ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!(PSP)

夏休みが終わったばかりですけど、すぐさま別の夏休みに。

8月1日。

OPで船を使ってたので、舞台は4と同じく島なのかな~って思ってたんですが、
説明書に乗ってた地図を見ると、山に囲まれた漁村っぽい感じ・・・なのかな。
伊豆半島が舞台らしいので、メインは海なんでしょうね~
確かPS2版のサブタイトルもそんな感じだったと思うし、
1が山、2が海、3が山、4が海ってことでバランス的にも良いっぽい。

今回の居候先は旅館ってこともあってか、居候先の家族や町の住人だけでなく、
旅館に泊まってるお客さんまで出てくるせいか、登場人物が多い気がします。
いつもは出てこないお医者さんまで居るし・・・(メインキャラの親族みたいだけど
初日からいっぱい人が出てくると、誰が誰だかわからなくなって困りますね。
・・・というわけなので、初日は登場人物たちの話をカットします。

この作品が現在発売されてる最後のぼくなつシリーズなので、
旧作と比べてシステム面でプレイしやすくなってますねぇ。

Boku_Natsu2P_001.jpeg

まず、中断セーブできるようになったってのは大きい。
PSPだからスリープすればいいって話なんですけど、
PSPってちょっとスリープしたまま放置してるとバッテリー切れるので、
あんまりスリープとかしたくないんですよねぇ。
今までも、あ、ちょっと急用だからとスリープし、
その後プレイする時間がなくて1週間後とかに再開すると、
あれ・・・電源入らない・・・ってのが意外と多くて困ってたので、
これで少しの空き時間とかに進めるのが楽になりますわ~

そして、

Boku_Natsu2P_002.jpeg

日記を書くのが非常に楽になりました。
ぼくなつ4では日記の書き忘れが目立ってたので、
これくらい簡単にポチッとできるなら忘れなくて良いと思います。

他にシステム面で良くなったな~と思ったのは、
虫取り網の性能アップ(?)ですかね。
ぼくなつ3では、そんなに虫取り網が使いづらく感じなかったものの、
Pと4では、違う違うそうじゃない!って網の動きにイライラさせられたので、
あれ?今回はイメージ通りに網が動いてくれるよ!って思うし、
当たり判定が大きくなってるのか、ミスったと思った時でも捕れてることが。
相変わらず、そんな高いトコ届かないよ~って場所に虫が出現したりもしますが、
こればっかりは仕方ないのかなぁと諦めてます。
粘ってたらコッチ来てくれることもあるけど、絶対ムリって時もありますからね。

初日ってことで、色んなとこを探索してたら、

Boku_Natsu2P_003.jpeg

駄菓子売り場を発見!
あ~、安い、安い、これならいっぱい買えそう・・・所持金0円だけどね!
駄菓子といえば、私が好きなのはヨーグルとBIGカツなんですけど(定番)、
ここの店ってカツを10円で売ってるのか・・・安すぎ。
どこかでジェットサイダー38円って表記も見たし、
ぼくなつ4(1985年)と比べると、時代的なものもあって物価が安くて良い。
いっぱい稼いで駄菓子を買い漁るぞー!!って気にさせられますね。
いや、買い漁ったところで何の効果があるのかわかりませんが・・・



8月2日。

Boku_Natsu2P_004.jpeg

OPから登場した今作のヒロイン候補(?)靖子お姉ちゃんなんですけど、
両親は居ない、

Boku_Natsu2P_005.jpeg

地元に友達もいない、とか何やら陰のあるヒロイン感がありますね・・・
ぼくなつ的には、年上のお姉さんって存在はヒロインとはまた違うんだろうけど、
サブタイトルに「ナゾナゾ姉妹」って入ってるくらいだから、
今回のメインキャラなのは確かなんでしょうね。

