ペルソナ(PSP)

Persona_PSP044.jpeg

装備ペルソナと同種の交渉相手だと、こういう特殊な交渉になることも。
こうなると、交渉を勝手にまとめちゃうからスペルカード獲得が楽なんですよねー。
PS版からあったような気もしますが、あんまりよく覚えてません。

Persona_PSP045.jpeg

どんな状況だろうと、アヤセとブラウンがいる限りは緊張感が皆無です。
アヤセはまだマトモになる場面もあったりするけど、ブラウンは・・・とにかくチャラい。
1人だけ空気読めてないコトがあっても全然気にしてないくらいだし。
このゴーイングマイウェイ的なところは見習いた・・・くはないかw

さてさて、雪の女王編をクリアしました。
プレイ時間は16時間だったので、セベク編に比べると短いですねー。
片手で数えられそうな数しかダンジョンが存在しなかったし。
まぁ、1つ1つの攻略に時間がかかるんですけども。

次はペルソナ2をやろうか、真・女神転生3をやろうか、それとも、アバタールチューナー?
メガテン関係だけで考えても結構悩みますねー。積みゲー達と相談してみようか!

↓追記に白文字でネタバレを少し含んだ感想とかを書いておきます。

ラスダンはタナトスの塔に比べると比較的楽でした。
3つの塔と違って出入りが自由なので、楽に強化もできるし(トラエストは使えない?)、
最上階の1つ下のところにセーブポイントとか回復ポイントもあるから、
他のトコに比べると緊張感は少ないかなーと。
もちろん攻略に時間はかかるので、セーブする前に死んだら全てやり直しですし、
一部迷路のようにゴチャゴチャしている場所もあるから、厄介といえば厄介なんですが。

ラスボスは・・・ペルソナの相性が良かったから、あまり苦労せず。
魔法さえなんとかしてしまえば、一方的にボコれるかと・・・状態異常に気を付ければ。
ただ、魔法への対策が全くできていないと、瞬殺されかねない攻撃力なんですよね。
現に、魔法無効や反射のペルソナを装備してなかったブラウン、アヤセは瞬殺されましたし。
(ボス戦になると、いっつもブラウンが瞬殺されてるようなw)
生き返らせてもすぐ殺されるもんだから、主人公、エリー、ゆきのさんの3人だけでの戦いに。
あんまり良い武器を持ってないからタルカジャ使っても、そこまで大きな効果は期待できず、
ただひたすらに長期戦をすることに・・・それでも、1人で戦ってたタナトスの塔に比べれば楽。
こっちの微々たる攻撃を颯爽とディアラマで回復される度にゲンナリさせられましたが、
ほぼオートで戦ってたので、気付いたら戦闘が終わってて、あんまりラスボスって感じもなく。

エンディングを見ててわかったんですが、この雪の女王編って、
セベク編の前日譚的な話だったんですねー。
最後にマークと合流して、いざセベク編へ・・・って感じで終わったので。
(ところで、仮面の男子って、やっぱりあの男なのかな?)
できれば雪の女王編で鍛え上げたパーティーのままセベク編に進めれば良かったのに。
雪の女王編を経由することで、セベク編で「ゆきのさん」を使うことができるとか、
そういうのがあったら面白かったかなーと。せっかくリメイクしたんですし。

こういう終わり方になっていることで、セベク編であったような
各キャラのその後みたいな部分がないのが、ちょっと寂しく感じます。
特に「ゆきのさん」は雪の女王編じゃないと最後まで連れていけないから、
なにかエピローグ的なものを見たかったなぁと。

あと、ムービーモードを覗いてみたら、鏡のカケラが集まりきらなかったことで、
2つほど???みたいな表示になってました。
全部集めてたら、ストーリーの展開とか変わってたんだろうか・・・
と思うと、ちょっと気になるとこなんですが、もう1回やり直す程の気力もなく。
もう1回やったとしても、塔の攻略が大変なのには変わらないでしょうしね。
関連記事

2015.02.25 Wed (21:47) l ペルソナ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
https://tsumigamediary.blog.fc2.com/tb.php/915-68f7297d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)