今年最後の更新ということで、
正月に立てた今年の目標の結果でも。

まずは、PS2以降の所有ゲームソフトのリスト化について。
えーと、これはですね・・・PS2の途中で面倒くさくなって放棄しました!
100本ちょっとのトコで止まってるので、半分も片付いてない気が。
外に出してあるソフトだけは全部リスト化できたと思うんですが、
ダンボールの中に入ってるソフトは全くの手付かずという状態です。
それでも他機種のリスト化は出来たので、とりあえず数だけ書いていくと、
DS 134本、Wii 24本、GC 17本、PSP 28本、ってな感じです。
これ以前の機種については、データが古過ぎて、現在の数は把握できてません。
多分、ソフトの本数だけで見ると、
SS>FC>PS2>PS>DSっていう感じかなー。

次に、ゲームのクリア数目標(24本)のことを。

・今年クリアしたゲーム一覧

○ニンテンドーDS (11本)
チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者(ADV)
偽りの輪舞曲(SRPG)
ポケモン不思議のダンジョン青の救助隊(RPG)
ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者(SRPG)
ウィッシュルーム 天使の記憶(ADV)

ポケットモンスター ブラック(RPG)
ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣(SRPG)
幻想水滸伝ティアクライス(RPG)

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎(SRPG)
サガ2 秘宝伝説 GOD OF DESTINY(RPG)
チョコボと魔法の絵本(ADV)


○Wii(3本)
アークライズファンタジア(RPG)
ノーモアヒーローズ(ACT)
ノーモアヒーローズ2(ACT)


○プレイステーション・ポータブル (3本)
クイズ機動戦士ガンダム問・戦士DX(QIZ)
テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー(RPG)
幻想水滸伝 紡がれし百年の時(RPG)


○プレイステーション2 (2本)
ヴァルキリープロファイル2 シルメリア(ARPG)
ドラッグオンドラグーン(ACT)


○プレイステーション (2本)
ベイグラントストーリー(ARPG)
ヴァルキリープロファイル(ARPG)

○ゲームボーイアドバンス (1本)
ポケットモンスター サファイア(RPG)

例によって、青い文字のは自分的に満足いくまでやったもので、
黒い文字のは、まだやり残してる感のあるもの。

ポケモン系が3本、VPが3本、FEが2本、幻水が2本、
チョコボと魔法の絵本が2本、ノーモアヒーローズが2本。
こうして見てみると、シリーズ物ばかりやってたというのが今年の傾向のようで(他人事のように

クリア数に関しては、"問戦士"みたいな、コレちゃんとクリアしたの?ってのとか、
1月1日にラスボスだけ倒してクリアした"チョコボと魔法の絵本(魔女の方)"
なんかを含めている上、プレイ時間の短い携帯機中心にプレイしている割に、
クリア数22本という、なんとも中途半端なクリア数に・・・(==;
それもこれも、多分、新暗黒竜とか新紋章を3周もしてたからですね!
他のゲームは大体1周でスッパリやめているものばかりだし、
(VP咎は3周したけど、他ゲームの1周より短いので例外)
FEは基本リセットゲーなので、表示されてないプレイ時間も結構ありますから。

さて、このように正月に立てた2つの目標は・・・見事に達成できずに終わりました。
まぁ、目標を立ててたからこそ、少しでもやろうと思ったことは確かにあるし、
全くの無駄ではなかったとか勝手に思ってます。
個人的には、届きそうで届かないくらいの目標設定ってのが、一番良いような気がしますね。

ってなワケで今年最後の更新はコレにて終わり~
今年も、相変わらず何をやりたいのかわからない当ブログでしたが、
毎度訪問して下さる方々、コメントを残して下さる方々、どうもありがとうございます。
今年一年、本当にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします!
2013.12.30 Mon (21:36) l 日常の日記っぽいもの l コメント (2) トラックバック (0) l top
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

