなってしまいましたが、
それでも、我が家で一番ソフトが多いのがサターンに変わりはありませんし、
当時は買ったサターンソフトを片っ端からクリアしていこうと頑張っていたので、
所有ソフトが一番多いのにも関わらず、クリア率も最も高いんです(多分)!

そんな思い入れのあるサターンソフトを懐かしみながら、
適当にレビューというかコメントしていこうじゃないかという、
自己満足極まりない企画を始めることにしました。
(思い入れあるのに適当ってのはどうなの?というツッコミは禁止)
なお、かなり古い記憶のため、間違ってる部分が多々あるかもしれませんし、
取り上げた作品に対して思い入れのある方には不快な表現があるかもしれません。
あくまで、個人的な思い出とか印象を書いていくつもりなので、その辺は御了承を。

一応、当時作ったデータベース(抜けがあるかも)を基に五十音順にやっていく予定。
・・・ってーことで、まずはこれから。

○アーサーとアスタロトの謎魔界村
ゴメンナサイ・・・いきなりやったことないのから始まりました・・・
えーと、これはインクレディブル・マシーンというパズルゲームの移植だったと思いますが、
私は、この手のパズルゲームがあんまり得意じゃないので、
兄がやってるのを横で見てたくらいの記憶しか(==;

○アース・ワーム・ジム2
これは・・・やったことはある・・・あるんですが、
洋ゲー苦手なので、ロクにプレイせずに後回しにしたような。

○アイレム アーケード クラシックス
これはプレイしました・・・しました・・・が、基本的にはアーケードゲームをまとめて移植!
って感じのソフトなので、あまりプレイしてませんねー。
しかし、いつやっても10ヤードファイトの楽しみ方がわからないです。
一応アメフトのルールはある程度理解できてるつもりなんですけどねぇ。
(ただし、アメフト観戦の楽しみ方はわからない)

○アクアゾーン オプションディスクシリーズ3 ブルーエンペラー
○アクアゾーン オプションディスクシリーズ5 ラミーノーズ

アクアゾーン本体を持ってないのにオプションディスクだけ買うという謎の行動してました。
従って、起動したことすらありません!

○アクアワールド 海美物語
何コレ・・・ググってみると、アクアゾーンみたいなソフトのように見えます。
パッケージを見ると、確かに買ったような記憶はあるんだけども。
(名前だけを見てパチンコか何かのソフトかと思ったのは内緒)

○アクチャーサッカー
買ったサッカーゲームは、少なくとも一度は起動してみるものなので、
(大体のゲームはワールドカップみたいなモードくらいはクリアしておきます)
一応プレイしたことはあるハズなんですが、多分ビミョーなサッカーゲームだったと思います。

○アサルトリグス
ま、また知らない名前のソフトが出てきた(ノД`)
わからないので少し調べてみたけど、パッケを見てもゲーム画像を見ても記憶がナイ。
ホントに持ってるソフトなんだろうか・・・w

○アメリカ横断ウルトラクイズ
くっそ難しいクイズゲームでしょ、コレ!
確かコンティニューなんてものはなかったハズだし、
最初の○☓クイズ(本家と一緒で1問でも間違えるとアウト)もかなりキツいんですが、
時の運を競う"じゃんけん"があるんですよね・・・お陰で、アメリカまで行くのが相当大変。
(行った後は、それはそれで厳しい戦いが待っているのですが)
そういえば、DSの「このクイズ野郎っ!!」はウルトラクイズをベースにしてると思うんですが、
クイズ以外の部分が大変でクリアできませんでした。

○イエロー・ブリック・ロード
オズの魔法使いをベースにした話だったと思いますが・・・多分プレイしたことない。

・・・ま、マズイ。
ここまで10本書いてみたものの、マトモにクリアしてるゲームがない(==;
予定としては、10本ずつ書いていくつもりだったんですけど、もう10本追加で!

○イスト・エ・ジーコ ~ジーコの考えるサッカー~
えっと、これはゲームじゃないですね・・・
ジーコがサッカーのテクニックを教えてくれる教育ソフト的なものだったと思います。
少しくらいは見たと思いますけど、どんなのだったかという記憶はハッキリしない。

○井出洋介名人の新実戦麻雀
当時、麻雀にハマってたから結構やってました・・・"極"を買うまでは。
それなりに遊べるんですけど、vsコンピューターの麻雀って飽きが早いんですよねぇ。

○EVE Burst Error
○EVE Lost One

貰い物ですけど、動かしたことないなー。
サターンを封印してから貰ったものだし。

○ヴァーチャルハイドライド
これは兄貴がやってました。
当時は、この手の視点のゲームが苦手で苦手でプレイする気にはならなかったので。

○ヴァンパイアセイヴァー
これも兄貴が・・・ってか、兄貴が買ったヤツですね。
私はそれほど格ゲーをプレイしないんですけど、
一応リュウケン使いだから、自然とデミトリ(たまにモリガン)使ってました。
他は、あんまり使いやすいの居なかったし・・・
サターンは拡張RAMを使うと快適に格ゲーができるのが良かったです。

