UNDERTALE(PSV)

※ネタバレ有るかもなので、未プレイの方は読まない方が良いと思います。

Gルートを始める前にトロコンしておこうってコトで、
攻略サイトの情報を頼りに「イヌ神社」に行ってみたんですけど、

UNDERTALE_070.jpg

ここが入り口だったのか・・・!
確かに怪しい場所だから、○ボタン押して調べた気はするけど、
そのまま入れるとは思ってませんでしたわ・・・

UNDERTALE_071.jpg

んで、面倒な作業(お賽銭1Gずつ入れる)の末、無事にトロコン完了。
面倒なだけで大した苦労もしてないから、
全然トロコンした気にはなからなかったけども。

これで、残すはGルート攻略のみになったので、
「本当のリセット」をして、最初からやり直します。

とにかく出てくる敵は全て倒していくというルートなんですが、
(普通のRPG的な感覚でプレイしてるだけともいう)

UNDERTALE_072.jpg

一部のボスへのダメージが完全にオーバーキルになるのが、ちょっと面白い。

UNDERTALE_073.jpg

フラウィの発言もかなり変わってくるし、
サンズやパピルスとの会話も全然違ってたり、
モンスターの村にモンスターが居なくなるなど、
とにかく、他のルートとは全く別物な感じがしますね。

UNDERTALE_074.jpg

セーブポイントでは、エリア内に何体モンスターが残ってるかの目安が出るんですが、

UNDERTALE_075.jpg

その数だけ倒すと、エンカウントしても敵が出てこない状態に・・・
この画面を見る度に、悪いことしてるって気持ちが強くなったりもするんですが、
これも繰り返してる内に、段々慣れてきて何も感じなくなってきたりします。
やはり、サンズが言うように、EXPを溜めてLVを上げてる内に、
どんどん感覚がマヒしていくんだなーと改めて。

さてさて、そんな感じでガンガン敵を倒して進めてたんですが、

UNDERTALE_076.jpg

ここで壁にぶち当たりました・・・アンダイン強し・・・
NルートやPルートのアンダインとは別人ってくらい強い。
ヤリの攻撃とかは普通に回避できるから、ほぼノーダメでいけるんだけど、
あの盾(?)で防がなきゃいけない場面がとにかくツラい。
あれは完全に攻撃の方向を丸暗記しないとダメなのかなってくらい攻撃が速いし、
連続で食らうと、あっという間にHPがなくなっちゃう。
HPがそこそこあれば耐えられそうなんですけど、
マトモな回復アイテムが手元にない現状ではジリ貧に・・・

UNDERTALE_077.jpg

ちなみに、現在の所持アイテムがコチラなんですが、
回復アイテムを5つ持っているものの、
「あめ」はHP10しか回復できないので戦力外(回復してる間に殺される)だから、
バタースコッチパイくらいしかマトモな回復アイテムがないんですよね~
一旦ショップまで戻って回復アイテムを仕入れてこようかと思ったけど、
ショップのある場所まで戻ることができないっぽい・・・
コレは、どうしたもんかと色々と考えてたら、
そうだ、テミー村になんか売ってるんじゃない?と思いついたんですが、

UNDERTALE_078.jpg

うん、「モンスターあめ」以下の回復アイテムしかないですね!解散!!
テミー村は、Pルートをクリアしてから、ちょこっと寄ったことがあるだけなので、
あんまり詳しい情報持ってなかったんですけど、
もう少しマトモな回復アイテムを売ってて欲しかった・・・

こうなると手詰まり感があるんですけど、
「アンダインの攻撃を完璧に暗記する」ってのが現実的に思えないので、
最初からやり直して、回復アイテムを揃えた方が早いかなって気がしてます。
このまま、ただ死にまくって時間を浪費するよりは、
1時間くらいの戻し作業を経て再戦する方が良さげかなと。
まぁ、回復アイテムがあったところで、どのみち厳しそうですが、
戦闘前イベントを見る→短時間で死亡→また戦闘前イベント見る→・・・
って繰り返すよりは精神衛生上は良いように思うんですよねー。

