ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!(PSP)

8月7日。

Boku_Natsu2P_031.jpeg

ナゾナゾ姉妹の宿題No.2の結果は、

Boku_Natsu2P_032.jpeg

カコの勝ちーぃ!
勝負が付いてから思ったんですけど、これも引き分けの方が良かったのかな~
なんか、自分が妹ちゃんの方を贔屓した感じがして後ろめい気分になったので、
次はお姉ちゃんの方を勝たせてあげたくなりました(優柔不断)。
まぁ、勝負の方法次第ですけど、次はもっと楽しいお題を求めます。

ナゾナゾ姉妹と別れた後は、前日の約束通り、光ちゃんに付き合うことに。

Boku_Natsu2P_033.jpeg

この子、詩ちゃんと同じタイプかと思ってたけど、
彼女に比べると物腰やわらかくて接しやすい感じがしますね。
詩ちゃんも素直じゃないだけで悪い子じゃないんですけども。

んで、

Boku_Natsu2P_034.jpeg

秘密の砂浜とやらに連れてきてもらったんですけど、
なんだ、ココか・・・というプレイヤーの心の声を代弁しちゃうボクくん・・・w
歴代のボクくんってデリカシーないというか裏表ないというのか、
思ったことをそのまま口にしちゃう子ばかりで戸惑います。

どうやら、ここは光ちゃん的には最近まで知らなかった場所のようで、
そのとっておきを教えてくれたんだから、割と好意的に見てくれてるのかな?
と思うんですけど、ボクくんの反応見ると、そういうの理解できてなそうで悲しい。

光ちゃんとの用事が終わり、やることがなくなったので、ウロウロしてたら、

Boku_Natsu2P_035.jpeg

芳花さんが大学生じゃない疑惑が出てきました・・・あの人、謎過ぎ。
格好とかを見ても他の住人から浮いてるように見えるし、
彼女が何を目的にやってきたのか気になるところです。
・・・まさか犯罪者・・・とかじゃないよね。
サイモンもサイモンでホントに写真家なのか疑ってますがw
ぼくなつの登場人物で外国人って珍しいから何かウラがありそうで・・・

夜、川を調べてみたら、

Boku_Natsu2P_036.jpeg

急に川の名前が決まりました・・・唐突過ぎ!
これ結構重大イベントかと思ってたのに、小イベント扱いなのは残念。

その後、民宿に戻ってシゲル君と話してみたら、

Boku_Natsu2P_037.jpeg

や、ヤキモチ焼かれた・・・!
っていうか、どっからその情報を手に入れたんだよと思ったけど、
田舎ってのは、こういう小さなことでも噂になっちゃうから仕方ないのかな。
とりあえず、シゲル君は嫉妬する前に光ちゃんへの嫌がらせをやめればいいのに。
そして、ボクくんは普通にお前呼ばわりされてるし、やっぱり舐められてるのでは?w



8月8日。

今作って、思ってたより行ける場所が少ないな~なんて思ってたんですが、

Boku_Natsu2P_038.jpeg

おじさんが新たな場所に行けるようにしてくれるらしいです。やったね!
これで、洋くんのロケットも探しに行けるようになるのかな~
毎日毎日、墓場で同じところを探してる洋くんが不憫だったので有り難い。

昼、光ちゃん情報(占い)を頼りに海岸へ行ってみると、

Boku_Natsu2P_039.jpeg

サービスショット・・・!?
ぼくなつのサービスショットってサービスになってないよね・・・w
しかし、芳花さんって普通にバカンス楽しんでるだけなのか、
カムフラージュでそういうのを装ってるだけなのか、うーん・・・謎です。

夜、民宿をウロウロしてたら、

Boku_Natsu2P_040.jpeg

・・・笑顔が怖いシゲル君に遭遇。
いや、ただのデフォルト顔なんだろうけど、
静かにキレてるようにも見えなくないという。
一晩過ぎても、この調子とは先が思いやられます。
光ちゃんと仲良くなる度に、シゲル君にキレられるのかな~
それはそれで面白そうなので、頑張って光ちゃんと仲良くなろう・・・!

