ファイアーエムブレム 暁の女神(Wii)

第四部 終章 Area1 28ターン
態勢が整わない段階でスリープ食らうと面倒なので、
範囲に入らないように初期配置地点辺りで防衛。
落ち着いたら、反時計回りに進軍していって終わり。
ここでヨファのCCが完了し、これで全てメンバーが最上級職に。
功労者 ガトリー

第四部 終章 Area2 24ターン
化身してないクルトナーガとイナを守り切るのは難しそうなので、出撃させず。
まず、初期配置地点付近にある防御床に沿って菱形に陣形を組み、
内側には間接攻撃のできるユニットを配置し、中央にはラフィエルを置く。
シノンだけは敵本陣近くの防御床に配置し、間接攻撃ユニットを倒してもらう。
間接攻撃できる敵ユニットが生き残ったままだと、
サナキやキルロイ辺りが追撃を受けてやられかねないので、シノンだけでなく、
ヒット&アウェイ可能なジョフレなどを使って、とにかく間接攻撃ユニットを再優先で叩く。
アイクは傷薬などを大量に持たせて武器を外した状態で防御床の上に。
増援が尽き、漆黒以外の敵を全滅させたら、漆黒を倒してクリア。
功労者 シノン

今回もミカヤの光LvをSSに出来なかったので、
仕方なくリザイアに加護を付けました(パージはキルロイに)

第四部 終章 Area3 19ターン
左右二手に分かれて両側とも一気に制圧。
あとは、1体2体ずつ寄ってくる竜を撃退していくだけ。
ミカヤ、キルロイ、サナキでパージを使い回すと、かなり楽ですねー。
功労者 ルキノ

第四部 終章 Area4 23ターン
竜鱗族は足手まといなので出撃させず。
ここの敵は魔法攻撃しかしてこないんですけど、
今回は魔道士が多く魔防の高いキャラが多いので、かなり楽でした。
レベル上げを兼ねて、敵を全滅させようかなーと思ってたけど、
どうも無限湧きっぽい感じがしたので、キリの良いとこでクリア。
功労者 ヨファ

第四部 終章 Area5 9ターン
サナキ、ジョフレ、ヨファは増援を相手にするため上右左に配置。
ナーシルは魔防床の上に配置しておき、隣にパージを持たせたミカヤを置き、
支援効果のあるサザ、呪歌を使えるラフィエルも近くに配置。
ペレアスにはバルベリトを使わせようと思ったんですけど、
エルランに持たせたほうが良さそうなのでエルランに渡し、
高い防御力を活かして前線での回復役に専念してもらう。
キルロイも前線に送ってリザーブやリブローでの回復役に。
あとは適当に戦ってオーラを全滅させたら本体との戦い・・・なんですが、
この本体との戦いが無駄に長引きました。
なんでかっていうと、アイクの攻撃がサッパリ当たらないんですよね・・・
今回はアイクの命中率が44%しかなかったとはいえ、
追撃分含めて6回以上連続でミスったから、途中でリザーブが切れそうになって、
念のため持ってきていたハマーンで回復するハメにw
もしかして、このままジリ貧になって負けるんじゃ・・・?
とか思ってしまったんですけど、追い詰めてから4ターン目くらいで、
ようやくアイクが仕事をしてくれました・・・
今回、セネリオと支援Aにしたんですけど、命中の補正がかからないのは厳しい。
功労者 不明

ってなワケで、暁の女神の2周目もしゅーりょーです!
プレイ時間は55時間・・・2周目にしては長い・・・でしょうか。
マニアックモードは不便さに慣れたらハードと大差ない感じですかねぇ。
いざって時のボーナスEXPに頼れないから、手詰まりになりやすいかもですけど。
とりあえず、これにて暁の女神は終了します。

↓追記に戦績とか載せておきます。

2014.07.31 Thu (23:14) l ファイアーエムブレム 暁の女神 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ホントはラグナロクオンラインDSをやりながら、
ちょこちょこと思い出話でも書いていこうかなと思ってたんですが、
再開しそうもないので、こっちのコーナーに(こっちも1年以上書いてなかったし)