とりあえず、少し考えてから、やり直すか粘るか決めようと思います。

・・・このまま放置される可能性もありますがw

2018.04.28 Sat (19:39) l UNDERTALE l コメント (0) トラックバック (0) l top
TOKYO JUNGLE(PS3)

このゲームでは、特定の動物で発生するチャレンジをクリアしていくことで、
他の動物のロックが解除されて使用できるようになっていくのですが、
そのチャレンジってのが草食と肉食で難易度が大きく違う気がします。
草食の場合は、群れのボスに触れるだけとか楽なものが多いんですけど、
肉食の場合は、群れのボスを倒さないといけないことが多くて、ちょっと大変。
お陰で、草食の方は結構色々な動物を使うことができるようになったのですが、
肉食の方は、もう暫くゴールデンレトリバーで止まったまんまになってます。
それというのも、チャレンジでのターゲットである土佐犬がかなり手強い。
まとめてふっ飛ばしてくるハリケーンミキサーみたいな攻撃があるので、
群れを作って戦っても、2,3体を相手にするだけで手一杯に。
そして、ピンチになって一旦距離を取って仕切り直すかーとやってたら、

Tokyo_Jungle_035.jpeg

なんかどんどん増えていって手に負えなくなるという。
そして、とにかく逃げるだけで手一杯になって、
その内に、お腹が減ったり、老衰になったりして死ぬんですよね・・・
ちなみに、この画像だと、あまり土佐犬の数が多くないように見えますが、
追われてた内の半分以上は振り切った状態です。
この時は、土佐犬をある程度振り切ったと思ったら、
オオカミからも追われるようになって、もうどうにもならなくなり、
最終的には老衰からの空腹で死にました。

今までは群れのボスを倒す時には、
ザコを各個撃破して最後にボスという流れでやってたのですが、
土佐犬はザコでも手強く、処理に手こずると援軍が来てしまって無理になるので、

Tokyo_Jungle_036.jpeg

ザコには目もくれず、ボスだけを狙う作戦に変更。
こうやって遠目で土佐犬を見ていると、
あのくらいの数なら、なんとかなりそうだから戦いたいな~とも思うんですが、
そう思って失敗続きなので、もう割り切ってボス一点狙いです。

Tokyo_Jungle_037.jpeg

そして、ボスを探し回ってたら、闇夜に光る(?)ボスのケツを発見・・・

Tokyo_Jungle_038.jpeg

後ろからガブッと一噛みで無事に撃破成功しました!

これで、ようやく、ようやく土佐犬が使えるように。
土佐犬のチャレンジをクリアできるまで、
ずっとゴールデンレトリバーでプレイしてたので、
コイツだけ20代目(他の動物は10代以下)にもなってましたよ・・・長かった。

そのまま引き続きプレイしてたら、

Tokyo_Jungle_039.jpeg

初めてワニを倒すことができました。
ワニはもっと強いと思ってたので手を出すことすらなかったのですが、
他の動物は倒した側から腐っていく状態になって、
何も食べられないから、どんどんお腹が減っていくし、
自分の群れも居ないから、このままだとゲームオーバーだと思って、
とりあえず、世代交代して状況を変えようと思ったら、
マーキングエリアの上にワニが居て邪魔だったので、
死なばもろともとばかりにガンガン噛み付いてやったら、なんとか倒せました。
いや~、デカイ動物、特に肉食はとんでもない強さだと思い込んでたんですが、
頑張ればなんとかなるもんなんですね~

この感じなら、大型の哺乳類程度ならイケるだろうと思えたことで、
その後は、あまり食料にも困らなくなったお陰か、

Tokyo_Jungle_040.jpeg

遂に生存年数80年を突破。
・・・これはダチョウとジャイアントモアに追われて焦りながら撮ったSSですw
いや、ちょっと前にダチョウを襲った時も、周りのダチョウは動かなかったし、
大丈夫だろーと思って噛み付いたら、一気に襲われてビックリですよ・・・

その後、ダチョウ、ジャイアントモアから逃げた先で、エサを探そうと思ったら、

Tokyo_Jungle_041.jpeg

恐竜さんにぶっ殺されました。
このくらいの年代になると、古代の生き物が湧きまくるので、やはりツラい。
とはいえ、どうせ死ぬんだったら1回くらい噛み付いてやればよかったかなぁとも。
1体なら意外となんとかなるかもしれないですしね。
ビビって逃げた段階で死が確定した感じです。

そして、今度は土佐犬でプレイしてみたんですが、

Tokyo_Jungle_042.jpeg

やっぱり敵として出てきた時同様に強いですねー。
メスライオンさんも、

Tokyo_Jungle_043.jpeg

トラさんも、ガブッと噛み付いてやれば一撃です!
もしかしたら、ゴールデンレトリバーでも一撃なのかもしれないけど、
ゴールデンレトリバーじゃ無理かなと思ってやったことないので不明です。

