TOKYO JUNGLE(PS3)

Tokyo_Jungle_027.jpeg

チンパンジーって草食動物なの?
狩りをして肉も食べてるハズだから草食動物って言われると、
なんだかちょっと違和感が・・・
まぁ、このゲームには草食と肉食の2種類しか居ないみたいだから、
主に草食ということで草食動物に分類されてるのでしょうけども。

なんで、この話を書いたかというと、
草食と肉食以外にも雑食っていうのがあればいいなーと思ったんですよね。
草食でプレイしてると、植物がなくてお腹ペコペコの時に、
「ああ、あの動物食べられれば生き残れるのになぁ・・・」って思うし、
肉食だと、その逆を考えるコトが結構あるのですよ。
どちらも食べられる雑食の動物が居たならば、もっと楽なのにな~と。
難易度的には下がるだろうから、イージーモード扱いとかでもいいので、
そういう動物を1体でも2体でも入れておいて欲しかったです。
まぁ、まだ全ての動物を解放したワケじゃないから、
雑食の動物が存在しないとは完全に言い切れないんですけど、
今後、万が一にでも続編が作られることがあれば、
そういうのにも期待したいなぁと思います。

Tokyo_Jungle_028.jpeg

最近、気付いたこと。
ドレスアップっていうのは、ただオシャレするだけのもので、
パラメータ変化なんて微々たるものだと思ってたんですが、
装備品によっては、格段にパラメータアップするものもあるから、
ちゃんとした装備をするとしないとじゃ、難易度が大きく変わるということ。
耐久力というものがあるから、壊れてしまうこともありますが、
一度手に入れた装備はショップで買い直すことができるため、
使わないのは勿体無いよな~ということで、
最近はゲーム開始と同時にドレスアップを弄ることにしてます。

んで、このドレスアップなんですが、
「群れ」になってる時に、操作キャラが死んだ場合でも、
装備はロストしないものの、また新たに装備し直さなきゃいけないのは、
ちょっと面倒くさいかなーって思います。
世代交代の時は、親の装備をそのまま引き継げるだけに、
普通に死んだ時も引き継いで欲しかった・・・
まぁ、戦闘中に死んだ場合は、いきなり引き継ぐのは不自然かもしれないし、
ゲームの難易度にも関わってくるからいいとしても、
餓死の時とかは、そこまで切羽詰まった状況でもないので、
(一気に全滅みたいなこともないし)
普通に引き継いでくれれば楽なのにな~と思いました。

Tokyo_Jungle_029.jpeg

さて、これが、TOKYO JUNGLEの全マップ(地上)なんですけど、
今までは、渋谷郊外~渋谷森林までのエリアしか行ってなかったので、
ちょっと試しに山手線辺りも覗いてみようと思って行ってみたら、

Tokyo_Jungle_030.jpeg

今まで行ってたようなエリアとは違って魔境でしたね・・・
とにかく動物の数が多くて、群れが居る場合は、とんでもない数に襲われる。
この時は、逃げてる間に、どんどんハイエナが増えていって・・・

Tokyo_Jungle_031.jpeg

まさにモンスターハウスで死んだような状態でしたね。
こんなに居たら食べられない子もいっぱい居るだろうな・・・
とかよくわからん心配をしてしまうくらい異常な大群でしたw
チンパンジー1匹狩るのに、こんな執念燃やさなくても・・・

それで、この時、初めて生存年数50年を超えたんですけど、
その後も、動物を変えて色々プレイした結果、

Tokyo_Jungle_032.jpeg

現在の最高記録が66年になりました。
100年まで、あと34年ですね・・・
後半になってくると、草食動物も肉食動物も大型ばかりになってきて、
エサを確保することだけでなく、移動することすら大変になってくるので、
この34年というのも、決して短い期間ではないのですが、
ようやく100年生き残れる目処が立ったかなという感じです。

そういえば、ストーリーやってたら、

Tokyo_Jungle_033.jpeg

ぷ、プテラノドンを食べたい??
なんて無茶な要求をしてくる子だと思ったんですけど、

Tokyo_Jungle_034.jpeg

このちっこいプテラノドンで良いとのこと。
というか、プテラノドンの子ってヒナって言うんだ?
プテラノドンって鳥じゃないよね・・・
滑空でしか飛べなかったみたいな話も聞くから、
昔ほどプテラノドンに「大型の鳥」ってイメージはなくなりましたし。
でも、実際のプテラノドンがどうであろうと、
ゲームでのプテラノドンは、リアルとは切り離して考えて、
昔のイメージのままで表現してくれる方が嬉しかったり。
だって、最近の恐竜の研究の話を聞く度に、
私達が見てワクワクドキドキしてきた恐竜のイメージが壊れていくし、
あれはあれで素敵な世界観だと思うから、
あのイメージは空想世界だけでも残して欲しいなぁと。

昔の恐竜のイメージが壊れるって話で思い出したんですけど、
小さい頃、年に1回くらい三笠市にある博物館に行くことがあって、
そこに行くと、エゾミカサリュウという恐竜の化石が飾ってあったんですよね。
当時、エゾミカサリュウはティラノサウルス系の恐竜と考えられてて、
ゴジラっぽい復元像とかが飾られてたりもしたので、
ずっとあのイメージを持ったまま月日を過ごしてたんですけど、
後になってから、実はティラノとは全然違うタイプの姿で、
海に住んでる大型爬虫類だったという話を聞いた時は愕然としましたね・・・
そもそも恐竜ですらなかったんかーい、とw

だから、恐竜なんてのはロマンを夢見てる時の方が楽しいな~って話です。
あ、三笠市の博物館は、巨大アンモナイトがいっぱい見れるので、
アンモナイト好きなら行って損はないと思います・・・!
もう軽く20年以上行ってないから今どんなんになってるかは知りませんけども。

アンモナイトといえば、昔は家にも小さいアンモナイトの化石があったけど、
知らない内に見かけなくなったな・・・あれどこいったんだろ。
いや、別にいらないんだけど、なんか気になりまして。

関連記事
2018.04.12 Thu (21:11) l TOKYO JUNGLE l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://tsumigamediary.blog.fc2.com/tb.php/1282-0a436a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)