ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!(PSP)

8月15日。

Boku_Natsu2P_071.jpeg

宿題ナンバー5はテントウムシの星の数当て対決~
とかいいながら、先に姉妹が予想(チョコ50コ、カコ150コ)してるので、
今回もボクくんの匙加減で勝敗が決まるようです。
この対決、本当に何の意味があるんだろ・・・
ボクくんの匙加減で勝負が決まるってことは、
どっちが好みかって遠回しに聞かれてるってことなのかなw
まぁ、今回も面倒そうなのでさっさと終わらそう・・・(どうでもよくなってきた

そういえば、朝、光ちゃんが猫にエサやりに行ってるのを見かけたんだけど、
めちゃくちゃ周りを気にしながらネコ屋敷(?)に入っていったから、
やっぱり野良猫にエサやるのが良くないとは思ってるってことなのかな・・・?
その後、光ちゃんに話しかけても特に何も起きなかったんだけど、
これは一体何だったんだろう・・・後でイベントの続きがあるのかなぁ。

とりあえず、あまり予定という予定がなかったので、
昨日に引き続き、海の秘密基地(仮)へ行ってみることにしたんですけど、

Boku_Natsu2P_072.jpeg

なんか乗っ取られてる・・・!?
そして、沈没船内部の捜索も既にやったものの50円しか出てこなかったとのこと。
まぁ、私が潜って調べた感じでも、財宝らしいものはなかったですし、
こんなオチなんだろうな~って予想通りでした。
・・・って、50円も出てきたんなら、こっちに下さいよ!
結構手伝いとかしたし、大人にとっての50円は小さい額かもしれないけど、
子供にとっての50円は結構大きいんですよ!(特に当時の物価を考えると)
君野さん、どっかのボンボンって話だけど気前が悪いですね・・・

その後、色々やってたら夕方になったので、

Boku_Natsu2P_073.jpeg

診療所に行ってみたんですけど、おばあちゃんはそろそろ帰るとのこと。
お盆の間だけ現界できるタイプの幽霊みたいですね。
居なくなったら、おじいちゃんが寂しがるだろうな~って思ったんですけど、

Boku_Natsu2P_074.jpeg

あの少女は、おじいちゃんが作り出した幻だったらしい・・・
ということは、ボクくんはおじいちゃんが作った幻と会話してたってこと?
おじいちゃん、実は念能力者(具現化系)だったようです。
・・・って、そんなわけあるか~い!
昼間に釣りしてる時も、ちゃんとエサ付けてたかどうか怪しかったし、
もうボケてきちゃってるんじゃないのか、おじいちゃん・・・

そんなおじいちゃんがアレな感じになってきて不安な相楽家ですけど、
一番の問題である母(静江)と娘(靖子)の関係も、

Boku_Natsu2P_075.jpeg

Boku_Natsu2P_076.jpeg

相変わらずですね。
これ、お互いに意地っ張りだから面倒くさいことになってて、
ボクくんを連絡係にして、なんとか関係修復を試みようとしてるように見えますが、
小学生に大事な役割を担わせるのはやめて下さい・・・
ただ、まぁ、自分も意地っ張りな方だから気持ちはわからんでもないし、
こういうのって誰かが間に入ってくれないと無理なんですよね~
こうなる前に、ボクくん以外の誰か(大人)がなんとかしてあげれば良かったのに。



8月16日。

テントウムシの星の数当て対決は、

Boku_Natsu2P_077.jpeg

すごくヤル気のない結果に終わりましたが、
こう見ると、カコちゃんを勝たせるのって結構面倒くさいですね。
とりあえず、これで3vs3のイーブンに・・・!
盛り上がって・・・くるワケないか・・・w

朝食時に、今日、静江さんが帰るって話を聞いたので、
せっかくだからと見送りに行ってみたんですけど、

Boku_Natsu2P_078.jpeg

誰も来てない!!
っていうか、光ちゃんにすら帰る日を教えてないらしい。
もう、この家族、色んな意味でアレですね・・・なんか不思議な関係。

静江さんを見送った後、いつもの日課をこなしてたら、
あっという間に夕方になってしまったので、
診療所に行こうかな~と思ってたんですけど、
2,3日前に斧を手に入れたことを思い出したので、

Boku_Natsu2P_079.jpeg

木を切りに行くことに(切る瞬間を撮ろうとして失敗したSS)。
しかし、毎度のことですが、勝手に木を切り倒すのってどうなんでしょうね。
まぁ、今回は電柱を切り倒しちゃう(おそらく無許可)おじさんも居ますので、
それに比べると、全然普通の行為に見えちゃったりもしますがw

んで、木を切り倒したので、新しいエリアに入れるようになり、
これで洋くんの父親に会えるのかな~と思ったんですけど、
小屋には誰も居なかったので、また後日ってことみたいです。

そして、夜。
靖子姉ちゃんが、お母さんが茜屋にカギ置いてないかな~と言ってたので、
しょうがないな~と見に行ってみると、

Boku_Natsu2P_080.jpeg

ホントにありました。
なんだかんだで、この親子ってわかり合ってるんじゃないかな・・・
早速このカギを持って靖子姉ちゃんのトコに急行してみましたが、
特に反応はなく、扉を調べても開けられなかったので、
こちらも、また後日ってことらしいです・・・もどかしい。

関連記事
2019.08.20 Tue (21:07) l ぼくのなつやすみポータブル2 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://tsumigamediary.blog.fc2.com/tb.php/1404-a0f34600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)