それで、これくらいの強さがあれば、エサに困ることはないだろうし、
楽に100年くらい生きられるんじゃない?とか思ったんですけど、
アッサリ30年くらいで死にましたね・・・まったくもって油断大敵です。

2018.04.23 Mon (21:28) l TOKYO JUNGLE l コメント (2) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!(PSP)

7日目、例のアジトに行ってみると、
そこにはスイカ泥棒の仲間たちが居たのですが、

Boku_Natsu1P_031.jpeg

な、なんかカッコイイ(?)人を発見・・・
小4でこのセリフが出てくるとか、色んな意味でヤバいですねw
詩ちゃんと同じく、テレビとかの悪影響をモロに受けてそうな気が。
というか、この子の髪型どうなってるのかな・・・モヒカン??
ガッツ君は、メガネ(もう1人のメンバー)のことを変な子だっていうけど、
ファット君の方がよっぽど変人っぽく感じます。

さて、このアジトに来た一番の理由・・・それは虫相撲!
ということで、早速勝負じゃ~

Boku_Natsu1P_032.jpeg

・・・って、ホタルは虫相撲に使えないの??
ぼくなつ3ではオサムシでもイケたから甲虫ならなんでもいいものかと・・・
まぁ、よくよく考えると、大きさ的に無理そうだし、
そもそも、餌場を巡って争ったりする虫でもなさそうですね。
ホタルの生態に関しては全くの無知なもんだから、
もしかしたら戦えるのかな~という淡い期待を持ってましたわ・・・

んで、虫交換もまだ使えないし(1勝もしてないから?)、
それなら、どうやってカブトやクワガタを手に入れればいいんだー
・・・と悩んだまま7日目が終わってしまったのですが、
もしかして、説明書に何か情報が載ってないかな~と思って見てみたら、
Q&Aのコーナーに砂糖水の作り方が載ってたので、

Boku_Natsu1P_033.jpeg

8日目の朝に、早速、作ってみました。
そして、そのQ&Aのコーナーには蜂の巣への対処方法も載ってたので、

Boku_Natsu1P_034.jpeg

蜂の巣をツンツンして破壊やりました。
・・・って、巣の周りには蜂がブンブン飛んでるというのに、
防具もナシで攻撃を仕掛けるとか、ちょっと命知らずじゃないかな・・・
テレビなんかで、南米辺りの現地人が軽装のまま蜂の巣を獲ってるのは見るけど、
あれだって、煙で燻したりして弱らせてからやってますからね!
ボクくんが如何に無謀なコトやってるか・・・
やったぁ!とか喜んでる場合ではないと思いますw
ただ、この蜂は何故か巣を攻撃されても何もしてこなかったので、
特にボクくんが被害に遭うこともなく一安心。

それで、蜂の巣を壊したことで先に進めるようになり、その先には、

Boku_Natsu1P_035.jpeg

ありましたよー、クヌギの木!
く、く、くぬぎの木とか~、こ、こ、こならの木には~
か、か、かならずいるぜ~、ノ、ノ、ノコギリクワガタ~

という歌の通り、ホントに居ましたよ、ノコギリクワガタ!w
(この歌を知らない方は「男のロマン PENICILLIN」で検索して下さい)

とりあえず、これで虫相撲に参加する権利だけは得られたのですが、
まだまだ持ち駒が足りないので、本格参戦はもう少し後になりそうです。

そして、9日目。

Boku_Natsu1P_036.jpeg

おじさんが凧を作ってくれるということで、
デザインを選べと言われたんですけど、

Boku_Natsu1P_037.jpeg

無難にコレにしておきました。
この凧なら自分で作ったこともあるし、扱いやすそうだなということで。
でも、自分で作った凧をちゃんと揚げられたような記憶はないんですけどね・・・
凧揚げはおそらくミニゲームになるだろうから、ちょっと楽しみ(ミニゲーム好き)。

