龍が如く6 命の詩。(PS4)

5が終わったので早速6を始めたんですけど、
例によって本編でのスクリーンショット禁止なんですねぇ・・・
そういうことならば、とっとと本編クリアしてしまう方向で進めるので、
本格的にトロコン作業するのはプレミアムアドベンチャーになりそうです。

今回の時代設定は本作の発売年と同じく2016年なので、

Ryu-ga-Gotoku_6_001.jpg

スマホもSNSも当たり前なんですね~
そして、桐生ちゃんって、割と機械音痴なイメージがあったけど、
気付けば普通にスマホを使いこなしてるように見えるし、
喧嘩の強さ以外にも色々と成長してるんだなって思うと感慨深いです。

桐生ちゃんも48歳と、もうすぐ五十路となり、
そろそろお祖父ちゃんでもおかしくない歳になったので、
孫(みたいなもの)が登場するんですが、

Ryu-ga-Gotoku_6_002.jpg

ちょいちょい、こうやってあやしてあげないといけないのが面倒くさい。
実際の赤ん坊の世話とかもこんな感じで大変なんでしょうけど、
ちょっと移動する毎に「あやす」ミッションが発生するのは勘弁してほしい。
それはそうと、桐生ちゃんが赤子を連れ歩く様は、
子連れ狼ならぬ子連れ龍って感じで面白いですね。

今、ストーリーは6章まで終わったんですけど、
相変わらず桐生ちゃんがトラブルに巻き込まれてるというよりは、
自分から首突っ込んでいってる場面が結構あって、
全然カタギになる気ないよね、この人・・・ってなってます。
フリーランスのトラブルシューターっていうか喧嘩屋みたいな気が。
歳も歳なので、そろそろ落ち着いてほしいトコだし、
自分が動くとどうなるかを考えてから動いてほしいような。
そして、今のところ、秋山が不憫で仕方ないってのが一番の感想。
ラスボスはパッケージを見る限り、あの人だと思ってるけど、
5みたいに「お前かーい」って人になることもあり得るので、
たとえM迫さんであったとしても驚かないぞ・・・ガッカリはするけど。

んで、とりあえず本編クリアに全力って感じで進めてるんですが、
ちょっと寄り道したくなったので、少しゲーセンで遊んでました。
まずバーチャ5をプレイしたことがなかったので遊んでみたんですが、
半分くらい知らないキャラでしたね・・・2までしかやったことないので。
今回、難易度が低くなってるらしくてガチャプレイでも余裕なんですが、
デュラルだけは普通にデュラルだったので、3回くらい挑戦して全敗。
目録の達成条件はデュラル戦含めてクリアとか、
全キャラで勝利するとか面倒くさそうなのが多かったので、
敢えて目録を達成する必要もないかと思い撤退しました。

そして、ぷよぷよもやってきたんですが、
ぷよぷよって書いてるから相殺ナシの初代なのかと思ったら、

Ryu-ga-Gotoku_6_003.jpg

あ~、こっちのヤツか。
フィーバー組は全然キャラの名前が覚えられないんですよねぇ。
スケルトンTとかナスグレイブとか覚えやすくてよかったのに!
で、こっちもバーチャ5と同様に難易度設定が低いらしくて、
死にそうな気配がないまま30連勝したところで自主的に終了。
これで達成目録は全部埋まっただろ!って思ったのに、
どうやら同キャラは出現しない仕様らしくて、
他のキャラでちょこっとやって全目録達成完了。

今回のミニゲーム関係は、今のところ簡単なのが多いっぽいですね。
ハングオンとかスペースハリアーも条件が緩和されてるようだし、
今回だったら目録100%でも割と楽だったかも?と思ったり。
いや、100%にするのは流石に時間かかるか・・・

それから、毎度恒例の野球コーナーがあるんですけど、

Ryu-ga-Gotoku_6_004.jpg

この草野球が結構楽しそうに感じてたり。
自分で操作する場面はチャンスの時とかだけっぽいけど、
こういうバッティングだけするゲームは割と好きなんですよね。
(パワプロかなんかに似たようなモードがあった気がする)
打率とか記録されるのも楽しいし、そういう数字を見るのも好きなので、
これは本編クリア後にじっくり楽しむことにします。

