オクトパストラベラー(NSW)

Octopath_Traveler_041.jpg

プリムロゼを仲間にするために砂漠の街「サンシェイド」にやってきましたが、

Octopath_Traveler_042.jpg

プリムロゼのストーリーは、他の主人公と比べると、
かなり異質というか、ヘビーでアダルティーな雰囲気がありますね・・・
父親の仇を討つという復讐劇を引き立たせるためか、
プリムロゼの置かれてる環境が酷い気がします。
踊り子たちを道具としてしか考えない支配人はひたすら下衆いし、

Octopath_Traveler_043.jpg

同僚の踊り子たちは売れっ子のプリムロゼに嫉妬して嫌がらせしてくる始末。

Octopath_Traveler_044.jpg

唯一プリムロゼに対して優しくしてくれたユースファも、

Octopath_Traveler_045.jpg

プリムロゼに関わってしまったばかりに命を落としちゃいます・・・
まぁ、これがキッカケで支配人に反旗を翻すことになるのですが、
(仇の大きな手がかりを掴んだってのもありますが)
なんていうか、ホント不幸の星の下に生まれたのかってくらい不幸ですね。
元々は貴族の令嬢として生まれてきたので、
小さい頃は何不自由なく生活してきたんでしょうけど、
その落差がある分だけ不幸さ加減が増してる感じです。
最終的に復讐を果たすことにはなるんでしょうけど、
その先に幸せなんてなさそうなので、
プリムロゼが最終的にどうなるのか気になりますね・・・
それと、父親が殺された理由ってのも気になってます。
仇の組織と深く繋がっててて、そこで何か裏切り行為があって消された、
みたいな感じだと、プリムロゼとしては救いがなくてイヤですね・・・

さて、そんなプリムロゼ1章のボス戦では、
下衆い支配人さんと戦うことになるんですが、

Octopath_Traveler_046.jpg

砂漠で戦ったハズなのに、その椅子どっから持ってきたの・・・
そして、見るからに弱そうだなーと思ったけど、ホントに弱かったですねw
そもそも、見た目からして、コイツ戦う気ないだろって感じでしたし、
ストーリー上、ボスになってるだけで、そこら辺の雑魚と大差なかったという。

プリムロゼを仲間にした後、最後にオルベリクを仲間にしにいったんですが、
オルベリクの話は最初の体験版の時に書いたから省略します。
・・・というか、会話スキップしてたからSSもほとんど撮ってなかったですしね。

これで、8人のキャラクターが揃ったので、これからは各キャラの2章に入ります。
まずは、主人公に選んだトレサの2章でも攻略するかな~と思って、
そのイベントがある街に行ってみると、

Octopath_Traveler_047.jpg

同じ街で発生するサイラスの2章と、どっちをプレイするー?って聞かれました。
こういう風に書いてくれると、わかりやすいし、親切設計でいいですね~

そして、2章からは、時折パーティーチャットなるものが発生するように。

Octopath_Traveler_048.jpg

これまでは、各キャラ間の会話がなかったので、
みんなで冒険してる感がなかったのですけど、
少しはパーティーとして行動してる感じがしてきましたね。
しかし、後から思ったんですけど、このパーティーチャットって、
もしかして、パーティーに入れてるキャラ同士でしか会話が発生してない??
ということは、ずっと酒場に置いてきぼりのキャラの会話なんかは、
かなり見逃してるってコトになりそう。
ストーリー進行中にチャットが発生するから、
あとで会話を発生させることができなさそうなのは悲しいな・・・

んで、トレサの2章なんですけど、色々あって、

Octopath_Traveler_049.jpg

鉱山から採れる金を、不当に安く買い叩いてる大地主様と対決。
金の力を思い知るがいい・・・とか凄く小物っぽいこと言ってるから、
どうせ、そんな金で連れてきたやつなんかザコでしょ!とか思ってたんですけど、

Octopath_Traveler_050.jpg

オマールさん、めっちゃ強くてビビった・・・
周りのザコっぽい敵も全体攻撃してくるし、
オマールさんに強化されるとかなりダメージ大きくてしんどい。
オマールさん以外を倒したと思って安心してたら再召喚してくるし・・・