ラグナロクオンライン(以下RO)は私が初めてプレイしたMMORPGです。
記憶が古くなってきているので、誤りが多々あるかもしれませんが悪しからず。

始めたキッカケとしては、自分のホームページで新PCを買ったコトを報告したら、
東風荘やってた時の知人に「ヒマならコレやらない?今β版だから無料でできるよ。」
といって誘われたのが、このROでした。
以前からMMOに興味があったものの1人で始めるのは不安だったコトもあって、
これは渡りに船だと思い、MMOの世界へ足を踏み入れるコトになったのです。

当時のROはβ1テスト中で、Chaos、Lokiの2つのサーバーがあったんですが、
その知人がプレイしていたChaosでスタートすることに(当然か
初めてフィールドに降り立った時は、ちょっと感動しましたね。
自分以外のプレイヤーもそこかしこに存在して、ああ、コレが憧れのMMORPGだと。
ROは最初ノービスからスタートし、そこから転職試験を受けてジョブを選ぶんですが、
当時はまだβなので転職試験がなくて、レベルを上げて所定の場所へ行くだけで、
そのなりたいジョブになることができる仕様でした。
最初に選んだジョブはアーチャー・・・だったんですが、
これはなんか違う、自分に合わないと思って、すぐにキャラを消して作り直し。
色々情報を見て、ソロでもなんとか戦えそうなソードマンかシーフで迷った末、
パワーよりスピードかなと思ってシーフで進めることに。

当時の育成方法としては、まず下水道でレベル上げというのが鉄板でした。
下水にはゴキブリ(モンスター)がいっぱい湧くんですが、そのぶん人も沢山居るので、
歩きまわるよりも何処かに腰を落ち着けて、まったり狩るのが一般的でしたかね。
隣り合った人と他愛もない話をしながら(自分からは話しかけないけどw)、
楽しくレベル上げをしてましたねぇ。
当時はあまり殺伐とした雰囲気はなく、あまり変な人も居なかったと思いますし。

レベルがある程度まで上がったら、最深部のB4Fに出入りできるように。
このB4Fには、金色のゴキブリ(ボス)が出現し、コレ目当ての人が沢山いました。
ボスを倒すと一番ダメージを与えたプレイヤーがMVPとして表彰されるんですが、
当時は特に大したレアアイテムを獲得できるワケではなく(ドロップもしょぼい)、
皆で和やかに楽しもうという、ちょっとしたお祭り感覚の人が多かったと思います。
他の場所にもボスは居るんですが、金ゴキはボスとしては一番弱いため、
低レベルでも皆で殴ればなんとかなるような相手であり、
且つ倒したら即湧きなので、ずーっと追いかけ回してる人もいっぱい居ました。
私も、この金ゴキ退治が楽しくて、しばらくこのB4Fを主戦場にしてましたね~
ずっとソロで寂しくやってるより、ここでワイワイやってるのが楽しくって。

そんな感じで下水B4Fに入り浸る毎日が続いていたんですが、
ある時そこで知り合った人からパーティーに誘われました。
当時はギルド機能は存在せず、パーティー機能もほとんど未実装状態だったんですが、
パーティーに入ると、メンバーのログイン状況などが見られるし、
パーティーチャットが使えるので、実質ギルドのような感じで使われてました。
私は自分から話しかけられないタイプなこともあってか、
ずっとソロで寂しくやってたので、そのパーティーに入れてもらうことに。
こうして、初めてパーティーに加入し、寂しいソロ生活も終わり!
・・・となるハズだったんですけど・・・

長くなってきたので、ココで一旦終了。
続きを書くかどうかは未定。気が向いたら。

ちなみに、この時点では誘ってもらった人とは1回も遭遇できてませんw
2014.07.29 Tue (21:42) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (0) トラックバック (0) l top
ポップンミュージックポータブル(PSP)

引き続きアドベンチャーモードをチマチマと進めてます。

レコードが18枚になったので、

popn_portable01_008.jpg

他のエリアに行けるように。
ってか、最初のエリアだけでも結構広かったのに、
まだまだ探索するマップがあるとは・・・嬉しいような面倒くさいような。
総レコード数とアイテム欄を見る限り、まだ他にもエリアがありそうだし、
全攻略しようと思ったら、軽いRPG並の時間がかかりそうな予感が!