2019.06.28 Fri (21:10) l ぼくのなつやすみポータブル2 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ロマンシングサガ2(PSV)

ロマサガ3リマスターの情報もちょいちょい出てきたようなので(詳しく読んでないけど)、
そろそろロマサガ2リマスターをやろうか~ということに。

ロマサガ2は発売当時にプレイして以来だから記憶も曖昧になってるし、
初見みたいな気分でプレイしていこうと思います。
まぁ、ホントの初見時のような脳筋プレイ(参考記事)はしませんがねw
今回は術も普通に使っていくし、合成術もちゃんと作っていきたいとこです。

ということで始めていきますが、

RomancingSaga2R_001.jpg

あれ?なんかザコ敵が強くない??
ダメージ通らないし、被ダメ大きいし、陣形崩されるしで滅茶苦茶!
コイツらは、やり直して術を使っていったらなんとかなったんですけど、
やたら陣形崩されまくるのなんでだろーと思ったら、

RomancingSaga2R_002.jpg

デフォルトの移動速度がダッシュになってるじゃないですか~
ダッシュ中に接敵すると陣形崩されるんだから、
デフォは歩きで良かったと思うんだけどなぁ・・・

あと、プレイしてて、あれ?って思ったのが、

RomancingSaga2R_003.jpg

この重さについてのシステム。
全然覚えてないなぁ・・・体重計まであるし。
そして、このシステムを聞いて、大昔にハイドライド3かなんかをプレイした時、
頑張ってお金を貯めて高い鎧を買ったら、分不相応な重さだったらしく、
移動速度が極端に落ちてゲームがまともにプレイできなくなったのを思い出しました。
重さの設定があるゲームって、リアルだけど不便になることも多いので、
入れてほしいような入れてほしくないような微妙な感じがしますよね。
まぁ、これを上手く利用すると軽装にしてスピード上げたりってのもできると思うから、
戦術の幅が広がったりするのはいいことだと思いますけども。

さてさて、とりあえずストーリーを進めていたら耳慣れない言葉が。

RomancingSaga2R_004.jpg

ウオッチマン・・・これも全く覚えてない。
あのブロッケンJr.に真っ二つにされたヤツ・・・ではないよね?(当たり前)
この後、そのウオッチマンの巣とやらに行ってみたら、
ウサギのモンスターが出てきたんですけど、やっぱり記憶にないヤツでした。

それで、現在、ジェラールが皇帝になるとこまで進めましたが、

RomancingSaga2R_005.jpg

スキあらば殺しに来るゲームだなぁと改めて。
ミミックは頑張ればなんとか倒せる相手とはいえ、
あんなに沢山ワナを置かなくても・・・って思いましたね。

こんな感じでボチボチ進めていこうと思います。
ロマサガ3リマスターが発売されるまでになんとかクリア・・・できればいいな。
2019.06.24 Mon (21:12) l ロマンシングサガ2(リマスター) l コメント (6) トラックバック (0) l top
ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!(PSP)

8月5日。

Boku_Natsu2P_021.jpeg

朝、「民宿の近くを流れる川ってなんていうの?」って話で、
特に名前がないんだよね~という話になって、

Boku_Natsu2P_022.jpeg

何故かボクくんが川に名前を付けることに。
・・・って、そんな適当に名前を付けていいもんなの??
そもそも、おじさんに何の権利があっての発言かというのも疑問ですけど、
ここに住んでないボクくんが名前を付けていいもんなんだろうか・・・
まぁ、そういうイベントなんだろうけど、微妙な名前になりそうな予感しかない。

朝食後、近所を散策していたら、

Boku_Natsu2P_023.jpeg

ウワサのロケット少年「洋くん」に遭遇。
どうやら、墜落したロケットの部品を回収したいみたいなので、
一緒に探してあげたんだけど全然見つかりません。
まぁ、その内イベントが進むだろう(解決のヒントが出てくる)と思って、
この日は諦め、また散策に戻ったんですが、
特にやることもなく、気付けば1日が終了。