ここまでのボス戦でそこそこ苦労したなーってのは、
1章ハンイットのボス戦くらいだったんですけど、ここはそれ以上に苦労しました。
通常HPが1000前後のキャラばかりなのに一撃で500くらい食らうし、
ザコの全体攻撃でも1人当たり250~300食らうってのに、
連続でぶち込まれるなんてこともあったので、
復活のオリーブとか回復アイテムをガンガン使わされましたねぇ。
ストーリーの推奨レベルからは2~3低かったというのもあると思いますが、
やはり装備が貧弱なのでは・・・というのを一番感じたので、
もう少し装備を見直してみようと思ってます。
・・・あと、回復役らしい回復役を1人は入れた方がいいんじゃ?って気はしてます。
現状だと、回復役といえるようなキャラは1人もパーティーに入れてないので、
誰かがピンチになったら、その都度アイテムで回復って感じでやってますし、
それだと、回復アイテムばっか使っちゃってもったいないから、
オフィーリアもしくはアーフェンを入れた方がいいのかな~と思うんだけど、
問題は誰を外すかってコトですよね・・・
戦闘を考えるだけなら、一番外しても問題ないのはテリオンですが、
外してる時に限って、ダンジョンとかで紫の宝箱を見つけてしまうというw
(紫の宝箱はテリオンしか解錠できない)
宝箱1つのために、いちいち街まで戻るのもアレだから、
一番気に入ってるけど、必要性は感じないハンイットを外すしかないのかなぁ。
でも、良さげなモンスター居たら捕獲したいし~・・・ってのを考えると、
結局、誰を外せばいいんだかわからなくなります。
・・・やっぱりトレサ??w
みんな、パーティーのやりくりどうしてるんだろうか・・・

2018.07.28 Sat (21:14) l オクトパストラベラー l コメント (0) トラックバック (0) l top
オクトパストラベラー(NSW)

予定通り、テリオンの居る街へとやってきましたが、

Octopath_Traveler_031.jpg

「彼には仲間が必要だ――。」
・・・じゃないよ!これ盗賊のお仕事だよ!w
義賊みたいな感じで、悪どい商売やってる相手を「お仕置き」
とかってのじゃなくて、完全にお宝目当てだからね!
気軽に参加していい案件じゃないと思うのですが、
テリオンの方もあっさり仲間に引き入れるという、
お互いに、それでいいのか・・・?って気がします・・・

まぁ、それはいいとして、

Octopath_Traveler_032.jpg

テリオンのフィールドコマンドは「盗む」なんですけど、
何この成功率!?これなら、盗みたい放題じゃん!
わざわざトレサで買い取る必要性とは・・・って思ったんですが、
この街で「盗む成功確率UP」の情報を得ていたからこうなってただけで、
他の街に行ってみたら、それなりに確率低くなってましたねー。
あと、レアものに関しては成功率3%とかになってるから、
「盗む」だけで全てのアイテムを手に入れるってのは難しそうです。
(何度もロードしてやり直せばいいんだろうけど面倒くさいし)

そして、トレサでは買い取りができなかった

Octopath_Traveler_037.jpg

非売品を入手することができるってのも「盗む」の特徴なので、
トレサとテリオンの能力は、相手によって使い分けると良さげっぽいです。

とりあえず、盗むのが楽しくて、テリオンを仲間にした後、
今まで立ち寄った街へ飛び回ってアイテム回収とかしてみたんですが、
盗んだり調べたりと、色々やりすぎて、遂に街の住人との関係が悪化・・・
仕方ないので、バーテンダーに関係の修復を頼みに行ってみたんですけど、

Octopath_Traveler_036.jpg

思ったより安いな!
これなら多少失敗したくらいじゃ痛くないし、
メリットの方が大きいと思って、ガンガン盗む(&調べる)にトライして、
他の街でも関係悪化させまくってたんですけど、
街によっては5000とか要求されるところもあったので、
結果的には財布に大ダメージを受けることに・・・w
街の規模とかによるのかな。田舎ほど安いイメージ?

さて、テリオンのストーリーの話に戻りますが、

Octopath_Traveler_033.jpg

予想通りというか完全に罠が張られてたってのはいいとして、
この執事の爺さん(ヒースコート)が、なかなかカッコ良くて好きです!