で、その妹がコチラ。

Boku_Natsu2P_006.jpeg

1の詩ちゃんといい、4の妹さまといい、妹キャラって毎回こうですね!w
ただ、今回はこの高飛車キャラだけでなく、

Boku_Natsu2P_007.jpeg

どこかで見た予知能力まで持っているという。
この子も未来人かなんか・・・ではないよね。血縁者いるし。
単に、よく当たる占い師みたいな感じなんでしょうか。
まぁ、こういうヒントがあると、どこに行けばいいのかわかりやすいし、
あんまり細かいことは考えないようにしておきます。

その光ちゃんの占いに従って秘密基地を探し当てたので、
早速、虫相撲じゃ~っとやってみたんですけど、

Boku_Natsu2P_008.jpeg

試合結果の予想が表示されてる??
これ、めちゃくちゃ便利じゃないですか~
今までだと、どれがどの虫と相性いいんだかわからないことも多くて、
(オニクワが大型の甲虫類に強いってのくらいは知ってたけど)
新しい虫が出てくると対処に困ることも多かったんですけど、
こうやってある程度の予想してくれるのはありがたいです。
SRPGとかでも実際の命中率とかが表示されてるのとされてないのでは、
全然難易度が違ってきますからねー。
あと、やっぱり、ぼくなつ4の虫相撲より、このくらいシンプルな方が好きかな。
あっちはあっちでやり込むと面白いのかもしれないけど、自分には合わなかったし。

で、虫の話ですけど、今作では、アリやら蛾やら、
これまで捕獲できなかったタイプの虫が捕まえられるように。
これまでのシリーズだと夜に捕まえられるタイプの虫が少なかったんですが、
今作では蛾がいっぱい飛んでるのが良いです。
田舎なんて、夜になったら街灯の周りなんか蛾ばっかりですし!w

それから、

Boku_Natsu2P_009.jpeg

遂にハチまで捕まえられるように・・・って、よく捕まえますね。
私、クモでも毛虫でも普通に捕まえてたけど、ハチだけは捕まえたことないな~
ミツバチとはいえ万が一でも刺されたら嫌だし。
アブならなんとなく捕まえたことはありますけどね・・・(なんとなくで捕まえるな

んで、ハチを捕まえられるんだったらと、
蜂の巣の周りにいるヤツも捕まえられないのかな~と思ったんですけど、

Boku_Natsu2P_010.jpeg

やっぱり、いつも通りにツンツン→反撃されただけで終わりましたw
ハチってどれくらいの種類を捕まえられるんだろう。
スズメバチはムリだろうけど、クマンバチくらいは捕まえたいな!

2019.05.31 Fri (21:07) l ぼくのなつやすみポータブル2 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スプラトゥーン2(NSW)

オクトエキスパンションのステージは色んなのがあって良いですね!

Splatoon2_021.jpg

ここなんか完全にスペースインベーダーみたいなステージなので、
スピナー使うと名古屋撃ちみたいな感じで敵を倒していけるのが楽しい。
まぁ、ヘタなので、スピナーではクリアできなかったんですけどねw
この最初の敵はなんとかなったものの、その後が全然で・・・
やはり、難しいステージが多いです。

この間、

Splatoon2_022.jpg

ようやく全ルールでウデマエB-に到達しました~(遅い?
あっという間にエリアとアサリがC+に落ちましたけどね!w
エリアは2度目の降格だし苦手過ぎるわ・・・
苦手意識があるせいかBに入ると消極的な動きになっちゃって、
ほとんど何も仕事しないまま試合が終わっちゃうので、
味方になった方たちにはホント申し訳ないと思います。
降格が決まる直前になったら、どうせ降格するんだからと、
吹っ切れた感じでC帯の時を思い出して動いたら、
割と動けてキルレも良くなり、オブジェクト貢献もそこそこでき、
あと少しでOKライン超えそうなトコまでは挽回できたので、
今度Bに上がった時は、最初からそういう心構えで行こうと思いました。