関連記事
2021.06.12 Sat (18:03) l 龍が如く6 命の詩。 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

もう6章まで進んだのですね~
草野球のやつは面白かった覚えが!
キャバクラとかより、断然いいですよね。

ほんと桐生さんは自分からトラブルにつっこんで行ってますよね(笑)

私はスカーレットネクサス発売まで何のゲームしようか悩み中です。
2021.06.12 Sat (22:46) l 柴犬. URL l 編集
1周目はすぐ終わりそう?
>柴犬さん

サブストーリーとかあまりやらずに進めてるので、もう10章まで来ました。
順調に行けば、あと2,3日でクリアできそうかな~って感じです。
そこから本格的にトロフィー埋めていくことになるので、
トロコンまでは、まだまだかかりそうですけれどね。

草野球、良さげですよね!
こういうのが好きじゃない人には面倒かもしれませんが、
私としてはバッティングセンターより全然アリだと思います。
キャバクラは・・・水商売アイランドみたいのなら楽しいんですけど、
キャバ嬢と話したりするのやら「キャバつく」は面倒で苦手です。

桐生ちゃんって「降りかかる火の粉は払う」みたいな感じで動いてるようですが、
人助けするついでに、そこら中で暴れまわってるイメージです。
人助けしたいのか暴れたいのか、どっちがメインかわからない場面もありますし。

スカーレットネクサス・・・何か聞いたことがあるような・・・
ということで少し調べてみましたが、サイバーパンクっぽい雰囲気で良さげですね!
私、こういう雰囲気のゲームは好きなので、ちょっとチェックしときます。
2021.06.13 Sun (01:25) l TATSU★. URL l 編集
 
TATSU★さん、こんにちは。
龍が如く6、始められたのですね・・・って、もう終盤ですね。
サブストーリーやミニゲームをスルーすると、結構短いですね。
桐生ちゃんて機械音痴そうに見えて意外とすんなり順応している気がします。
別ゲームですが神宮寺三郎さんとかいう方はスマホを見て「いまいち使い方がわからない・・・」とか呟いていたのでいや探偵ならもうちょっと使いこなしてよと言いたくなりました。
過去作だとPHSだったりポケベルだったりを持っていて時代の変遷を感じますね。
6は心霊写真撮りとクランクリエイターが楽しかった印象です。
トロコンまで長い道のりかと思いますが頑張って下さい。
2021.06.14 Mon (08:31) l Kyrie. URL l 編集
神宮寺三郎って、もうお爺ちゃんなのかと思ってました。
>Kyrieさん

こんばんは~
始めてからもう1週間くらい経ったこともあって今は終盤も終盤です。
龍が如くってサブストーリーやミニゲームに時間がかかるから、
それらをやらずにプレイすると15~20時間くらいで終わりそうですね。
まぁ、サブストーリーや寄り道がゲームの肝だと思うので、
完全に避けてプレイするとなると何か物足りなさを感じちゃうでしょうけど。

桐生ちゃんは、たまに機械音痴っぽい行動もしますが、
最新の機械とかにも割とついていけてる気がしますよね。
サブストーリーで色々な経験をしてるのが良いのかもしれません。
神宮寺三郎は初期のタイトルしかプレイしたことがありませんが、
今はこっちにもスマホとか出てくるんですね~。時代の流れを感じます。
ただ、彼の場合、もう年齢が年齢なのでついていけないのも仕方ないのでは?
って思って調べてみたら、初期の頃とほとんど年齢が変わってませんでした。
龍が如くの場合は時代設定もどんどん変わって桐生ちゃんも歳を取りますが、
神宮寺三郎シリーズはそうではないみたいなので、
それなら年齢的に考えるとついていってほしいトコですね。
仕事柄、詳しくないと色々と支障が出そうですし。

心霊写真の方は、まだよくわかりませんが、
クランクリエイターの方はちょっとやってみた感じ、
極2とはちょっとシステムが違うみたいですね。
タワーディフェンスじゃなくてオフェンス側っぽかったので、
これはこれで楽しめそうです。この手のゲームは好きですし。

応援ありがとうございます!
2021.06.14 Mon (21:38) l TATSU★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://tsumigamediary.blog.fc2.com/tb.php/1547-fcac6859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)