8月6日。

Boku_Natsu2P_024.jpeg

もしかして、オオカミ娘?って思う喋り方と風貌の新キャラが登場。
大学生らしいですけど、今回、年上のお姉さまポジション多すぎません??
靖子姉ちゃん、看護婦さん、つみれちゃん、ナゾナゾ姉妹の姉ちゃん、
そして、この芳花さんと、他のシリーズに比べてお姉さんが多い!
ナゾナゾ姉妹の姉とか、つみれちゃんはあんまり年上感ないけども・・・w
とりあえず、芳花さんは声が田中敦子様だし、
キャラ的にも良さそうなので、積極的に絡んでいきたいと思います。

で、↑の画像にも見切れてますが、

Boku_Natsu2P_025.jpeg

第二の宿題の時間がやってきましたよ。
今回は、白と黄色のチョウチョのどちらを多く捕まえてくるかという、
割とどうでもいい感じのお題でした・・・もっと謎解きとかしたかったな・・・
妹ちゃんの方が面白そうなキャラなので、一応、黄色の方を集めることに。

その後、適当に散策して民宿に帰ってくると、

Boku_Natsu2P_026.jpeg

何やらお風呂イベントの予感が・・・!?

Boku_Natsu2P_027.jpeg

と思ってダッシュで行ったら、そんなイベントはありませんでしたw
それはともかく、靖子姉ちゃんと光ちゃんが着てるのってスクール水着かな?
私、スクール水着が存在するのって漫画とかの世界だけだと思ってたんですが、
道外には普通に存在するって聞いてビックリした記憶があります・・・
北海道のプール授業では指定の水着はなく市販品を着用するのが普通なので、
ああいうのは漫画が書きやすいとか、そういう理由で同じ物を着せているものかと。
私の経験上、北海道ではプール授業は小学校くらいでしかやらないと思うし、
小学校にはプールが併設されてたけど、中学にも高校にもありませんでしたので、
プール授業が少ないってのも、スクール水着がない原因なのかもしれませんね。
(調べてみると全く使われてないわけではないようですがレアっぽいのは確か)
そんな感じでプール授業が少なかったせいもあるのか私はカナヅチです。
水が怖いワケでもないし、水の中で目を開けられないってこともないし、
潜るのも浮くのも問題なくできるんですが、10m前後進むのが精一杯というw
というのも息継ぎの仕方がサッパリわからないからマトモに泳げないんですよね。
あ、私が泳げないからといって道民が皆カナヅチなワケではないです。
泳げる人が9割以上の感覚なので、私みたいなカナヅチの方がレア。

話が脱線しましたが、お風呂イベントがなかった代わりに、

Boku_Natsu2P_028.jpeg

光ちゃんとデートの約束をしました。
というか、拒否権はなさそうでしたが・・・
まぁ、予定がないよりはあった方が楽しそうなので、いいけれども。

その後、民宿の中を見て回ってたらタケシが居なかったので、
どこ行ったんだろうな~と思って探し回ってたら外で発見。
そして、その会話の中で、

Boku_Natsu2P_029.jpeg

芳花さんみたいな知らない客が来るのは珍しいという話が。
なんか、ワケアリの客なんでしょうかねぇ・・・
しかし、そうなると、サイモンって常連さんなのかな~
ちゃんと会話を聞いてなかったのかもしれないけど、
この人も一見さんなのかと思ってましたわ。

そうそう、ちょっと今作で気になってる部分があるんですけど、

Boku_Natsu2P_030.jpeg

チョークで色んな所に落書きできるのはいいとしても、
(そこに書いて大丈夫なのかってトコもあるけど)
「NEW」の虫を発見し虫アミを振ろうとしたら、
ちょうど、この落書きできる場所だったようで、
落書きタイムが終わったら場面転換しちゃうせいか、
「NEW」の付いた虫が居なくなっちゃうってのがあって困ります。
今まで2回くらい逃したんですけど、これはなんとかして欲しかった・・・
虫アミと調べるボタンが一緒なのが問題なんですよね~
他のシリーズでも、そこを調べたいワケじゃないんだって!
って思いながら、上手く場所を変えて虫アミを振り回してましたが、
今作では、ただ調べるだけじゃ終わらない場合もあるので、
こうならないように、先に落書きできる部分は落書きしちゃった方がいいのかな。
まぁ、落書きすることに意味があるとは思えないので、
チョークを手に入れたコト自体が罠だったような気もしてきましたが。