Octopath_Traveler_034.jpg

テリオンからも、あんた何者だ?みたいな感じで警戒されてましたが、
こういう裏の顔を持ってそうな執事の爺さんっていいですよね~
過去になんかヤバイ仕事してたでしょ感あるのに、
温厚そうにして猫かぶってる(?)爺さん好きだわ。
できることならパーティーに加えたいくらい・・・
というか、オクトラって8人の主人公以外に仲間になるキャラ居るのかな?
ロマサガとかも主人公8人だったけど、サブキャラ結構いましたよね。
あんな感じで、サブキャラをパーティーメンバーとして使いたいんだけどなぁ。

Octopath_Traveler_035.jpg

テリオンの旅の目的は、レイヴァース家の秘宝である竜石を取り戻すことなんですが、
竜石って聞くと、どうしてもマムクートを連想してしまいますね。
だから、竜石を盗んだ目的がマムクートのような変身能力を使うためとか、
竜を召喚できる道具だからとか、そんな理由で盗まれたのかなと思っちゃうんですけど、
単に金目そうなものだから盗まれた・・・ってのだけは止めて欲しいな。
竜石っていうくらいだから、何らかの魔力が眠ってて欲しいもんですし。

テリオンの次は、

Octopath_Traveler_038.jpg

アーフェンのいる村へやってきました。
かなりのどかな田舎ですねぇ・・・そして、狭い。
しかし、なんで、ゲームに出てくる田舎って狭いんだろう。
実際は、田舎って無駄に広いイメージなんですけど、
広大な田んぼとか無駄に広いだけの敷地とか出されても、
移動が面倒なだけで、良いことなんかないから、
ゲームの仕様としてこうなってるだけなんですよね、多分。
あと、城下町や大都市に行った時とかに、
なにこれ狭い!とか思わないようにするためなのかもしれない・・・?

んで、アーフェンのことなんですけど、

Octopath_Traveler_039.jpg

昔は悪ガキだったせいか、少し口調は乱暴っぽいけど、
人情味に溢れた良い薬師っぽいです。

Octopath_Traveler_040.jpg

小さい頃に、旅の薬師に助けてもらったことで、
同じように世界中の病人や怪我人を助けたいと思うようになったとのこと。
悪ガキが医者になって世界中の人を救う、みたいなストーリーっぽいので、
ちょっと少年漫画の主人公っぽいのでは?とか思ったりします。

そんなアーフェンですが、武器は斧でHPが高めなので、
普通に前衛としてやっていけそうな実力がありながら、
調合を使えば、ほとんどの属性攻撃&全体回復までできるし、
何この完璧超人って感じの能力ですね・・・
武器が1種類なのでブレイクを狙いにくい相手も多いかなと思ったけど、
調合で多段ヒットの属性攻撃とかできるのは非常に便利。
まぁ、調合には素材が必要なので、それなりにコストはかかるけど、
ブレイク狙うだけだったら、安い素材だけでもイケるから、
そんなにデメリットには感じないですね。
ただ、まだレベルが低いのと装備が充実してないことから、
サイラスの魔法ほどの火力は出せないように感じるし、
万能なのか器用貧乏なのかは、もうちょっと見てみないとわからないかな。

アーフェンのフィールドコマンドは「聞き出す」。
サイラスの「調べる」と同様の能力ですが、
「聞き出す」には成功確率とかはないので、
コマンドが使用できる=成功なのが良いですね!
サイラスで何度も失敗して関係悪化させてた相手に対しても、
ごく普通に聞き出すことができるアーフェンを見てると、
これはコミュ力の違いが大きいのでは・・・とか思ったり。
サイラス先生は悪い人じゃないけど、知識欲が最優先な人なので、
ちょっと察しが悪かったりして周りをヤキモキさせたりするし、
学長みたいのとも上手くやっていけてない感じが出てましたしね。
(いや、あの学長がアレな人だっていうのもあると思いますが)
それに対して、アーフェンは純粋に良い奴オーラが出てるから、
なんか気軽にポロッと情報を教えてもらえそうなイメージがあります。