アサリに関しては、自分が原因で負けたのが2回は確実にあったので、
Cに落ちても仕方ないな~って感じだったんですけど、
問題はCに落ちてもめちゃくちゃ苦戦するってコトなんですよね。
最近スプラ関係の攻略サイトやらを見る機会が結構あるんですけど、
C帯ではローラーでコロコロやってるヤツしか居ないとか、
イカ状態にならず、ずっと弾を撃ち続けてるヤツばっかりとか、
ルールも分からずオブジェクトをガン無視するヤツばかりだとか、
そんな話ばかり書かれてるけど、自分の印象とは違うんだよな~
確かに、B帯では見ないような初心者と当たることもままあるけど、
特にアサリでは割とルールわかってる人が多い感じがして、
妙に連携が取れてるチームと当たることもありますし、
え?この人がCなの?ってくらい強い人もちょいちょい見かけるので、
正直Bの時よりキツくない?って思うこともあります。
強い人はサブアカなのかな~と思ったりもするんですけど、
ガチパワー1000前後での戦いで、そんな何度も何度も当たるもんなのかなぁ。
もしかすると、自分みたいに落っこちてきた人達とぶつかりまくってて、
そのせいで、あんまりBと変わらないな~って感じてるのかもしれません。
まぁ、今の自分の実力がC+とB-の狭間みたいな状態なので、
単純に実力不足が原因で勝てないことが多いんだろうから、
もっとガチマ潜って頑張らないとな~って思います。
強い相手と戦うのも、状況が不利な中での戦いも良い経験になりますしね。

あ、ホコとヤグラは、

Splatoon2_023.jpg

ヒビがめちゃくちゃ入りながらもOKラインには達するので、
なんとかこのまま粘って、スキあらば上を目指したいトコです・・・ムリかw

そうそう、先日じゃるさんに誘われてリーグマッチなるものに参加してきました。
リーグマッチとはフレンドと参加するガチマみたいなものらしいのですが、
参加条件がどれかのルールでウデマエB-以上ってことなので、
私にとっては格上しか居ない場所ということ。
これはフェスの借り(?)を返すチャンスだ!今日は前に出るよ!
と頑張った結果、

Splatoon2_024.jpg

な、なんか活躍できた気がする!
やっぱり積極的に行ったほうがいいんだ!

・・・なーんて、これはマグレ中のマグレの結果なだけであって、

Splatoon2_025.jpg

通常時はコッチです。養殖プレイなのかな?って感じですねw
10戦やってキルレ1を超えたのが2試合だけというのが、
自分の現状の立ち位置なのかなと思いました。
もちろんガチアサリなのでキルレが全てじゃないけど、
キルレ1下回ってる時って足引っ張ってるな~と実感してるコトが多いという。
でも、強い人たちに混ざってプレイしてると自分の弱点が浮き彫りになるし、
特定のブキにやられまくることで、それに対する方法を考える機会にもなるから、
キルレが悪いだとか足を引っ張ってるだとかは考えずに、
自分のできることをやり、小さな目標でも立ててやっていけばいいのかなと。
っていうか、自分にできる以上のことをやろうとしたら更に酷くなるしね!w

それにしても、じゃるさんは普段使ってないブキ使ってるらしいのに、
普通にキル取りまくってて凄いなぁと思いました。
ちょいちょい後ろから立ち回りとか見て勉強してましたし!(試合に集中しろ)

2019.05.27 Mon (21:06) l スプラトゥーン2 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」(PSP)

8月29日。

Boku_Natsu4_141.jpeg

朝食後、見知らぬ格好の人が出てきたので、ここに来て新キャラ??
とか思ったんですけど漫画姉ちゃんでした・・・ビックリしましたわ。

Boku_Natsu4_142.jpeg

秘密基地にて、みんな揃って記念写真。
良い光景だな~なんて思って見てたんですけど、
よくよく考えると、大人たちに知られたくない場所だったハズなのに、
撮影係として75号が普通に立ち入ってるのはどういうことなの。
まぁ、75号ならいいか・・・いいのか?