○ヴァンパイアハンター
↑と大体同じ。
無印→ハンター→セイヴァーって順番だったような。

○ウィザーズハーモニー
やることは"卒業"みたいな育成シミュレーションなので(完成度には差があるけど)、
それなりに楽しめるっていえば楽しめるんですけど、
登場人物のほとんどが棒読み(研修生らしい)で、プレイするのがツラい。
たまに、この人はマシかな?ってキャラが1人出てくるだけで安心できるレベル。
(そんな人が実際に居たかどうかは記憶が定かじゃないけれど)

○ウィザーズハーモニー2
プロの声優が何人か加わったため、全体的な棒読み感は減ってた・・・ハズ。
1に比べて幾分マシになったせいか、あんまり記憶に残ってない。

○ウイニングポスト2
○ウイニングポスト2 プログラム'96
○ウイニングポストEX

ウイニングポストはパソコンでプレイする派だったので、動かしたことないです。

・・・シリーズをまとめて書いた関係で22本になったけど、結局傷口が広がっただけでした。
おかしいなー、もっと色々と思い出があると思うし、クリアしてるイメージなんだけどなー。
でも、よくよく考え直してみると、ゲームボーイ(初代)の方がクリア率だけは高いかも。
所有ソフト自体も少ないし、当時持ってたゲームはほとんどクリアしてたハズだから。

とりあえず、次回に続く・・・かどうかはわからない。
2014.05.22 Thu (21:35) l 所有SSソフトうろ覚え一言レビュー l コメント (2) トラックバック (0) l top
428 ~封鎖された渋谷で~(PSP)

やっぱり、なすびだった。

428_009.jpg

今は芸人をやめちゃったみたいですけど、この人の芸ってのは見たことないですね。
まぁ、電波少年で変な売れ方しちゃったから仕方ないっていえば仕方ないけども。
最近はエベレスト登頂に挑戦!みたいなコトで少し話題になったりしたような。

さて、今回は、とりあえず気になったtipを中心に記事を書いていきます。

まずはコレ・・・5インチフロッピー!

428_010.jpg

我が家のパソコンは、MSX2+(ターボR)→PC9821(型は忘れた)という感じだったので、
5インチフロッピーに触れる機会はなかったんですけど、高校の頃に触ったことが。
確か、古いパソコンを使った実習で使ったことがあったような・・・気がします。
tipにも書いてますけど、3.5インチのと違って、凄くふにゃふにゃしてるし、無駄にでかいし、
ドライブに入れた後にロックしなきゃいけないしで、扱いが面倒だったような記憶。
容量も1MB前後だったと思うし、こういう古い記憶媒体の仕様を見ると時代を感じます。

次はコレ。

428_011.jpg

元ネタは"たまごっち"なんだろうけど、やったことないので、よくわからないです!
当時はドコに行っても品切れしてたし、人気はあったんだろうけど、
どういう楽しみ方をするものなのかもよくわかってません。
たまごっちがヒットしなければ、夢のセガバンダイ誕生って話もあっただけに、
色々と思うところのある商品ではありますw

しかし、この"あなごっち"はプレイ動画まで作ってあるとか、芸が細かいですね~

最後はコレ。

428_012.jpg

道民的には、なんでコレをそこまで脅威に感じてる人が多いのかよくわからない生き物。
一応、北海道にもいるという話は聞きますが(ススキノ辺りに局所的に)、
生まれてこの方、実物を見たことのないものなので、どうもよくわかりません。
・・・でも、昔のテレビ番組で大量のGがわさわさ動いてるのを見て、
うわって思ったことはあるので、実際見るとイヤなものなんでしょうねぇ。

tipの話はこのくらいにして、現在の進行状況の話を。
今は11時の時間帯を終え、12時に入りました。
現在までプレイした範囲で、一番楽しめてるのは前回書いてたタマの話ですが、
御法川(フリーライター)のもちょっと面白くなってきましたし、
亜智の話はIWGP(プロレスの方じゃないです)を思わせる展開で、今後が楽しみ。
加納のは可も不可もない感じ・・・問題は大沢のトコなんですよね~
ウイルス研究の話がメインなんですが、人体実験(?)のような話とか写真が出てきて、
少し不気味な感じなんですよね~。梶原って刑事も不気味だし。
まぁ、街のダンカンのヤツよりは全然マシだと思いますけどね。

とりあえず、今後それぞれの話がどう絡み合って、どういう展開を見せるのかが楽しみです。

2014.05.20 Tue (22:24) l 428 ~封鎖された渋谷で~(PSP) l コメント (0) トラックバック (0) l top
采配のゆくえ(DS)

ポケノブを完全クリアしてからプレイしようと思ってたんですけど、
まだまだ時間がかかりそうなので、平行して進めることにしました!