それから、凧を作ってもらう時に、おじさんに話しかけまくってたら、
「納屋に古い斧があるけど、危ないから触っちゃダメだよ」
というフリがあったので、

Boku_Natsu1P_038.jpeg

ねんがんの斧をてにいれたぞ!
これでスイカ泥棒も無事に退治できそうです・・・
って違う違う、あの「木を切ったら渡れそうなトコ」で使うんですね。
ただ、勝手に木を切ってもいいもんなのかっては疑問ですが。
あのエリアが誰かの私有地なのか国有地なのかもわからないけど、
まず間違いなくボクくんが勝手に切って良いトコじゃなさそうなのは確かですしw
木を切ったことで後々問題になったりしないのかな・・・

問題といえば、おじさんの作ってる陶器を壊しちゃったんですが、
特におじさんの反応もなく、壊れた陶器も片付けられてないのはなんでなんだろ。
まさか、おじさんが壊れてるのに気付いてないとか?
いや、あれだけ豪快に壊れまくってたら気付かない方がおかしいんだけど、
後でこのイベントの続きがあったりするのかなー。
とりあえず、2日程経過しても無反応なので、ずっと気になってます。

さて、9日目は、とにかく昆虫採集に駆け回ってたんですが、

Boku_Natsu1P_039.jpeg

蜂の巣が復活してるのを見て、
あれ?また落とさなきゃいけないのかな?と思ってツンツンしてみると、

Boku_Natsu1P_040.jpeg

ツンツンされました・・・w
でも、そうだよね、コレが普通の反応だよね!
やっぱり蜂の巣を攻撃するとこうなるよね!

んで、蜂の巣があったら、また通行不可じゃん、
どうやってクワガタ獲りに行けばいいのかなーと思ってたんですけど、
蜂の巣を落とさなくても、普通に奥に行けるようになってました。
どうやら無駄に蜂に刺されただけだったようで・・・
その後、奥に行ってクワガタ探してたんですけど、
砂糖水を使った効果もなく、初日よりも不作で踏んだり蹴ったりでした。
おかしいなー、地蔵のおみくじ(結局やってる)は大吉だったのに!

ということで、9日目まで終わり。




2018.04.19 Thu (21:05) l ぼくのなつやすみポータブル l コメント (0) トラックバック (0) l top
UNDERTALE(PSV)

※ネタバレ有るかもなので、未プレイの方は読まない方が良いと思います。

アンダイン戦の後は1周目とほぼ同じだったので、特に苦労することもなく、

UNDERTALE_060.jpg

無事に不殺のまま最終エリアへ突入。

・・・したんですが、ラスボスとの戦いは避けられず、
結局は、以前よりちょっとだけ良いエンディングって感じの終わり方に。
展開も1周目とは違ってたから、大丈夫だと思ったんだけどなぁと思ってたら、

UNDERTALE_061.jpg

最後にフラウィに煽られる始末・・・むぅ。
ただ、煽るだけでなく、

UNDERTALE_062.jpg

グッドエンドの条件も示してくれたので、
意地が悪いんだか優しいんだかよくわかりませんね。
ここに書いてある3人とは、パピルス、アンダイン、アルフィーのことなんですが、
パピルス、アンダインとは仲良くなるイベントをやったので、
アルフィーともイベントがあるってコトかな?と思って、
コンティニューから再開しようとタイトル画面に行ったら、

UNDERTALE_063.jpg

あれ?タイトル画面って、こんな感じだったっけ??となりました。
なんで、みんな揃ってるんだろうと思ったけど、
よくよく見るとアルフィーなどは居ないから、
このセーブデータで仲良くなったキャラだけ居るっぽい。
こういうのは現在の進行度がわかって良いですね~

ということで、やっぱりアルフィーとは仲良くなれてないってことなので、
コンティニューから再開して、アルフィーのところに行こうとしたら、

UNDERTALE_064.jpg

アンダインから電話が掛かってきまして、
コレがきっかけでアルフィーとデートできました。
その後、真実のラボで、この世界の謎を知ったり色々あったんですけど、
やっぱりアズゴアとの対決は避けられないのかーと思ったら、
いきなりトリエルが乱入してきて、

UNDERTALE_065.jpg

普段のトリエルからは想像できない暴言の連発を浴びせてくれますw
普段怒らない人を怒らせると怖いってのもあるだろうけど、
これは熟年夫婦(だった?)だからこそ、この物言いなのかなとも。