年内に片付ける予定だったので、一気にクリアしました。
総プレイ時間は34時間ほど。ティアクライスと同じくらいですかね~

今回は時間の制約もないし、自力で108星集めるつもりだったんですが、
85人まで集めたところで、面倒くさくなってきたので(探すのに疲れた)、
ここから先は攻略サイトに頼ることに。

攻略サイトを見ると、○○を仲間にした後じゃないと仲間にならないとか、
○○がパーティーに居ないとイベントが起こらないとか、
あとは、いつも通り、面倒くさい条件のヤツも少しだけ居ましたね。

そんな情報を基に、約束の石版を全て埋め終わったので、
さぁ、ラスダンに行こうか・・・!
と思って、セーブデータを確認すると(仲間の数が表示されてます)、
仲間104人とか書かれてるではないですか。
あれ?どういうことだと思って、石版をひと通り調べてみると、
顔グラフィックもプロフィールも登録されてるのに、技が登録されてないキャラを4人発見。
今回の仲間は、みんな1つしか技を持っていないので(伝承で他のキャラに覚えさせる)、
何も技を持っていないキャラは1人も居ないのです。
というわけで、改めて攻略サイトで情報を確認して、残りの4人の技を覚えに行き、
やっとのことで仲間が108人にヽ(´ー`)ノ

そして、ラスダンに臨む6人を決定。

Gensui_Tsumugareshi13.jpg

といっても、パーティーメンバーとして使えるのは、
たったの18人(主人公含む)なので、大した悩みもなく・・・
レギウス(写真左から2番目)とザヴィド(呪術師)のどっちを使うか悩んだくらいですかねぇ。
一応、パーティーバランス的に後衛職ばっかだとアレかなと思ってレギウスにしましたが、
結論からいうと、別にどっちでも良かったってのが正直なトコです。
ナゼかというと・・・ラスボスが余りに弱過ぎるから。
特に積極的にレベル上げしてたワケでもないのに、1ターン撃破ですよ、1ターン!
余りに弱いから、コレは前座かなーとか思っちゃったくらい弱い。
お陰で、どんな攻撃してくるかさえもよくわかりませんし!
なんだろうな~、もっと敵を避けまくってLv上がらないようにしなきゃいけなかったのかな。

しかし、こんなラスボスさえ瞬殺できる状態でも、
初期に出てくる敵(特に飛行系の敵)と戦うと、もれなく先に攻撃されます。
飛行系や見るからに動きの速そうな敵だけならまだしも、
重戦士系の敵にさえ、さも当然のように先に動かれるのはどうかと思いますね。
シンボルエンカウントなので、背後から接触した場合に先手を取られるのかと思ったんですが、
前から接触しても同様だったので、単に敵さんが素早いだけのようで。

そういえば、前に説明書を眺めてたら、このゲームには"サブ職業"というものがあって、
キャラクターが転職できるようになるという話が書いてあったので、
どんなもんなんだろうな~と思ってたら、最後まで転職できず(==;
攻略サイトなんかを見てみると、キャラ同士の友好度によってイベントが起こって、
転職が可能になるって話みたいですね~
まぁ、友好度を上げるために特定のキャラと一緒に食事をするのも面倒くさいし、
敢えて転職する必要性もないので、単に趣味の領域なんじゃないのかなと。

色々とシステムには問題がありますが、思ってたよりは楽しめたかなという感じです。
ただ、戦闘難易度が余りにも低く、かなりのヌルゲーなのは残念。
過去の幻水も、難易度が高いとは思いませんでしたが、これは別格という気が。
システムをフル活用しなくても(鍛冶屋など)、特に苦戦する場面がないというのは、
流石に簡単過ぎて、ちょっとな~というのはあります。
全体的に見ても、過去作に比べるとかなり易しめのつくりになっていると思います。