んで、これでサイラス先生の「調べる」が必要なくなったから、
もうレギュラーから外そうかな~とか思ったけど、
敵の弱点教えてくれるわ、エンカウント半減持ってるわ、
強力な魔法攻撃持ってるわで、絶対外せないキャラになってたので、
やっぱり、サイラス先生は連れて行かなきゃな~という結論に。
現状、私の戦い方って、
皆で弱点突いて全ての敵をブレイク→サイラスのブースト魔法で一網打尽。
って感じなので、サイラス先生が居なくなると、ザコ戦が非常にめんどくさく。
となるので、サイラス先生は外したくない。
ハンイットはキャラも声も好きで、魔物を使った攻撃が楽しいし強い。
アーフェンは良いキャラだし性能も万能だし、「聞き出す」が便利。
・・・ってコトで一番いらない子はトレサなのでは・・・?って気がしてきましたw
しかし、トレサは主人公だから外せないという・・・うーむ。
これから始める皆さん、主人公は、よーく考えて選んでね!!
やっぱ、4人じゃなくて5人パーティーくらいが良かったなぁ・・・

2018.07.25 Wed (21:15) l オクトパストラベラー l コメント (0) トラックバック (0) l top
オクトパストラベラー(NSW)

新たな仲間を探しに行く前に、

Octopath_Traveler_021.jpg

取り方がわからなくて取ってなかった宝箱を取ろうと思って、
ダンジョン内の隠し通路を探してたんですけど、
ダンジョンをウロウロしてると、敵の出現率が高くて、ちょっとイライラ。
これだからエンカウント率の高いランダムエンカウントはイヤなんだよなぁ。
謎解きとか隠し通路探してる時だけは敵が出てこない仕様にして欲しい(わがまま
面倒だから、そのまま放っといて先に進むか・・・と思ってたんですけど、
Twitter眺めてたら、エンカウント半減アビリティってのがあるって話じゃないですか!
そもそも、私はアビリティの存在すら忘れてましたけど、
次のアビリティを覚えられるようになったら、戦闘終了後にでも教えて欲しいな・・・
Twitter見てなかったら、アビリティ覚えずにどんどん先に進めてた気がするし。

んで、とりあえずアビリティを覚えさせていったら、

Octopath_Traveler_022.jpg

サイラス先生がエンカウント半減を習得。
そして、実際に使ってみた感想ですが、すっごく快適になりました・・・!
というか、デフォルトがこの状態で丁度いいような気さえしますね。
これで移動が快適になったお陰で、隠し通路探しも捗り、
全ての宝箱を回収できたので、いざ次なる場所へ・・・

私は、トレサのスタート地点から反時計回りに移動して、
仲間を集めていってるので、次の仲間はオフィーリアに決定。

Octopath_Traveler_023.jpg

オフィーリアは戦災孤児で、聖火協会の大司教に引き取られ、
大司教の娘リアナとは、姉妹のようであり親友という関係みたいです。
リアナは、20年に一度行われる「式年奉火」の儀式に旅立つ予定なのですが、

Octopath_Traveler_025.jpg

リアナの父である大司教様がぶっ倒れてしまい、
リアナは父の側に居たいという思いと儀式を行う使命感との葛藤で揺れます。

Octopath_Traveler_026.jpg

そこで、リアナの代わりに私が行けばいいんじゃない?と思ったオフィーリアが、
独断で聖火の種火がある「原初の洞窟」に行くことになるので、
プレイヤーが操作する主人公も、これのお手伝いをする、ということに。

そして、原初の洞窟から種火を持ち帰ってくるのですが、

Octopath_Traveler_027.jpg

帰ってきた時にリアナがこんな反応をするもんだから、
「キーッ!私が儀式を行うハズなのに勝手にそんなことしやがって!!
父様の実の娘でもないのに図々しいわ!!」
みたいな展開にでもなるのかと一瞬思ったけど、そんなことにはならず。
・・・って、当たり前かw
一瞬でもそんな展開を期待しちゃった私は心が汚れてるのかな・・・
仲が良さそうに見えて実は・・・的なのを考えちゃったのだけども。
良い家族/親友関係で何よりです!
とりあえず、無事にオフィーリアが仲間になったので、次の街へ。

そうそう、オフィーリアの能力ですが、

Octopath_Traveler_024.jpg

街の人を「導く」ことで、戦闘に助っ人として加わってもらうことができます。
プリムロゼの「誘惑」と同様の能力なのかな。
っていっても、プリムロゼは少ししか触ったことないので、
あまり能力のコトまでよくわかってませんけども・・・