んで、結局トリエルの乱入から話が拗れて、アズゴアとは戦わずに終了。
その後、真のラスボス(?)と戦闘になりましたが、ほぼイベント戦闘でしたね・・・
いや、展開は熱くて良かったとは思いますけど、なんか物足りなさが。
1周目の最後もイベント戦闘みたいな感じだったし、
UNDERTALEのラストバトルはイベント戦闘みたいなのばかりなのかなぁ。
ラストバトルは熱い展開も大事だとは思うけど、
殺るか殺られるかっていう緊張感があった方が好きなので、
この辺は正直ちょっとガッカリしましたね。
まぁ、普通のRPGとかとは違うタイプのゲームなので、
こういうもんかな~とも思いましたけども。

そして、エンディングが進んでいき、
そのまま無事にスタッフロールに入るかなというタイミングで、

UNDERTALE_066.jpg

こんな選択肢が・・・
これって、トリエル選んだら、トリエルとくっついて終わるのか!?
と思ってトリエルの方を選んだら、単に親子として暮らすってだけでしたね。
アズゴアとは険悪になってるので、もしかして・・・とか思いましたがw
トリエルってば、口説かれた時、満更でもなさそうな反応してたし。

それから、スタッフロールで、

UNDERTALE_067.jpg

こうやって、EDでもミニゲーム的な遊びを入れてくれるゲームは良いなぁと改めて。
塊魂ほどは遊べないけれど、ただスタッフロールを眺めたりしてるよりは楽しい。

さて、これにて、UNDERTALEの攻略は終わりです。
・・・と言いたかったんですが、

UNDERTALE_068.jpg

最後にフラウィが意味深なことを言ってたので、
攻略サイトを覗いて調べてみたところ、
まだクリアしてない、もう1つのルートがあるみたいですね~
んで、結局のところ、UNDERTALEは大きく3ルートに分かれてるとのこと。
たまに、PルートだのNルートだのって話を聞くから、
どんだけルートあるんだよと思ってたんですけど、
(最低でもAからPまでのルートがあると思ってた)
単にルート名を略してPだのNだのって言ってただけらしい・・・

UNDERTALE_069.jpg

しかし、せっかく平和が訪れたというのに、
「本当のリセット」をするのは忍びないですね・・・
というか、せっかく真EDに辿り着いたんだから、
皆がタイトル画面に揃うのかと思ってたのに誰も居なくて悲しい。

というワケで、次回から最後に残ったGルート?に行きます。
そういえば、トロフィーが全然埋まってないので、
どういうことなんだろう・・・と思って調べたんですけど、
イヌ神社なんて初めて聞いたぞ・・・
そりゃあトロフィー埋まらないワケだ。
ってか、イヌ神社のトロフィー多すぎませんかね。
全トロフィーの内、半分がイヌ神社って・・・w

2018.04.15 Sun (21:52) l UNDERTALE l コメント (0) トラックバック (0) l top
TOKYO JUNGLE(PS3)

Tokyo_Jungle_027.jpeg

チンパンジーって草食動物なの?
狩りをして肉も食べてるハズだから草食動物って言われると、
なんだかちょっと違和感が・・・
まぁ、このゲームには草食と肉食の2種類しか居ないみたいだから、
主に草食ということで草食動物に分類されてるのでしょうけども。

なんで、この話を書いたかというと、
草食と肉食以外にも雑食っていうのがあればいいなーと思ったんですよね。
草食でプレイしてると、植物がなくてお腹ペコペコの時に、
「ああ、あの動物食べられれば生き残れるのになぁ・・・」って思うし、
肉食だと、その逆を考えるコトが結構あるのですよ。
どちらも食べられる雑食の動物が居たならば、もっと楽なのにな~と。
難易度的には下がるだろうから、イージーモード扱いとかでもいいので、
そういう動物を1体でも2体でも入れておいて欲しかったです。
まぁ、まだ全ての動物を解放したワケじゃないから、
雑食の動物が存在しないとは完全に言い切れないんですけど、
今後、万が一にでも続編が作られることがあれば、
そういうのにも期待したいなぁと思います。

Tokyo_Jungle_028.jpeg

最近、気付いたこと。
ドレスアップっていうのは、ただオシャレするだけのもので、
パラメータ変化なんて微々たるものだと思ってたんですが、
装備品によっては、格段にパラメータアップするものもあるから、
ちゃんとした装備をするとしないとじゃ、難易度が大きく変わるということ。
耐久力というものがあるから、壊れてしまうこともありますが、
一度手に入れた装備はショップで買い直すことができるため、
使わないのは勿体無いよな~ということで、
最近はゲーム開始と同時にドレスアップを弄ることにしてます。