それはともかく、

Boku_Natsu4_143.jpeg

Boku_Natsu4_144.jpeg

また、マメちゃんがおかしなコト言い始めましたよ!
もしかして未来人じゃなくてオバケかなんかなのかな・・・
写ってる(心霊写真)、写ってない(普通の写真)、ってな感じで。
この後に現像された写真にはマメちゃんが写ってたようだけど、
心霊写真にしてはハッキリ写りすぎだし、結局この子はなんだったんでしょね。



8月30日。

みんなと遊べるのは最後の日ってこともあって、
いつも太陽がやってる掛け声を任されることになったんですけど、

Boku_Natsu4_145.jpeg

こんな選択肢を出されたら、左しか選べないじゃないか・・・!

Boku_Natsu4_146.jpeg

Boku_Natsu4_147.jpeg

うーん、思ってたのと違うw
なんかのコンサートみたいな感じになっちゃいましたね・・・

夜、みんなとお別れの挨拶をしていたら、

Boku_Natsu4_148.jpeg

Boku_Natsu4_149.jpeg

いつも強がってる太陽が泣いてるのを見て、ちょっと戸惑う。
いとこ同士なんだし、それなりに会う機会も多いだろうに、
そんな今生の別れみたいな感じにならなくても・・・
って思ったけど、瀬戸内の辺りと東京ではそんなに会う機会もないのか。
自分は親戚関係がそんなに遠くないトコに住んでるので、
遠方に住んでる親戚が居る人のことは実感湧かなくて、よくわかんないや。
結構離れてるとはいえ、年に1回くらいは会うんだろうしねぇ。
ただ、最初、従兄弟の太陽やキミコちゃんと初対面みたいな感じだったし、
あんまり親戚同士の交流がない家なのかな~なんて思ったり。



8月31日。

帰り支度も終え、さぁ、エンディングだ~
って思ってたら、

Boku_Natsu4_150.jpeg

急にプレイヤー(ナレーション)に話しかけてきてビックリしましたw
やはり、座敷わらしはプレイヤーってことで合ってたのか・・・
そうなると、やっぱりマメちゃんが最大の謎になるんだけど、
ただの未来人って結論が一番しっくり来るかな。
・・・ただの未来人ってなんだよって話だけどもw

エンディングでは、皆が走って追っかけてくるところで、
子どもたちに混じって「おじ」も一緒に走って海にダイブしてたシーンが好き。
いつまでも子供みたいで良いおじさんだよね・・・

さて、これにて、ぼくなつ4のプレイ日記は終わりです。
虫相撲が不完全燃焼で終わってしまったので、
物凄いやり残し感はあるんですが、後が控えてるので次に行きます。
今回の虫相撲は育成SLGっぽくて苦手だから、
2周目やっても上手くいかなそうですしねぇ。
私はSLG好きなんですけど、戦略、SRPG以外はそんなに得意じゃなくて、
経営、育成、恋愛は基本的に苦手で上手くプレイできないという。
経営だとシムシティやA列車、育成だと誕生や卒業は結構やりましたけど、
恋愛は・・・恋愛SLGって何があったっけw
ときめきメモリアルくらいしか覚えてないなぁ。
あれは半分育成ゲーだけど、バクダン管理が大変だったな~
・・・って、コレ何の話だっけ。
話がズレてきたので、これにて終わり。次は、ぼくなつ2!(予定

2019.05.24 Fri (21:04) l ぼくのなつやすみ4 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スプラトゥーン2(NSW)

スプラトゥーン2の体験版期間をプラスすると、
もう1ヶ月くらいはプレイしてることになるっぽいんですけど、

Splatoon2_016.jpg

ようやくウデマエがB-に・・・1つだけだけど。
(エリアもB帯に入ったけど、あっという間に落ちていった)
まぁ、B帯に入ってからのホコの勝率は4割くらいなので(味方回線落ち含めて)、
C帯に戻るのも時間の問題って感じですが、
なんとか首の皮一枚ってトコでウデマエキープしながら粘ってます。
B帯に入ったら対面で撃ち負けることも増えてきたし、
今はキル取るよりも、まず死なないこと、オブジェクトに絡み続けること、
状況によっては死んでもいいから突っ込むことなど、
その場その場での状況判断能力を養ってるところです。
自分の操作能力には限界があるので、違うトコで貢献しないと、
ただただチームの足を引っ張るだけで申し訳ないですしね。
キル取って死なずにオブジェクトに絡んでカウント進める、
これ全部できたら簡単にランクも上がっていくんでしょうけど、
そんなことできるなら苦労しないワケで・・・
まぁ、とりあえず、死なないことを意識するようになったら、
キル数は明らかに減ったものの、以前より戦績は安定してきたような気が。
(B帯だと、それでも死にまくることが多いのだけど)
たまに味方キル数より相手キル数の方が断然多いのに勝ててることがあって、
そういう時は皆が上手く動いた結果なんだな~って嬉しくなったりします。