2013.12.29 Sun (21:39) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎

20章外伝 31ターン
視界の悪いマップなので、いつもは何度かリセットするマップなんですけど1発クリア。

21章 16ターン
基本的にはルナティックと同じやり方で。
耐久力のあるリザイア持ちシスターと、盗賊退治用のP三姉妹さえ育っていればなんとでも。
ある程度急がなきゃいけないので、回復はリブローとかリザーブを使いました。
左上の方に居る敵は、やっぱり無視して進んだ方が楽かなー(余裕ができてから倒せば)

22章 118ターン
ルナの時と同様に籠城戦を選択。
結構ターン数かかったなーと思ってたんですけど、ルナの時よりも早かったようで。
シリウスとかミネルバをちょこっとだけレベル上げ。
どうせ、最終戦は速攻で終わらせるつもりなので、無理にLv上げる必要もないんですけども。
次のステージでも、大して出番はないでしょうしね~

と、ここに来て少し問題が発生しました。
マルスの速さが全ッ然上がらない・・・Lv25で速さ20とか・・・
封印の盾の効果で+2されるとはいえ、メディウスの速さが30なので、
この先1Lv上がる毎に1つずつ上がっていってくれないと、追撃を食らう危険性が(==;
ここまでドーピング無しで来たので、ドーピングアイテムには頼りたくない。
そこで、不要なドーピングアイテムを全部売っぱらってしまって、出来たお金で訓練場へ!
鉄の剣だと全然勝てなかったので、余ってたキルソードで適当にレベル上げしたんですが、
Lvアップしても、頑なに速さが上がってくれない・・・なんかの呪いでもかかってるのかと。
もちろん、速さが上がらなければリセットしてやり直します。
軽く10回以上はレベルアップの場面を見るハメになりましたが、ホントに上がりづらかった。
いつもだと、Lv20超えてからのマルスの成長率は異常だなってくらい上がるというのに・・・
とりあえず、速さをカンストさせてメディウスと戦う準備はできました。
まぁ、その前にファルシオン取らなきゃいけないんですけど、
次のステージはレスキューとか使って、サクッとクリアするつもりなので問題無いです。

2013.12.26 Thu (22:33) l ファイアーエムブレム 新紋章の謎 l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎度の如く、テキトーに書いていきます。

tsumigame_039.jpg

○ペルソナ3ポータブル
ここ最近、女神転生系のゲームが無性にプレイしたくなりまして。
ペルソナはPSの1しかやったことないんですけど(未クリア)、
3以降はシステムが大きく変わったとかなんとかで、以前から気になってたもので。
昔の女神転生とかと比べると、悪魔の形も随分と変わりましたよね~
そういえば、今のペルソナにも悪魔合体とかあるのかな?
というか、ペルソナって悪魔合体みたいなのあったっけ・・・
真・女神転生ifのガーディアンみたいな方式だったような気もしなくもないけど、
長いこと女神転生系のゲームをプレイしてないから、何もかもがよくわからないw

○時限回廊
無限回廊と時限回廊、何がどう違うのかわからなかったので、
とりあえず安かったコッチを購入・・・無限回廊もその内買うつもり。
以前、無限回廊が携帯アプリに移植された時に落とそうかと思ったけど、
あまり携帯でゲームやらないしなーと思って、結局落とさなかったんですよね。
ずっとやってみたかったシリーズなので楽しみです。
・・・ただし、いつ動かすかはわからないですけど。

tsumigame_040.jpg

○最後の約束の物語
聞いた話によると、凄くアレなゲームなんだとか・・・
ま、まぁ、自分でプレイしてみないことには判断できませんし、
その内、プレイしてみてみるつもりです。
どうせ、100円もしなかったくらいの叩き売りを買っただけなので、
如何にアレな出来だったとしても、何も問題はないのです!
それに、そういう評判を聞くと、却ってプレイしてみたくなりますしね~