2019.06.21 Fri (21:21) l ぼくのなつやすみポータブル2 l コメント (0) トラックバック (0) l top
スプラトゥーン2(NSW)

6/15~6/16にかけて行われたスプラトゥーン2のフェス。
お題は「酢豚にパイン入ってるのって… ナシ vs アリ」
・・・うん、至極どうでもいいお題ですねw
個人的には酢豚を食べた記憶もないので、正直どっちでも・・・
そもそも酢豚って、なんとなくこんな食べ物だよな~くらいの認識しかないですし。
そういえば、昔、給食に出てきた煮物っぽいものにパインが入ってて、
教室中がザワザワしてたことがあったけど、あれが酢豚だったのかな?
私は好き嫌いが激しすぎて給食のおかずにはほとんど手を付けてなかったし、
あんまり興味もなく献立とかを調べたりもしなかったから、
なんかヘンなの入ってない?くらいにしか思ってなかったので・・・

・・・というワケで、強いて言えば「酢豚に興味ナシ派」なのですが、
そんな派閥はないので、同士討ちを避ける意味でも少数派を選ぼうと思い、
「酢豚にパインはアリ」派を選んだんですけど、
計測含めて15戦くらいやったところ、普通に同士討ちが起きましたw
あれ?色んなとこで調べた限りナシ派が大勢だと思ってたのに間違った・・・?
まぁ、同士討ちが起きたのはその1回だけだったし、
結果的にも6:4くらいでナシ派の方が多かったようですが。

んで、

Splatoon2_031.jpg

1人で参加したチャレンジの結果がコチラ。
前回よりはフェスパワーが上がってますね・・・成長してるのかな?
まぁ、あんまり試合数をこなしていないこともあって、
この数値がどの程度の意味を持つのかは微妙なトコですけど。

その後、前回に引き続き、じゃるさん達のフェスに混ぜてもらったので、
少しは成長したところを見せないと・・・と思ったのですが、

Splatoon2_032.jpg

ご覧の有様だよ!!
いや、他にもう少しマシな試合もあったんですけど、
この時はかなり押し込んでて自分もほとんど死んでなかったし、
割と活躍できてた気がしてたんですが、こんなリザルトになっててビックリ。
ここには載ってないけど味方全員0デスで自分だけ1デスというのが悲しい。

というワケで、今回もかなり足を引っ張ってたワケですが、
前回よりは前に出られた分だけ良かったと思います(自己満足)。
まぁ、前回よりも前に出たことで不用意な飛び出しをしてしまったりもしたんですが、
後ろから撃たれてる~・・・と思ったのに、気付けば後ろからの射撃音が消えてて、
誰かがカバーしてくれてたんだなぁと思うことが多く、ありがたかったです。
ちなみに、私もできるだけカバーに入ろうとしてはいるんですが、
エイムが残念なのでカバーできず、あ~・・・ってなることが多くて申し訳なく・・・
ガチマッチとかやってても、あの人危なそうだなと思ってカバーしに行った挙げ句、
そのまま一緒にやられるとかってのも多々あるくらいなので、
カバー意識だけでなく、肝心の操作能力も上げていきたいなと思いました。

フェスの話はこれくらいにして、今度は最近のガチマッチについて。

Splatoon2_033.jpg

こちらが現在のウデマエです。
ハイ、相変わらず、あんまり変わってませんね!
強いて言えば、ガチエリアがB+に上がったことくらいでしょうか。
B+まで来たから一気にAまで・・・と思ったものの、そう上手くはいかず、
B+で1回割れてキープになって、更にまた割れそうな感じです。
OKラインまではなんとか行く感じなので、粘りたいところ・・・

そして、最近はホコをメインにやってます。
というのも、暫くの間、ホコの勝率が安定しなくて、
一時期Bだったのが、B-、C+、B-、C+、B-、Bってな感じで、
ずーっと苦戦してたので、集中的にプレイすることに。
苦手なステージでもやってる内に慣れてくる!と思ってやり続けてたんですが、
その慣れてくるまでの時間が思ってたより長かったという。
お蔭で、苦手だったステージもある程度なんとかなるようになったので、
ステージが変わる7月までに上げられるところまで上げられればなぁと思ってます。
・・・といってる内に、また下に落ちそうな気配がしてきたんですけど、
ホコ好きなので、またCまで落ちたとしても楽しくプレイしようと思いますわ!