Octopath_Traveler_028.jpg

次に到着した街では、狩人のハンイットが居たんですけど、
ハンイットって声が甲斐田裕子さんなんですね・・・
オクトパストラベラーに関しては、あまり事前情報を見ないで始めたので、
誰が誰の声優をやってるかわからないどころか、
キャラクターの名前もオルベリクとプリムロゼ以外わかってませんでしたけど、
甲斐田さんのキャラが居るなら、ハンイットで始めればよかったかなぁと思ったり。
キャラクター的にも、なんかカッコ良さげだし、相変わらず素敵な声だしで。
まぁ、なんとなくで選んだトレサだけど、割と気に入ってるから良いんですけどね。

ハンイットは狩人なので弓や斧も使えるんですけど、

Octopath_Traveler_029.jpg

捕まえた魔物を使って攻撃できるのが良いですね!
FF的に言うなら狩人+魔獣使いみたいな感じです。
魔獣は1匹だけじゃなくて、何匹か同時に持つことができるみたいなので、
槍属性の攻撃が欲しい時はコイツ、魔法攻撃が欲しい時はコイツ、
全体攻撃の時はコイツ、って感じで、色んな攻撃手段を確保できるから、
どんな敵に対してもブレイクを狙いやすそうなのが良いトコかな?
声も好きだし、今の所、自分の中ではレギュラー候補第1位です!

Octopath_Traveler_030.jpg

ハンイットが仲間になったことで、これで晴れて4人パーティーに。
しかし、商人、学者、神官、狩人というジョブ構成を考えると、
そろそろ前衛らしい前衛が欲しいな・・・と思ったものの、
全主人公のプロフィールを軽く見てみたところ、
オルベリクさんしか前衛らしい前衛のキャラって居なかったんですね・・・
もっとこう、格闘家とか海賊とか、そんなのが居るのかと思ってましたわw
ジョブだけ見たら、普通のRPGだと後衛扱いになるキャラばかりとはね。
ただ、Twitterで薬師が前衛みたいなことができるって話も聞いたので、
そう考えると、ジョブだけ見て前衛か後衛か判断するのは早計かもと思ったり。
とりあえず、そんな薬師アーフェンがめちゃくちゃ気になってきたんですけど、
ずっと反時計回りに進めてるから、次は盗賊テリオンに会いに行くことになりそう。

そういえば、ハンイットのところのボス戦でやたら苦戦したんですけど、
もう少し装備とか買ったほうがいいのかな~
各キャラの1章をやってる間くらいは初期装備とかでも大丈夫かと思って、
ずっと節約してお金を貯める方向だったのですが、
全滅までは行かなくても何回か戦闘不能になるくらいの苦戦はしたので、
そろそろ貯め込んでたお金を使う時か・・・?
けど、店や個人が結構いい装備を序盤から売ってるもんだから、
どうせなら、一気に強いの買いたいな~って思っちゃうんですよね。
もっとお金があれば悩まずに済むのに・・・トレサもっと稼いでくれ!w

2018.07.22 Sun (19:00) l オクトパストラベラー l コメント (0) トラックバック (0) l top
ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト(PSV)

無料のDLCを落としてなかったので、

Persona3D_014.jpg

ストアに行って全部回収してきました。
曲と衣装と合わせて10コくらいあったのかな(7月の初め頃)。
前作もそうだけど、こういう無料のDLCが結構あるのはありがたいですねぇ。
まぁ、元々の収録曲が少ないので、無料のDLCと合わせて、
普通の音ゲー並の収録曲数になってるのかな~とも思えるのですが。
いや、ちゃんと他の音ゲーの収録曲数とか調べてないので、
正確なことは言えないけど、P4D同様に曲数が多いとは感じないんですよね。
その分、1曲1曲が長いのも相変わらずなので、
そこでバランスを取っているのかな・・・と思ったり。
願うならば、次回こういう音ゲーを出す時には、
収録曲を増やし、1曲1曲を短くしてプレイしやすくして欲しいところです。

んで、早速、無料で落としたフェザーマンのオープニングをプレイしたのですが、

Persona3D_015.jpg

結構ちゃんと作ってあるんだなぁと、ちょっと感心。

Persona3D_016.jpg

もちろんピンクはゆかりっち。
P4U2でもこの格好で戦ってましたし、
もうゆかりっちと言えばフェザーピンクって感じです。
そして、他のフェザーマンにも俳優の名前とかが設定されてるみたいなので、
もうここまで設定を作ったのなら、どっかでスピンオフとか作らないのかなぁと思ったり。
・・・というか、P3Dのストーリーでフェザーマンの話でもやれば良かったんじゃ??
どうダンスと絡めていくかってのは問題かもしれませんけども・・・