流石に数をこなしてきたので、5ボタンでは物足りなくなってきて、
7ボタンにも少しずつ手を出しているんですが、
やっぱり、右側と左側のボタンを横断する感じの階段がちょっとやりにくい。
専コンだったら、こういう時はほとんど片手だけでやっちゃうんですけど、
PSPで、そういう操作をすると距離が離れててリズム取りにくいんですよね。
あと、連続で同時押しするトコで3つ同時押しが混じってくると、もう頭がパンク・・・
こんな状態なんで、9ボタンは到底ムリっぽいですねー。
LRボタン使わなきゃいけないとなると咄嗟に反応できないし、
あんまり器用じゃないから、そもそもLRボタン使うのが苦手というね。
まぁ、そんなワケなので、5ボタン、7ボタン辺りで満足することにしておきます。

そういえば、5ボタンなのにクリアできないステージが出てきました。

popn_portable01_009.jpg

この曲でスコア7万ってのがネックで。
邪魔(ダーク)が入らなければ、もう少しスコア伸ばせるんでしょうけど、
今のトコ、65000くらいまでしか出せてないんですよねぇ。
まぁ、邪魔が入っても、5ボタンくらいならフルコンボしろよって感じでしょうが、
邪魔が入るとどうしても動揺してしまうので・・・(プレッシャーに弱い
どのみち、もう少しクール率上げないとダメなんですけどねー。
元々、音ゲーはとりあえずクリアするだけで満足するタイプなので、
あんまりスコアとかコンボ数を求めたことないから、
こういうタイプのクリア条件が、この先も多いようだと結構厳しいかも。
ちゃんと、アドベンチャーモードを攻略できるのか、ちょっと不安になりました。

2014.07.28 Mon (21:44) l ポップンミュージックポータブル l コメント (0) トラックバック (0) l top
ファイアーエムブレム 暁の女神(Wii)

第四部 4章 40ターン?(記載漏れ)
最初はアイク、ガトリー、ティアマト辺りを中心に防衛してから、高台を制圧。
その後は増援が尽きるまで、高台に防衛ラインを敷いて防衛に専念。
増援が尽きたら、あとは1体ずつ片付けていくだけで終わり。
功労者 アイク

第四部 5章 50ターン
ここってこんなに難しかったっけ?って思うくらい苦戦しました。
敵はラグズしか居ないので、防衛ラインさえ敷いてしまえば、
あとは楽にクリアできる・・・と思ってたんですけど、
問題はアーマーナイト系が全く育ってないってコトなんです。
自軍で一番守備力が高いのが加入したてのフォルカ(守26)で、
二番目がワユ(守25)ってくらいなんですよね。
剣士系は武器を持たせると、やっつけ負けしやすいので、
あまり壁役に適してるとは思わないんですが、
再移動できる鳥翼族も敵軍に多数いるし、間接攻撃のできる竜も居るから、
壁役に武器を持たせず、敵を溜め込むってのも、ちょっと怖い。
どうしたもんかなと思って、色々とリセットして試してみたところ、
ワユ、フォルカ、エリンシア(慈悲があるから壁には最適)でラインを作って防衛し、
自ターンになったら全軍で一気に周辺の敵を倒し、
騎兵、飛兵の救出やラフィエルの呪歌を駆使して、
1ターン毎に防衛ラインを上げたり下げたりして、なんとか防衛できました。
一番怖かったのが竜を相手にする時なんですが、
竜が来た時だけは必ずラインを下げて、自ターンで撃退するようにしました。
龍の攻撃は、如何に命中率が低くても、当たる時は当たりますからね・・・
ちなみに、ボスはエリンシア→ペレアスで撃破しました。
あと、面倒臭かったので、端っこの方に残ってた「なりそこない」は倒さずにクリア。
功労者 ワユ