次にオクトの話を。

Splatoon2_034.jpg

一応、全ステージ攻略しました。
全クリすると、最後に、心の中のなんとかさんってのが出てくるんですが、
それがめちゃくちゃ強くて、今の私にはちょっと無理ぽ・・・って感じだったので、
もう少し上手くなってから再挑戦することにしました。
攻略動画みたいのも見てみたけど、あんな動きできませんわ・・・

そのこともあって、最近は基礎技術を上げるために、
オクトで全ブキ全ステージ制覇とか、ヒーローモードの全ブキ制覇を目指してます。

Splatoon2_035.jpg

そして、先日、無事にヒーローチャージャーをゲット。
ヒーローモードというのは、とりあえず1回クリアしてしまえば、
他のブキでも簡単にクリアできるもののようなので、
あんまり達成感とかそういうのはないんですが、
チャージャーを使ってて思うのは、やっぱり難しいブキだなぁってこと。
私のウデではタコゾネスにビシバシ当てていくのさえ難しいので、
ガチマッチとかで使いこなしてる人はホント凄いなぁと思いますわ・・・
今はローラーでプレイしてますが、こっちはこっちで扱いが難しいですね。
前は一撃でキル取ってて楽そうだなーなんて思ってたんですが、
自分で使ってみると、んんん?意外と使いづらい?って感じました。
最近はマニューバーが使いやすそうに見えてるんですけど、
こっちも使ってみると案外そうでもないのかな・・・と思ったり。

2019.06.17 Mon (21:24) l スプラトゥーン2 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドラッグオンドラグーン3(PS3)

Drag_on_Dragoon3_006.jpeg

うーん・・・

Drag_on_Dragoon3_007.jpeg

うーん・・・
今作って、なんだかギャグアニメみたいになってますねw
特にミハイル(ドラゴン)が絡むと、ほぼほぼギャグ展開。
ゴア表現とかも普通にあるんですけど、それすらネタとして使ってる感じが。
この辺りの表現に関しては、人によって好き嫌いが分かれるだろうし、
それが、この作品の芳しくない評価につながってるのかなと思ったりします。
ここまでプレイした感じだと、個人的には悪くはないかな~って感じですけど、
今までよりも更に人を選ぶゲームになったな・・・とは思いました。

さてさて、現在2章5節までクリアしましたが、特に難しい場面もなくサクサクです。
戦闘は割とスピード感があるので、爽快感がありそうなもんなんですけど、
カメラワークの問題なのか、何をやってるのかわからなくなることが多々あるし、
操作の方も単調な攻撃でなんとかなってしまってるので、
イマイチ爽快感を得られるタイプのアクションではないと感じます。
まぁ、DODに何を期待してるんだって話ですけども・・・

それはそうと、

Drag_on_Dragoon3_008.jpeg

ショタっぽい使徒が仲間になったんですけど、

Drag_on_Dragoon3_009.jpeg

やはりというか何というか、なかなか良い性格してます。
ただ、DODに登場するキャラの中では飛び抜けてアレな人ってワケではないので、
もっと変な人が出てきて、話を盛り上げてほしいなと思います・・・w
変な人ばっかりなのがDODの魅力ですし!

そういえば、

Drag_on_Dragoon3_010.jpeg

動く床を飛び移っていくのが苦手ってゼロが言ってたんですけど、コレに共感。
2Dのゲームなら大丈夫だけど、3Dのゲームだと、よく落っこちるんですよね・・・
このゲームもカメラワークの問題で大変かな~と思ってたんですが、
ギリギリのところで落ちると、なんとか端っこの方を掴んで登れる仕様なので、
そこまで問題にはならなそうってのには安心しました。
ミハイルに乗れば楽なのに「臭いから」といって拒否するゼロを恨まずに済みそうですw

2019.06.14 Fri (21:02) l ドラッグオンドラグーン3 l コメント (0) トラックバック (0) l top