さて、コミュを進めていくと、

Persona3D_017.jpg

他のキャラクターの部屋を探索できるようになったんですが、
ここの操作がやりにくくて、ちょっと困りました。
いや、普通の3Dアクションなどと同じく、
普通に歩き回って探索するだけなんですけど、
視点操作のコンフィグ設定ができないってのが自分には痛いのです。
私は、3Dゲームではいつも上下リバースの視点操作でやってるので、
上下リバースじゃないと、なんかとんでもない操作をしてしまって、
思うようにプレイできないんですよねぇ。
多分、昔やってた3Dシューティングかなんかの影響だと思うけど、
視点操作が変更できないゲームなんかをやると、
操作に慣れるまでめちゃくちゃ時間がかかって大変です。

視点操作といえば、SwitchでモンスターハンターXXの体験版でもやってみようと思って、
ちょっとDLしたことがあるんですけど、視点がノーマルから変更できないっぽくて、
弓のキャラを使った時に、上の方を狙おうとして↓ボタンを押すというのを繰り返し、
そのまま最後まで操作に慣れることなく、結局、弓を諦めて、
他の武器を使ってみたんですけど、イマイチどれもしっくり来なくて、
そのまま体験版を削除しちゃうってことがありました・・・
どうも、ノーマル操作には違和感あってダメなんですよね~
それはそうと、初めてモンハンってものを触ったんですけど、
自分が想像してたゲームとは、全然イメージが違ったような・・・
もっとこうスピーディーな戦闘なのかと思ってたのですが、
思ったほどはスピード感がないんだなぁと。
まぁ、スピード感でゲームの面白さが決まるってワケでもないので、
これはこれで面白そうではあると思ったのですけど、
とりあえず、私がこれまでモンハンのCMとかをマトモに見てなかった、
ということだけはわかりました。
肉焼いてるとこしか記憶に残ってないもんね!
モンハンに関しては、手元に何本かあるので、その内やろうと思ってますけど、
毎度のことながら、いつになるかは定かではありません・・・
時間泥棒ゲームっぽいから、一度始めると大変そうだし。

・・・話が逸れてきたので、P3Dの話に戻ります。

Persona3D_018.jpg

う~ん、やっぱり、このゆかりっちは・・・
もうちょっと前のverのゆかりっちも搭載してほしかったなぁ。
P3って、もっとギスギスなイメージあるから、
みんな仲良くしてるところを見ると、なんとなく違和感がw
ギスギス状態でダンスとか、めっちゃ空気悪くてノリも悪くなりそうだけど、
ゆかりっちだけはブーイング飛ばしてきてもキャラ的に許せますし!
なんか、あの頃のゆかりっち見るためだけにP3Pをプレイしたくなるんだけど、
また男主人公でプレイするのなら、未クリアのままになってる女主人公でやりたいし、
女主人公だと、ゆかりっちがそんなにトゲトゲしくないから、
ちょっとモチベーションが・・・って、何にモチベーションを感じてるんだ、自分。

んで、そんなゆかりっちと美鶴さんの会話があるコミュを見たりして、

Persona3D_019.jpg

美鶴コミュをコンプ。
コミュは10まであるのかな~とも思ってましたが、
やはり8までだったようですね。
うん、やっぱり少ないと思います・・・
コミュの解放条件からして、誰かのコミュを優先的に進めるとかはできないので、
どんどんプレイしてコミュを開放、そしてトロコンも進めていきたいとこです。

そうそう、一部のトロフィー取得の条件にもなってる、
サポートとかチャレンジの項目なんですけど、
全然解禁されていかないから、なんなんだろう・・・と思ってたら、

Persona3D_020.jpg

ちゃんと、項目ごとに解禁条件が載ってたんですね・・・見落としてました。
すごく面倒くさい条件でも設定されてるのかと思ってましたわ・・・

2018.07.20 Fri (21:28) l ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト l コメント (0) トラックバック (0) l top
オクトパストラベラー(NSW)

体験版を引き継ごうかどうしようかな~とか迷ってたんですけど、
やっぱり1人パーティーの時間が長くなるのはイヤだよな・・・
ってことで、体験版を引き継ぐことにしました。