自分のC帯の勝率的には、
ホコ>アサリ>ヤグラ>エリアって感じなんですが、
自分がプレイする時間帯にアサリが開催されてないことが多くて、
勝率の割に成績が上がらなくって困ります。
アサリが一番スポーツゲームっぽくて好きなんだけど、
私がプレイする時間って、ホコかエリアばかりという・・・なんでだろ。
ホコは好きだけど、エリアは何やっていいかわかんなくて苦手なんですよねぇ。
エリアの立ち回りについては攻略サイトやらで勉強したりもするけど、
いざ試合が始まってしまうと、思ってた展開と全く違う感じになってしまって、
うわー、うわー、と混乱したまま試合終了ってことが多くってw
まずは慣れることからだよなぁと、とにかく数をこなす方針でやってます。

そういえば、攻略サイトかどっかを見てた時に、
アオリちゃんがプレイヤーの細かいデータを教えてくれるって話を見たので、
どんなのかな~と思って行ってみたんですけど、

Splatoon2_017.jpg

こんな情報も見られるんですねぇ・・・細かいデータ全部見れればいいのになぁ。
そして、スパジャンですけど、始めたばかりの頃はいっぱい使ってたものの、
すぐ着地狩りされちゃうから滅多にやらなくなったんですよねぇ。
最近は、状況を見てから飛ぶか飛ばないか、どこに飛ぶかってのを決めてるので、
着地狩りはされなくなったけど、もうちょっと使った方がいいのかなとも思ったり。
アサリなんかはバリア破壊直後にアサリ持って特攻気味に飛んだりもするものの、
味方が良いトコ(前線からちょっと下がったトコ)を確保してくれてればいいけど、
それでも、出てきた瞬間ボムでボカーン!とやられかねないし(自分はよくやるし)、
成功した時のメリットが余程ない限りはやらないかな~と。
どこが安全か確認してる間に走った方が早い時もあることですしね。

さてさて、ここからはオクトパスエキスパンションについて。
前回書き忘れたことなんですけど、

Splatoon2_018.jpg

なんで、タコボーイの頭って、こんなのばっかりなの??
ガールの方は良い感じなのに、ボーイからはネタ臭しかしない・・・
アフロの方は、後ろから見るとタコ感が凄いからネタ的にもいいと思うけど、
こっちの坊主にタコ足1本のせました!ってのは、凄いやっつけ感が。
なんで、こんなのにしたんだろうな~と、ちょっと自分なりに考えてたら、
もしかして、これって「たこ八郎」をイメージしてるの?と思って検索してみたら、
同じ考えの人が見つかったので、やっぱりそう思う人いるんだ~って共感。
・・・まぁ、「たこ八郎」っていうと、私ですらギリギリわかるかなって世代なので、
スプラやってるメイン層では存在すら認識されてなさそうな予感が。

それはともかく、攻略の方はあんまり進んでません。
時間内に敵を全滅させろ、とかそういうのは、まぁ、なんとかなるんですが、
30秒よけ続けろ、みたいなステージがかなりキツイ。
よけるステージなら、せめて足元だけでも塗らせて欲しかったわ・・・
このステージはガチマッチには全く応用できないと思いますけど、
1人でガチヤグラやガチホコやるステージはガチマッチの練習に良さげですね。