○アストニシアストーリー
安かったから買っただけなので、内容はよく知りませんw
パッケ見る限り、RPGらしいですね~
買ったからには、いつかはプレイするつもりでいますけど、
何年先のコトになるかはわかりません。

tsumigame_041.jpg

○サガ3 時空の覇者 Shadow of Light
サガ2をクリアしたらプレイするつもりだったので、買いました。
サガ3というと、河津さんがロマサガ作ってる最中に開発が進められたとのことで、
河津さんがノータッチという・・・お陰で、GBのサガ3はサガっぽくない普通のRPGって印象。
ステスロスのコトと移動の際にジャンプできること、
あとはレベル制だったってことくらいしか覚えてません。
あー、あとは、あれだ。人間がモンスターになったり、メカになったりできる不思議設定がw
とりあえず、今作は河津さんが作り直してるってコトで、従来のサガっぽさに期待してます。

○イナズマイレブン
叩き売りってレベルじゃなかったので確保しときました。
イナイレは2と3は持ってましたけど、やっぱり1からやった方がいいかなーと思って、
プレイしてなかったので(2は少しだけプレイ)、コレで始められるかな。

今の予定としては、幻水をクリアしたら、ペルソナ3を。
FE新紋章の裏ルナをクリアしたら、サガ3を。って感じで行きたいと思います。

これにて、今年のゲーム購入は終わりです!
・・・とかいいつつ、今日も何かを注文したような気がしなくもないけど、多分気のせい。

2013.12.24 Tue (22:44) l 家にあるゲーム紹介 l コメント (2) トラックバック (0) l top
幻想水滸伝 紡がれし百年の時

やはり、ストーリーは終盤に入っていたようで、ラスダン(だと思う)に入れる状況に。
(一度行ったら、戻ってこれません的なコト言われました)
しかし、ここまで来ても仲間の数が59人しか居ないという状態。
基本的にストーリーを進めてばかりだったので仕方ないんですけど、
ここから50人ほど探さないといけないのかと思うと、ちょっと大変そう。

・・・とか思いながら、3時間ほど掛けて仲間が73人に。
1人見つけると、芋づる式に仲間が増えていきます。
ただ、仲間が増えたといっても、過去キャラばかりなので、
技を伝承したら後は用なし、みたいなキャラばっかりなんですけどね。
仲間になったってメッセージもないし、技を伝承=石版に書き込まれる、
っていう感じなので、仲間が増えたって実感は全くないです。
パーティーにも入れられなければ、本拠地にも居るワケでもないですし。
こんな感じなので、本拠地もコレ以上はパワーアップしないでしょうしね~
幻水シリーズって、人数が増えてくると本拠地が大きくなりますけど、
今回は施設が増えるコトはあっても、外見も何も変わってないような気がします。
まぁ、どっちみち中を歩きまわることはできないので、別にいいんですけど・・・
とりあえず、ミニゲームらしいミニゲームがなかったのは残念!(もう諦めた

そんな感じなので、パーティーメンバーとして使えるのは相変わらず20人程度です。
幻想水滸伝は仲間の多さが魅力の1つだというのに、
誰を使おうか悩むことが少ないってのは寂しいもんです。
そして、よくよくメンバーを見てみると、シナリオを進める上で自動的に仲間になるキャラしか
パーティーに入れられないのかな~という感じもしますね。

いっつも文句ばっかり書いてる気がしなくもないんですけど、
正直な話、そこまで酷評される程のゲームではないと思ってます。
まぁ、幻想水滸伝シリーズとしてはどうなんだろうとは思いますし、
システムなどにも多々不満はありますが、個人的にはティアクライスより楽しめてます。
移動も慣れてきたら、スムーズに動けるように・・・なってきたような、そうでもないようなw
ストーリーは最後までやってみないと判断が付きませんが、
良くも悪くもフツーのRPGだなーというのが、今のところの私の感想です。

2013.12.23 Mon (22:33) l 幻想水滸伝 紡がれし百年の時 l コメント (2) トラックバック (0) l top