それで、他の主人公を仲間にしようと歩いてたら、

Octopath_Traveler_011.jpg

トレサって歩いてる(マップ移動?)だけでお金貯まるの??
これなら、お金に困ることなさそうだなーと思ったんですけど、
トレサってば色んな人からアイテム買い取れるもんだから、
金があればあるだけ使い道はあるので、幾らあっても足りませんでしたね・・・
まぁ、そんなに装備を強化してイージーモードになってもつまらないので、
使い切れないほどのお金なんて要らないのですけども。

そして、道なりに進んだ先の街にて、

Octopath_Traveler_012.jpg

主人公の1人、サイラスさんを発見。
どうやら、本を盗んだ犯人を探してる模様です。

Octopath_Traveler_013.jpg

他のキャラの1章をクリアすると、そのキャラを仲間にできるらしいので、
早速、協力してあげることにしたんですが、
この時点でサイラスさんは犯人の目星を付けているらしく、
最後のダンジョン攻略の部分だけを協力することができるようです。
(基本的にストーリーには絡まないっぽい?)
一応、それまでの経緯も見る(プレイする)ことができるんですが、

Octopath_Traveler_014.jpg

王女の教師をやってるサイラスさんが、勉強熱心な王女様と仲良くしてることに、
もう1人の教え子であるテレーズが嫉妬してるシーンを見せられたので、
これが本の盗難事件と関係してるのかな~と思ったものの、
結果的には何にも関係ありませんでした・・・

Octopath_Traveler_015.jpg

サイラスさんはこういう感じで知識欲しかないような人なので、
色恋沙汰とかは無縁でしょうしねぇ。
まぁ、そうはいっても、テレーズとしては、そんなの関係ないし、

Octopath_Traveler_016.jpg

サイラスさんと王女様に不適切な関係があるとのウワサを流す始末。
このウワサが原因で、サイラスさんは追放を勧告されちゃいます。

Octopath_Traveler_017.jpg

テレーズさんが慌てて謝罪に来たものの、
サイラスさんとしては、これで旅に出て好きなことができる!と、
渡りに船って感じで追放を受け入れたので、特に怒るようなこともなく、
テレーズの気持ちにも気付かないまま(勘違いしたまま)、旅立つことに。
ここの顛末の詳細は省きますが、サイラスさんて典型的な鈍感キャラなんですね・・・
知的で冷静、興味のあるものに対しては少年のよう、そして恋には超鈍感。
こりゃあ、二次元的には、かなりモテるキャラと見た!(三次元は知らんけど)
まぁ、私も嫌いなキャラじゃないですけどねー。オタク気質なトコは好感持てるし。

Octopath_Traveler_018.jpg

とりあえず、追放されたトコでサイラスさんの第1章が終わり、
晴れて正式に仲間に加入しました。
これで、2人パーティーになったので、道中の戦闘が楽になるわ~
でも、まだ2人じゃ心もとないので、また他の仲間を探しに行きます。
仲間を全員集めてからが本番って感じなのかなぁ。

そういえば、追放された直後に街に戻ってみたんですけど、
普通に街に(城にも)入れるんだな~っていうのはいいとして、
ちょっとサイラスさんのフィールドコマンド(探る)を使ってみたら、

Octopath_Traveler_019.jpg

ん?成功率?そんなもんあるの?って感じだったんですが、
あんまり失敗を重ねすぎると、街の人との友好度が下がって、
フィールドコマンドを受け付けなくなってくれるらしい・・・

Octopath_Traveler_020.jpg

そして、悪化した関係を改善するには、
バーテンダーに金を払わなきゃならなくなるとのこと。
体験版プレイ時に「関係性の改善」ってなんなんだろって思ったんですけど、
こういうことだったんですね~
しかし、このゲームにおけるバーテンダーとは一体どういう立ち位置なんだろう。
酒場のマスターとかバーテンダーって、情報通であることは多いけど、
有力者って程でもないと思うから、単に金を配っときますよ的なもんなのかな。
それとも、なんか裏の方面に顔がきく人たちとかなんですかね・・・怖い。

とりあえず、現在のプレイ時間は3時間弱(体験版含む)。
まだまだ先は長そうですが、ゆっくり進めていこうと思います。

2018.07.16 Mon (21:29) l オクトパストラベラー l コメント (0) トラックバック (0) l top