ステージをクリアしていくと、

Splatoon2_019.jpg

こういうチャットログが見られるようになるんですけど、
なんだかインターネット黎明期を思い出す内容ばかりで、フフッてなります。
あんまり純粋なチャットルームを使ったことはないですが、
IRCとかを思い出して懐かしくなりますね・・・

そうそう、

Splatoon2_020.jpg

ヒーローモードのやり残しを片付けて、シューターだけゲットしてきました。
最近あんまりスシを使う機会はないんですけど、
どうせスシ使うならコッチを使いたいかな~と。
スシといえば、この前、久しぶりにガチエリアで使ってみたら、
スシベ(マルチミサイル)の感覚で使ってしまって、
誰も居ないエリア外にスーパーチャクチかましまくって戦犯になりましたわ。
アイツ何やってんだよ・・・味方煽りかよ・・・とか思われてそうで悲しい。

2019.05.20 Mon (21:15) l スプラトゥーン2 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ニーア レプリカント(PS3)

NieR_Replicant_045.jpeg

苦労しそうだなと思ってた「錆びたネックレス」マラソンが30分ほどで終わり、
その後、石の神殿にパイライト拾いに行ったら一発で確保できたので、

NieR_Replicant_046.jpeg

最後の武器強化を終了。
これでもうやることがなくなったので、
心置きなくCエンド→ロード→Dエンドと見ていったんですけど、

NieR_Replicant_047.jpeg

Dエンドに行く時の確認が、
「本当にいい?」「本当にいいの?」「本当に?本当??後悔しない?」
みたいな感じで何回も何回も確認してくるので、
あれ?ホントにいいのかな・・・って思っちゃいましたね。
一応、事前にこういうことになるとは知ってたのに、
あそこまで執拗に確認されると迷っちゃうから、
最初にプレイした人とか困っただろうなぁと思いますw
演出的には面白いんだけど、この時PS3が不安定になってたので、
Dエンドの最中に止まるなよ~~!!
って願いながら、スタッフロールを眺めてましたが、
無事にトロフィーを獲得できてホッとしました。

あとは「光速ファイター(15時間以内クリア)」を残すのみとなったので、
イージーでさっさとクリアして終わらせようと思い、
不必要なイベントは全部スルーして進めてたんですけど、

NieR_Replicant_048.jpeg

この婆さんのイベントって回避不能だったんですね・・・
最初、「あ、断れるんだ~」と思って「いいえ」を選択したものの、
村に帰ってから、また来るハメになったので、無駄に時間を使わされました。
他にも、初めて石の神殿に行く時に、地図がなかったせいか、
同じところをグルグル回って辿り着けなかったりして、
色々と余計な時間を使ってしまったものの、
クリア時間は7時間50分くらいで終わったので、
15時間以内クリアってのは、かなり楽な設定だな~って思いました。

NieR_Replicant_049.jpeg

そして、プラチナトロフィーをゲット。
前のデータのプレイ時間が62時間くらいだったので、
トータル70時間くらいで終わったのかな・・・
あ、でも、素材マラソンした時とか何度もロードしたから、
もう少し実際のプレイ時間は多いかもしれません。

そういえば、最後イージーでプレイしたんですけど、
イージーだから、もっと敵が柔らかいのかと思ってたのに、
ボスだけじゃなくてザコも普通に固く感じたので、
どこら辺がイージーなんだろう・・・って思いましたね。
武器強化してないせいもあるかもしれないけど、
序盤にカイネと協力して倒すボスとか普通に固くて、
ノーマルの時と何が違うんだ、コレ・・・と思って調べたら、
敵の固さは全く変わらなかったという。
こっちのHPが増えたり、MP回復速度が増えるとかってだけらしい。
ハードにすると、明らかに敵が硬くなったり被ダメ大きくなるから、
難易度によって結構変わるものだと思ってたけど、
ノーマルとイージーでは大差ないみたいです。
まぁ、もう終わったことなので、どうでもいいんですけどね。
とりあえず、これにてニーアレプリカントのプレイ日記は終了!

2019.05.17 Fri (21:04) l ニーア レプリカント l コメント (0) トラックバック (0) l top