んで、このドレスアップなんですが、
「群れ」になってる時に、操作キャラが死んだ場合でも、
装備はロストしないものの、また新たに装備し直さなきゃいけないのは、
ちょっと面倒くさいかなーって思います。
世代交代の時は、親の装備をそのまま引き継げるだけに、
普通に死んだ時も引き継いで欲しかった・・・
まぁ、戦闘中に死んだ場合は、いきなり引き継ぐのは不自然かもしれないし、
ゲームの難易度にも関わってくるからいいとしても、
餓死の時とかは、そこまで切羽詰まった状況でもないので、
(一気に全滅みたいなこともないし)
普通に引き継いでくれれば楽なのにな~と思いました。

Tokyo_Jungle_029.jpeg

さて、これが、TOKYO JUNGLEの全マップ(地上)なんですけど、
今までは、渋谷郊外~渋谷森林までのエリアしか行ってなかったので、
ちょっと試しに山手線辺りも覗いてみようと思って行ってみたら、

Tokyo_Jungle_030.jpeg

今まで行ってたようなエリアとは違って魔境でしたね・・・
とにかく動物の数が多くて、群れが居る場合は、とんでもない数に襲われる。
この時は、逃げてる間に、どんどんハイエナが増えていって・・・

Tokyo_Jungle_031.jpeg

まさにモンスターハウスで死んだような状態でしたね。
こんなに居たら食べられない子もいっぱい居るだろうな・・・
とかよくわからん心配をしてしまうくらい異常な大群でしたw
チンパンジー1匹狩るのに、こんな執念燃やさなくても・・・

それで、この時、初めて生存年数50年を超えたんですけど、
その後も、動物を変えて色々プレイした結果、

Tokyo_Jungle_032.jpeg

現在の最高記録が66年になりました。
100年まで、あと34年ですね・・・
後半になってくると、草食動物も肉食動物も大型ばかりになってきて、
エサを確保することだけでなく、移動することすら大変になってくるので、
この34年というのも、決して短い期間ではないのですが、
ようやく100年生き残れる目処が立ったかなという感じです。

そういえば、ストーリーやってたら、

Tokyo_Jungle_033.jpeg

ぷ、プテラノドンを食べたい??
なんて無茶な要求をしてくる子だと思ったんですけど、

Tokyo_Jungle_034.jpeg

このちっこいプテラノドンで良いとのこと。
というか、プテラノドンの子ってヒナって言うんだ?
プテラノドンって鳥じゃないよね・・・
滑空でしか飛べなかったみたいな話も聞くから、
昔ほどプテラノドンに「大型の鳥」ってイメージはなくなりましたし。
でも、実際のプテラノドンがどうであろうと、
ゲームでのプテラノドンは、リアルとは切り離して考えて、
昔のイメージのままで表現してくれる方が嬉しかったり。
だって、最近の恐竜の研究の話を聞く度に、
私達が見てワクワクドキドキしてきた恐竜のイメージが壊れていくし、
あれはあれで素敵な世界観だと思うから、
あのイメージは空想世界だけでも残して欲しいなぁと。

昔の恐竜のイメージが壊れるって話で思い出したんですけど、
小さい頃、年に1回くらい三笠市にある博物館に行くことがあって、
そこに行くと、エゾミカサリュウという恐竜の化石が飾ってあったんですよね。
当時、エゾミカサリュウはティラノサウルス系の恐竜と考えられてて、
ゴジラっぽい復元像とかが飾られてたりもしたので、
ずっとあのイメージを持ったまま月日を過ごしてたんですけど、
後になってから、実はティラノとは全然違うタイプの姿で、
海に住んでる大型爬虫類だったという話を聞いた時は愕然としましたね・・・
そもそも恐竜ですらなかったんかーい、とw

だから、恐竜なんてのはロマンを夢見てる時の方が楽しいな~って話です。
あ、三笠市の博物館は、巨大アンモナイトがいっぱい見れるので、
アンモナイト好きなら行って損はないと思います・・・!
もう軽く20年以上行ってないから今どんなんになってるかは知りませんけども。

アンモナイトといえば、昔は家にも小さいアンモナイトの化石があったけど、
知らない内に見かけなくなったな・・・あれどこいったんだろ。
いや、別にいらないんだけど、なんか気になりまして。

2018.04.12 Thu (21:11) l TOKYO JUNGLE l コメント (0) トラックバック (0) l top