ファイアーエムブレム覚醒(3DS)

ルナティックも終わったので、

FE_kakusei_054.jpg

いよいよルナティック+を開始します!
ルナティック+では敵パラメータ自体はルナティックと同じみたいですが、

FE_kakusei_055.jpg

ザコ敵が、こーんなイヤなスキルを持つように。
全員が全員、絶対命中を持っているってワケではなく、
月光+(100%発動。防御、魔防半減)、待ち伏せ+(100%発動。先制攻撃)、
すり抜け(敵を無視して移動できる)のようなスキルをランダムで持っているようです。
待ち伏せ+だけなら、新紋章の裏ルナで慣れてるから大して問題ではないんですが、
すり抜けを持っているキャラが多いと、壁を使った戦術がとりにくいし、
月光+と絶対命中を両方持ってる敵なんかも居たりするのには困ったもんです。

少しやってみた感じでも、ルナティックとは全く別物でとても難しいので、
縛りを入れてクリアできるのかなーという疑問はあるんですが、
遭遇戦、DLマップ、通信、錬成、ドーピング、回復以外の杖の使用を禁止でいきます。
ルナティックでは封印してたリザイアは解禁し、各種プルフの使用制限も無しで。
あと、ルナの時はイベントを見るために「みんなの部屋」を禁止にしてなかったんですが、
もうイベントも大体見終わった感じなので、コレも禁止にしときます。
たまに、時限ドーピングみたいのが発動することもありますしね。

さて、それでは、ようやく2章までクリアできたので、そこまでの途中経過を。
(一度2章まで進めたものの、2章がクリアできずに最初からやり直してます)
ほぼ自分用の攻略メモ的な感じですが。

断章 3ターン MVP なし
ここだけはルナと一緒。

序章 64ターン MVP ルフレ&リズ
序章から、かなり厳しく、正面から戦うと運頼みになってしまうのですが、
河を有効に利用すると、かなり安定した戦いができます。
基本的に、スキルのお陰でレベルの上げやすいルフレと、
元々それなりに強いフレデリク以外はマトモに戦えないので、
当面は(特に序章辺りは)ルフレのみのレベルを上げることを考えます。

1ターン目、フレデリクとクロムのダブルで、東側に見える剣士を倒し、
ルフレとリズもダブルを組ませて、同じく東に移動。
(この際、先にルフレで剣士に攻撃しておくと、少しだけ経験値が稼げます)
敵ターンでのフレデリクの反撃で蛮族にダメージが与えられるので、
その蛮族はルフレのサンダーで倒し、フレデリクで近付いてきた魔道士を倒すと、

FE_kakusei_056.jpg

この状況に持っていけるので、
ルフレは河に入り、リズの持ってる傷薬で回復。
フレデリクはルフレの邪魔にならないように西へ移動した後、
北へ移動し、クロムに交代して河の中に入って敵から避難しておく。
そしたら、残った敵はルフレで上手く誘導して、

FE_kakusei_057.jpg

こうすれば、あとは一方的に魔法で攻撃を。
この2体を倒したら、ルフレはそのまま北に向かい、

FE_kakusei_058.jpg

こっちの河に入って、先ほどと同様の戦い方を。
逃げ場がなくならないように、クロム側とルフレ側のユニットを使って、
うまく敵を誘導してやると、ほとんど一方的に戦えます。
厄介なのはエルサンダー持ちの魔道士くらいなんですが、
ルフレの反撃で倒すか、タイミングを見てフレデリクで倒すか、
状況を見て判断することになります。
ボスはルフレとクロムのダブルで戦い、リズで回復してれば問題なし。

1章 5ターン MVP ルフレ&クロム
ここはちょっと運任せの部分が少なからずあるんですが、
ルフレが育ってさえいれば、ある程度はなんとかなります。
まず、フレデリクとクロムのダブルで初期配置すぐ下の砦に入り、
横にいる戦士を撃破しておく(クロムとダブルにすれば追撃できるので)。
ルフレはフレデリクに隣接し、人交換でクロムを後衛に入れ、
反撃で傭兵のHPを削っておく。
この後は、後退しながら反撃で敵を減らしていくことになるんですが、
傭兵はフレデリク(できればソワレを後衛に)、弓兵はルフレで戦えるように配置すると、
効率的に敵を倒していけるので、戦いを優位に進められます。
ボスは、ルフレの反撃で倒すのが一番楽。