采配のゆくえは、コーエーお得意の歴史シミュレーション
・・・ではなく、歴史アドベンチャーゲームです。
まぁ、最近のコーエーは無双シリーズ中心になってて、
昔ほどコーエーといえば歴史シミュレーション、というイメージもないのですが。

主役は石田三成、舞台は関ヶ原。
ということは、歴史を考えると・・・バッドエンドが待ってる予感しかしない(==;
ただ、全体的なゲームの雰囲気はそんなに暗くないですし、

Saihai_Yukue001.jpg

なんとなく逆転裁判みたいなゲームだなと思わせるノリなので、
もしかしたら、逆転・関ヶ原!的な結末が待っているのかもしれません。

どの辺が逆転裁判みたいかというと、

Saihai_Yukue002.jpg

特にこのポーズが異議あり!みたいでw
事ある毎に、このポーズを取りますし、時折このシルエットが出てきたりするので、
逆転裁判を思い起こしてしまうんですよね~

戦闘の際には、

Saihai_Yukue003.jpg

こんなマップが表示されるんですが、わからない情報もあり、

Saihai_Yukue004.jpg

味方武将から報告を聞くことで、

Saihai_Yukue005.jpg

敵軍の情報が少しずつ見えてきます。
そしたら、今度は伝令を使って、的確な戦術を味方武将に伝達。
このような流れを繰り返すことになります。

しかし、主人公が小大名の石田三成ということもあって、
味方武将が言うことを聞いてくれないことが多いのですが(特に大大名なんかは)、
その場合は、それまでに集めた「言の葉」を使って説得します。
(言の葉は、逆裁の「つきつける」コマンドみたいな感じで使用)

Saihai_Yukue006.jpg

無事、説得に成功すると、

Saihai_Yukue007.jpg

提案した戦術を実行してくれるように。
この際、逆裁で相手を論破した時のようなオーバーアクションを見ることもできたり。

ゲームの流れとしては、こんな感じですね。
ノリとシステムは逆転裁判みたいですし、歴史物といってもコアな感じではないので、
あまり戦国時代に詳しくない方でも問題なくプレイできると思います。

とりあえず、第1話をクリアしましたが、30分もかからなかったので、
これは、思ったよりもストーリーが短いかもしれないですねぇ。
まぁ、関ヶ原の開戦から決着までという短期間の出来事なので、
仕方ないといえば仕方ないんですけども。


2014.05.18 Sun (21:51) l 采配のゆくえ l コメント (0) トラックバック (0) l top
Jリーグ第14節
浦和レッズ - セレッソ大阪


開幕戦は録画したものを見たので、
リアルタイムでレッズ戦を見ることができたのは今シーズン初かも。
Jの試合で考えても、セレッソの開幕戦くらいしか見てなかったですし。
代表戦とか海外サッカーは、それなりに見る機会もあったんですけど、
ちょうど、私の見にくい時間に試合があったり、時間が良くても見たい試合じゃなかったりで。

さて、試合の方ですが、関根君のJ初(プロ初?)ゴールでの勝利となりました。
これで、5試合続けての無失点ということになったようで、やっぱり西川君の加入は大きいなと。
セービングも安定してるし、精度の高いロングキックで攻撃の起点になることもできて、
攻守ともに大きな補強になったんじゃないですかねぇ。
ただ、西川君って、足元に自信があることもあってか、
たまに、アレ?ってポカをやらかしたりってのが、過去にちょいちょいあったと思うので、
気をつけてもらいたいと思います(レッズに来てからは、まだそういうのはないかもだけど)
あと、クロスへの対応が、もうちょっと良くなってくれれば尚良いのですけども。

あれだけボールを支配しておきながら1点しか取れなかったってのは、課題でしょうかね。
引いた相手に対しても、うまく崩すシーンはあったんですけど、
最後のクロスやパスが、えー・・・ってシーンが多くて。
特に宇賀神はうまく抜けだしたと思ったら、トラップが・・・いい動き出しをしているのに。
それと、柏木が枠にぶつけ過ぎでしたねーw
関根君はダイジェスト以外で初めて見たけど、積極的に仕掛けていてたし今後が楽しみ。
原口は、もっと仕掛けていっても良かったと思うんだけど、いつもより消極的だったような・・・

ここからはセレッソについて。
全体的に引き気味だったこともあって、
カウンターの際にも柿谷や南野が長距離を走らなきゃいけない状態で、
ゴール前に行くまでに時間がかかり過ぎて、数少ないチャンスを潰していたように感じました。
柿谷なんかは、最終ラインで守備をしている時間帯も多く、彼の良さが消えてたような。
宇賀神や槙野が高い位置を取るから、戻らざるを得ないんでしょうけど、
やっぱり、もっと守備の負担の少ないポジションで見たいものです。
でも、そうなると、フォルランがやってるポジションに・・・?
柿谷とフォルランの併用ってのは、相乗効果でもっと上手くいくものかと思ってたんですけど、
なかなか上手くいかないもんですねぇ・・・
2014.05.17 Sat (16:48) l サッカー l コメント (0) トラックバック (0) l top