ここで最終メンバーを選ぶことになるワケですが、
やはり、自由に選べるメンバーが10人しか居ないってのは寂しいですねぇ。

まず、固定メンバーの
アイク、ミカヤ、サザ、サナキ、クルト、イナ

そして、問題の10人は、
シノン、ヨファ、セネリオ、ガトリー、ルキノ、カリル、ワユ、キルロイ、ペレアス、ジョフレ
ってな感じになりました。
今回はティアマト、オスカーを連れて行こうと考えてたんですけど、
色々考えた結果、こういう編成に。
前回選んだメンバーはヨファとセネリオだけかな?
そういえば、ティアマトもハールも外したから、斧が得意なキャラが居ない・・・まぁ、いいか。
ちなみに、このメンバーの中でヨファだけ未だにCCできてません(Lv17)
最後のマスタークラウンの使い道は、ヨファかイレースかローラかステラで迷ったんですけど、
やっぱり、サジタリーの射程3は魅力だなーと思って、結局ヨファに。
ホントはイレース鍛えてレクスボルト使わせようかとも思ったのですけどね。

鷺の民はラフィエルを選択。
化身できない状態で使うなら、再移動できないのがネックとはいえ、
呪歌の範囲が広いラフィエル一択かなーという感じで。
レベル的にはラフィエルが一番高いけど、化身できないラフィエルって微妙だし。
リアーネも選択肢としては面白いかなと思ったんだけど、中途半端な感が。

2014.07.27 Sun (22:24) l ファイアーエムブレム 暁の女神 l コメント (0) トラックバック (0) l top
428 ~封鎖された渋谷で~(PSP)

本編クリアしましたー!
いやー、最後の方はコレでもかってくらいバッドエンド地獄で、
あれこれ選択肢を弄った末、なんとかエンディングまで辿り着きました。

スタッフロールを眺めてたら、秋元羊介という名前を発見(留美の父親役)
秋元羊介っていうと、あの声優の?と思って調べてみたら普通に本人でしたw
初めて顔見たから、全然わからなかったですよ・・・
せめて「こぉの馬鹿弟子がぁあああ!」とか言ってくれないと。
街の時も谷山紀章とか出てたし、声優が顔出しで参加するのが定番となっているのかな?
まぁ、声優も俳優兼でやってる人だって居るんだから、別に不思議ではないのですけども。
あと、ミク役の風香って人は名前だけ知ってました。
(どっかのTV番組で見たことあるような気もしますが)
女子プロレスは、そんなに見たことないから詳しくないけれど、
昔はプロレスをよく見てたこともあるせいか、なんか名前だけ知ってる人は結構います。
この2人以外で気になった名前は・・・特にないですねぇ。
前に書いてた田中要次となすびを除けば見たことない名前ばっかりで。

さて、とりあえず、コレにて428を攻略完了っ!

・・・とは行かないですよね。
チュンのサウンドノベルだし、クリアしてからが本番(?)というか何というか。
今はカルトクイズ攻略しつつ、スペシャルエピソード探しに奔走中ですが、
これだけでも思ってたよりボリュームがあります。
そして、これが片付いたら、お次はバッドエンド回収作業に・・・
ザッピングシステムのゲームって、バッドエンド回収するのが結構面倒くさいんですよね。
(他の主人公の行動によってバッドエンドになることが多いから)
街の時ってどうやって回収してたっけ・・・まぁ、虱潰しにやっていくしかないか。

前回の記事にて、次回辺りで428の記事は終わりかなーって書いてたと思うんですけど、
まだやることが結構残っているので、もうちょっと時間かかるかもです。

2014.07.25 Fri (22:37) l 428 ~封鎖された渋谷で~(PSP) l コメント (6) トラックバック (0) l top