2章 18ターン MVP ルフレ&クロム
かなり厳しいマップなので運に頼らざるをえないところがあるんですが、
ルフレの速さが14まで上がってると少しは楽に戦えます。
(クロムとの支援LvがCならダブルで速さ18になり、傭兵にも追撃できるから)
敵の先発部隊が結構多いので、1ターン目から少しでも敵を減らしておかないと、
ジリ貧になっていって、誰かが犠牲になってしまうので、
まずは1ターン目に、ルフレとクロムのダブルで山に居る蛮族にサンダーで攻撃。
サンダー2発とクロムのデュアルアタックで撃破まで持っていくのがベストですが、
敵が山に居ることもあって地形効果のせいで倒しにくいです。
倒せない場合はソワレを隣に移動させて人交換→交代してクロムで倒せたりもしますが、
蛮族が待ち伏せ+を持っていると次のターンでクロムが死にかねないので、
予めルフレの移動する場所の隣にリズ(支援C)を配置して必殺率を上げて倒すほうが、
その後の展開も楽だと思います・・・って、これだとホント運頼みですけれど。
1ターン目には、あともう1体ほど倒しておきたいので、
山賊の近くに居るソルジャーも撃破しておきます。
ヴィオールとソールのダブル→交代してヴィオールで削り、
ヴェイクとダブルを組んだフレデリクの銀の槍で確殺。
こっちは初期パラメータでもなんとかなるので楽です。
2ターン目からは、山を障害物のように使って、後退しながら戦うんですが、
確実に1体ずつルフレかフレデリクの反撃で撃破していくことになります。
敵を効率的に撃破していくことができないと、北側から敵に回りこまれるんですが、
そうなる前に、フレデリクを敵の攻撃範囲に入れて反撃しておくのが有効。
退路さえちゃんと確保しておけば、下がりながら戦い続けることができるので、
退路の確保だけはしっかりやっておくと安定して戦えます。

先発隊を片付けたら砦でHPを回復し(ライブと傷薬の節約のため)、
今度は敵本隊との戦いに移ります。
ルフレは出来るだけ回復薬を持たせてクロムとダブルを組み、
河越しにソルジャーへ魔法攻撃。
(サンダーを使いきったので、ミリエルからファイアーを没収しました)
フレデリクはヴェイクとダブルを組み、砦近くの傭兵の攻撃範囲(橋の左側)に待機。
こうすると、敵ターン時に、フレデリクの反撃で傭兵を撃破できるので、

FE_kakusei_059.jpg

この状況に持っていけます。
この後、ルフレはそのまま待機しボスとの戦闘に入り(回復は薬で)、
フレデリクは蛮族の攻撃範囲ギリギリに移動し、また反撃でダメージを与えていく。
回復はリズに任せてればなんとかなるし、どの敵も移動力は5しかないので、
変な移動の仕方でもしなければ早々追いつかれることはないので、
毎ターン反撃で1体ずつ確実に仕留めていけばいいと思います。
ルフレはもし囲まれそうになったら河を渡ればいいし、
あとは、特に問題なく片付けられます。

そして、この2章をクリアすると、ようやく進撃準備ができるように!
これまで、マップ開始直後に慌ててアイテムの受け渡しをしたりして、
余計な手間がかかってたんですが、そういうものからは開放されるし、
ここからは楽な展開になるかなーと思ってたんですが、
3章の敵パラメータを見てみたら、

FE_kakusei_060.jpg

なんか新しいスキルが増えてる・・・
これまでの敵スキルに加えて、聖盾+、大盾+が出てきて、
更にはカウンター持ちの敵まで登場し、難しさがよりアップしたような気が!
ホントに一筋縄ではいかないですねー、ルナ+は。
まぁ、楽しいのは楽しいんですけど、敵のスキル構成によっては無理ゲーだから、
リセットリセット、またリセットって感じの攻略になるのは相変わらずのようです。
エンディングまで行くのに、どれくらい時間がかかるんだろコレ・・・

関連記事
2016.01.29 Fri (00:02) l ファイアーエムブレム覚醒 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://tsumigamediary.blog.fc2.com/tb.php/1041-237a5498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)