ラブデリックのゲームにハマるキッカケになったソフトです。プレステ。
日本のRPGに対するアンチテーゼの塊のようなゲーム。
当時のCMのインパクトは凄かったですねー。
「おやめください、勇者様!」という人を押しのけて、
タンスの中にあるアイテムを奪い去っていくという、
もう完全にドラクエを始めとした日本のRPGにケンカを売ってるとしか思えない内容でしたw

ゲームの内容はアドベンチャー系ですかねぇ。
勇者が経験値目的のために殺していったアニマルを蘇らせたり、
住人たちの願いをかなえてあげたりすることでラブをゲットでき、
ラブを沢山集めるとレベルアップ→1日の活動時間が長くなるというシステム。
とある曜日のとある時間じゃないと発生しないイベントがあったりして、
観察眼と根気が要求されるゲームだと思います。
コレ以降に発売されているラブデリック系のゲームにも言えることですが。

このゲームの一番の魅力は、イベントだったり世界観だったりが、
日本のRPGのアンチテーゼを盛り込んでいるので、
ドラクエに代表されるRPGが好きな人にとっては、ちょっと衝撃的かもしれません。
勇者が悪者みたいな扱いなので・・・
基本的に、ネタはブラックでシュールです。

ラブデリックといえば、住人たちの喋る声が特徴的。
どこの言語だよソレって感じの、よくわからない言語で音声が入ってます。
ラブデリック語とか言われたりしてますが、字幕がないと何を言ってるのかわかりませんw

私が、このソフト以外にクリアしたラブデリック系のゲームは、
ギフトピア、いろづきチンクルの恋のバルーントリップ、だけだったような。
UFOやチュウリップは難しくて、なかなか先に進めませんでした。
ホントに観察眼と根気が要求されるゲームばかりなんですが、面白いんですよね~
・・・LOLは理解できませんでしたがw

関連記事
2012.10.31 Wed (21:21) l ゲームの思い出とか雑記とか l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
おぉ、それ。友人が大好きだっつんで俺も試しにやってみたさ。
独特だったなほんと・・・
ちっちゃくてロボットに乗ってる博士とかアンドロイドのダンスクラブとかMD?システムとか・・・
エンディングの選択肢には引っかかってしまった。
でもあれわからないよね・・・
2012.10.31 Wed (23:06) l 月蛙. URL l 編集
あれは罠。
>蛙さん

世界観もゲームシステムも、ホントに独特なゲームなので、
好きな人は凄く楽しめますが、あわない人には絶対あわないだろうなーと思います。
なので、誰にでもオススメ・・・とは言えないのがツラいトコでもあります。

MDって、集めたレコードでフィールドのBGMを好きに変更できるヤツでしたっけー。
基本的にBGMがなかったハズなので、自分で好き勝手にBGMを楽しめるんですよねぇ。
まぁ、私は、ほとんど無音でやってたような気がしますがw

最後の選択肢・・・アレは罠ですよねぇw
仕掛けとしてはドラクエ1の竜王みたいなもんですが、
あっちほど露骨じゃないので、思わずそっちを選びたくなる心理をついているかと。
ゲームに慣れてる人ほど、あの選択肢は間違えると思います。
2012.11.01 Thu (22:24) l TATSU★. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://tsumigamediary.blog.fc2.com/tb.php/257-5224d32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)